優待が魅力的な法人カードを紹介!サービスの種類や特典も解説!

法人カードは優待サービスの利用がお得!

法人カードの優待サービス

法人カードを導入すれば、様々な優待サービスが利用可能です。

ただ、法人カードに付帯する優待サービスには、一体どんなものがあるのか不明瞭な方も多いのではないでしょうか?

1つ注意しておきたいのが、法人カード付帯の優待サービスは、ものによって異なるということ。
なので、導入を検討している法人カードに、あなたが必要とする優待サービスが付帯しているか見極める必要があります

そこで今回は、法人カードに付帯する優待サービスを一挙に紹介するとともに、あなたに合った1枚の選び方も紹介します。

また、当ページの後半では優待サービスが特徴的な法人カード3枚も紹介するので、是非最後まで見てみてください!

法人カードに付帯する優待サービスの種類

法人カードに付帯する優待サービスの種類

それでは、法人カードに付帯している優待サービスの種類を一覧表にて紹介していきます。

優待サービス名内容サービス例
レストランの優待高級レストランを優待価格で予約できるサービス。VISAビジネスグルメオファー
招待日和など
福利厚生優待外部委託の福利厚生サービスが優待価格で利用できるサービス。ベネフィット・ステーション
福利厚生倶楽部など
宿泊施設優待ホテルなどの宿泊施設を優待価格で利用できるサービス。VISAビジネスオファー
JCBプレミアムステイプラン
など
会計ソフトの割引サービス経理業務の効率化を図れる会計ソフトの優待サービス。freeeなど

以上が、法人カードに付帯する優待サービスの一覧です。
次からは、各優待サービスの詳細を紹介します。

レストランの優待サービス

レストランの優待サービス

法人カードには、レストランの優待サービスが付帯しているものもあります。
基本的には、予約サービスと一体になっており、食事代の割引をしてくれるものがほとんど。
よって、レストランの優待サービスが付帯した法人カードを所持すれば、接待にて経費削減を図ることが出来ます

そんなレストランの優待サービスとして有名なのが、「招待日和」と「VISAビジネスグルメオファー」です。

招待日和とは、2名以上でレストランを予約すると、1人分のコース料金が無料になる優待サービスのこと。
国際ブランドにMastercardを選択することで付帯する法人カードが幾枚か存在します。
ただ、このサービスが付帯する法人カードは全てゴールドランク以上であることと、月に2回までしか利用できないことを覚えておいてください。

そして、VISAビジネスグルメオファーとは、選りすぐりのレストラン100軒以上からお店を選び予約することで優待が受けられるサービスのこと。
優待サービスはお店によって異なり、食事代を10%オフにしてくれたりワインボトルをプレゼントしてくれたりと様々です。
また、利用回数に制限がないため、月に何回でもこの優待サービスを受けられるところが最大の魅力となっています。

このサービスは、国際ブランドにVISAを選択することで利用可能
VISAが選べる法人カードであれば利用できるサービスとなっているため、非常に選択肢の幅が広いところが魅力になります。
なので、汎用性の高いレストラン優待サービスを利用したい方は、国際ブランドにVISAが選べる法人カードを導入するようにしましょう。

福利厚生サービス

福利厚生サービス

福利厚生の優待も、法人カードに付帯するサービスとして非常に魅力的です。

法人カードで利用できる福利厚生サービスとは、レジャー施設やホテル・レストランなどを割引価格にしてくれるというもの。
加えて、法人カード1枚だけで全ての従業員の方が福利厚生の恩恵を受けられるといった利点もあります。
なので、福利厚生サービスが付帯した法人カードを導入すれば、従業員のモチベーションアップも狙えることでしょう。

ただ、福利厚生サービスを利用するためには、本来入会金や月会費が必要です。
サービスによっては、入会金として100,000円以上が必要なものもあります。
※従業員数によって変動します。
月会費も最高1,000円/1人かかってしまうサービスもあるため、決して安いとは言えません。

しかし、福利厚生の優待サービスが付帯している法人カードがあれば、上記費用を削減可能
入会金に至っては、なんと無料にできる法人カードもあります!
また、月会費も約100円/1人ほどお得にできるので、福利厚生サービスを利用したい方は、優待サービスが備わった法人カードを選ぶようにしましょう。

