クレジットカードは洗濯程度で壊れない【水没時のケアや対応を解説】

クレジットカードは洗濯しても使える【その後のケアを紹介】

機械に通したりICチップが付いていたり、水に弱いイメージのあるクレジットカード。
そんなクレジットカードを洗濯してしまうと、壊れたのではないかと心配するかと思います。

結論をいえば、洗濯ぐらいでクレジットカードは壊れません!
これは、ICチップの付いたクレジットカードにも同様のことが言えます。

ただ、100%壊れない訳ではなく、ケアや対応を間違えると壊れることも。
そこで今回は、クレジットカードを洗濯してしまったときの対処法を解説するので、ご覧ください!

多少の水没なら問題なく使えます!

間違えて洗濯した程度だと、クレジットカードは壊れません。
なぜなら、クレジットカードの素材は「ポリ塩化ビニル」か「PET-G」だからです!

こちらの「ポリ塩化ビニル」や「PET-G」は、水に強い素材。
洗濯洗剤で溶けることは基本的になく、多少の水没なら問題ありません。

ICチップには金メッキが施されているので、こちらも水耐性の加工済み。
そのため、間違えて洗濯しても、クレジットカードは壊れない可能性の方が高いのです!

クレジットカードが水没する場面は、何も洗濯だけではありません。

  • 海やプールに落とした!
  • 雨でビショビショにした!
  • コップを倒し水浸しにした!

こうしたケースでも壊れる心配はないので、洗濯を含め水滴が付着したぐらいなら、以降も問題なく利用できることでしょう。

変形しているときは再発行をしましょう

洗濯によるクレジットカードの故障は、100%ない訳ではありません。
というのも、水には強くても衝撃には耐えらないかも知れないからです。

例えば、クレジットカードと一緒に硬貨も洗ってしまったとしましょう。
その場合、過度の衝突や揺れによりクレジットカードが変形してしまうことがあります。

また、硬貨が当たったことでICチップが剥がれてしまい、クレジットカードを使えなくなることも。

そのため、もし洗濯してしまったら、クレジットカードが折れていたり欠けていたりしないか確認しましょう。

また、洗濯後は券面裏の署名が消えていることがあるので、その場合は書き直してください!

ドライヤーや乾燥機で乾かすと溶けることも

クレジットカードを洗濯しても、早急にケアすれば壊れる可能性は低くなります。

だからといって、洗濯で付着した水分を取ろうと「ドライヤー」や「乾燥機」を使うのはNG。
というのも、クレジットカードは水に強いものの熱には弱く、溶けてしまう恐れがあるからです。

券面に付いた水分は、ティッシュやタオルで簡単に拭き取れます!
「ドライヤー」や「乾燥機」を使うことで利用できなくこともあるので、気を付けましょう。

洗濯後のクレジットカードが使えるか確認しよう

洗濯後のクレジットカードが壊れているかは、見た目で判断できません。
そのため、クレジットカードの状態を確認するためにも、実際に店頭で利用してみましょう。

仮に利用できなくても、恥ずかしいことではありません。
クレジットカードはコンビニでも使えるので、気軽に試してみてください。

ただし、クレジットカードが変形している場合、使用を止めましょう。
特にクレジットカードを飲み込むタイプの機械だと、排出されないこともあるので使用は厳禁。

もし利用できなければ、そのクレジットカードは廃棄し、新しいものを発行しましょう。
店頭でクレジットカードを使えないと困るので、再発行を検討してみてください。

また再発行ではなく、新しいクレジットカードを作るのもおすすめです。
以下にて最新のおすすめクレジットカードを紹介しているので、ぜひご覧ください!

おすすめのクレジットカードを見る

タイトルとURLをコピーしました