宿泊施設の割引サービス

宿泊施設の割引サービス

宿泊施設の優待サービスとは、ホテルや旅館などを特別価格で利用できるサービスのこと。
多くの法人カードには、この宿泊施設の優待サービスが備わっています。
その優待サービスの中でも有名なのが、「VISAビジネスオファー」です。

VISAビジネスオファーは、「WHG(ワシントンホテル・ホテルグレイスリー)」を優待価格にしてくれるサービス。
基本宿泊料金から10%オフした価格でWHG(ワシントンホテル・ホテルグレイスリー)を利用できます。

VISAビジネスオファー以外にも、法人カードには宿泊施設を優待価格にしてくれるサービスが付帯していることがあります。
法人カードによってどの宿泊施設が優待価格になるのかは異なるため、しっかりと比較して自分がよく利用する施設が割引になる1枚を選ぶようにしましょう。

会計ソフトの割引サービス

会計ソフトの割引サービス

法人カードの中には、経理業務を効率化してくれる会計ソフトを優待価格で利用できるものもあります。

例えば、会計ソフトの導入費用18万円を0円にしてくれたり、利用料金3か月分を無料にしてくれたりと優待サービスの内容は法人カードによって様々。
このような法人カードを導入すれば、費用を節約しながら、会計処理の効率化を図ることが可能です。
コストを抑えつつ、日々の会計業務をより楽なものにしてくれることでしょう!

お得な法人カードの選び方!

お得な法人カードの選び方!

紹介したように、法人カードにはさまざまな優待サービスがあります。
法人カードの優待サービスというのはカード毎に差が出るもので、顧客獲得が難しいサービスほど積極的にカード会社と提携しているものです。

そして、一枚の法人カードであっても、いくつもの優待サービスが付帯されている場合もあります。
しかし、法人カードを選ぶ際には「優待サービスの多さ」を比較するのではなく、「自分たちの利用用途に合っているもの」を確認して選ぶようにしてください。

優待の数が豊富であっても、発行した後にあまり使わないサービスであれば意味がありません。
実際に法人カードを選ぶ際には、その優待サービスを利用することを想定して選びましょう。
優待サービスの登録にお金が掛かる場合は、利用することによって元が取れるか計算しておくことも大切です。

また、国際ブランドの選択には注意するようにしましょう。
というのも、国際ブランドの選択によって付帯するサービスが異なるためです。

代表的な例でいうと、VISAビジネスオファーや招待日和
VISAビジネスオファーはVISAの選択が必須となり、招待日和はMastercardを選ばなければいけません。
これらのように、国際ブランドの選択によって付帯サービスが異なることもあるので、注意してください。

優待サービスが特徴的な法人カード3選!

ここからは、優秀な優待サービスが付帯した法人カードを3枚紹介します。

低年会費ながら付帯サービスが充実した1枚!

低年会費ながら付帯サービスが充実した1枚

まずはじめに紹介するのが、低年会費なのにもかかわらず、充実したサービスが付帯する「三井住友forOwnersクラシック」です!

この法人カードに付帯する優待サービスは以下になります。

  • VISAビジネスオファー
  • VISAビジネスグルメオファー
  • ベネフィット・ステーションの優待

※国際ブランドは、VISAを選択する必要があります。

上記の通り、この法人カードにはVISAビジネスオファーが付帯。
ホテルをはじめとした優待特典に加え、「三洋堂」や「スマイルワークス」の割引サービスも利用できます。

また、VISAビジネスグルメオファーも含まれているため、全国にあるレストランにて優待価格での食事を楽しむことが可能です。
接待にて大活躍すること間違いなしのサービスとなっているため、この法人カードを導入して経費削減を狙ってみてはいかがでしょうか?

さらに、三井住友forOwnersクラシックにはベネフィット・ステーションも付帯します。
なので、コストを抑えつつ、福利厚生サービスにより従業員の方を満足させられることでしょう。

そんなこの法人カードは、1,250円と低年会費であったり、キャッシング機能が付帯していたりと魅力が盛りだくさんです!
優待サービスが豊富な法人カードを探している方は、三井住友forOwnersクラシックへ申し込むことをおすすめします。

三井住友forOwnersクラシックの詳細

コスパパフォーマンスに優れた1枚!

コスパパフォーマンスに優れた1枚!

続いて紹介するのが、コスパ最強の呼び声高い「オリコExGoldForBiz」です。

まず、国際ブランドに関係なく付帯する共通のサービスが以下の通りです。

  • ベネフィット・ステーションの優待
  • クラウド会計ソフト「freee」の優待

そして、国際ブランドによって異なる付帯サービスは下記の表にまとめています。

MastercardVISA
招待日和VISAビジネスオファー

この法人カードに付帯する優待サービスの中で最も魅力的なのが「招待日和」です。
オリコExGoldForBizがあれば、接待にて大きく経費削減を狙うことが可能。
レストランによっては、1万円以上もの食事代を節約することができるでしょう!

そして、ベネフィットステーションを優待価格にしてくれるサービスも付帯。
あなたの会社の福利厚生をお得に充実させられます。

また、クラウド会計ソフトであるfreeeを3か月分無料にしてくれる優待サービスもあるため、経理業務の効率化をお得な価格で実現可能です!

その他にも、年会費が安かったりポイント還元率が高かったりと夢のような性能を備えたオリコExGoldForBiz。
優れたコストパフォーマンスをぜひ実感してみてください!

招待日和が非常に魅力的なため、当サイトとしましては国際ブランドにMastercardを選択することを推奨しています。

オリコExGoldForBizの詳細

豪華なサービスが数多く付帯した1枚!

豪華なサービスが数多く付帯した1枚!

最後に紹介するのが、プラチナ級の豪華な優待サービスが付帯する「JCBプラチナ法人カード」です。

それでは、JCBプラチナ法人カードに付帯する優待サービスを見ていきましょう。

  • グルメ・ベネフィット
  • ダイニング30(サーティー)
  • JCBプレミアムステイプラン

グルメ・ベネフィットとは、招待日和と同様に高級レストランを2名以上で予約した場合に1人分が無料になるサービスのこと。
レストランによっては数万円分の食事代を削減可能なので、何よりもの経費削減に繋がるのではないでしょうか?

それだけでなく、ダイニング30というレストランの優待サービスも付帯します。
これは、全国にある100店舗以上のレストランにて、飲食代金が30%も割引される優待サービスのこと。
これほどの割引が適用される優待サービスは非常に珍しいため、さすがプラチナランクの法人カードと言えるでしょう。

そして、JCBプレミアムステイプランも付帯します。
このサービスは、日本全国にある高級宿泊施設を割引価格で利用できるJCB会員限定の優待サービスです。
宿泊施設によって割引金額は異なるので、導入前にチェックしておくことをおすすめします。

豪華な優待サービスだけでなく、「プライオリティパス」や「コンシェルジュサービス」が付帯しているなどサービスの質が非常に高いJCBプラチナ法人カード。
ステータス性に優れたプラチナ法人カードで優待サービスを楽しみたい方は、JCBプラチナ法人カードの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

比較ランキングは要チェック!

比較ランキングは要チェック

今回は、法人カードの優待サービスについて詳しく紹介しました。
また、優待サービスが特徴的な法人カードも3枚紹介したため、きっとあなたに合った1枚が見つけられたことでしょう。

とはいえ、付帯する優待サービスは法人カードによって異なるため、他のものについても知りたくなった方が居ると思います。

そんな方は、他の法人カード情報を見てみてはいかがでしょうか?
様々な法人カード情報を見ることで、よりあなた好みの優待サービスが備わった1枚に出会えるはずです。

そこで参考にしていただきたいのが、当サイトに掲載する法人カードのランキング
当サイトでは、数多くの法人カードを徹底比較しています。
それにより、各用途ごとに優れた性能を持つ法人カードを抜粋&ランキング形式で紹介しています。

きっと、あなたが求める優待サービスを備えた法人カードに巡り合えることでしょう!

法人カード比較ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました