洗濯したり水浸しになったりしたクレジットカードはその後も使える?

クレジットカードを洗濯してしまったときの対処法

 

クレジットカードを洗濯しちゃった!?」そんな経験はありませんか?
ポケットに入れたクレジットカードを抜き忘れ、そのまま洗濯してしまう方は、意外にもいるそうです。

 

クレジットカードはICチップが付いていたり、機械に通したりするものなので、水との相性は悪そうですよね。
洗濯が原因で使えなくなるのなら、そのクレジットカードはどうするのか…といったことも気になります。

 

今回は、そんなクレジットカードを間違えて洗濯してしまった方に、その後の対処はどうすべきかを解説します!
クレジットカードを洗濯してしまったからと慌てず、まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

水浸しになった程度なら、その後も問題なく使えます!

 

クレジットカードは、水浸しになった程度なら問題なく利用できます。

 

大抵は「ポリ塩化ビニル」もしくは「PET-G」という水に強い素材で作られていますし、多少の洗濯洗剤なら溶けることもありません。
なので、クレジットカードは洗濯しても使い続けることができます!

 

「ICチップが付いたクレジットカードも大丈夫?」
これについても、多少の水滴程度なら問題ありません。

 

クレジットカードが水に触れるシーンは洗濯以外にもあります。

  • 海やプールに落としてしまった!
  • 雨でビショビショにしてしまった!
  • コップを倒し水浸しにしてしまった!

 

それを想定し、クレジットカードは水対策が施されているので、洗濯を含め水滴が付着するぐらいなら大丈夫です!

 

 

 

変形・剥落といった場合には、使えなくなることも

 

クレジットカードを洗濯してしまった際、水浸しによる故障はあまりありません。
しかし、過度の衝突や揺れにより、クレジットカードが変形してしまうと使えなくなることも!

 

デニムといった硬い生地の中にクレジットカードがあると、脱水時の衝撃で変形することがあります。
また、洗剤によってICチップの加工が剥がれてしまった場合も、使えない可能性が高まります。

 

変形すると、クレジットカードをスライドして会計を済ますレジ等が利用不可。
ICチップが破損している場合、そこにクレジットカード情報が書き込まれているので、ネットショッピング以外で使うことができなくなります。

 

なので、もし洗濯してしまったら、折れていたり欠けていたりしないか確認が必要!
あとは、洗濯したことで裏面のサインが消えていることがあるので、その場合は書き直しましょう。

 

 

 

ドライヤーや乾燥機使って乾かしてはいけません!

 

クレジットカードを洗濯した場合、水滴をなんとかしないといけませんよね。
このとき、洗濯の流れで乾燥機を使ったり、ドライヤーで乾かしたりするのは危険です!

 

というのも、クレジットカードは水に強いですが、熱には弱いからです。

 

そのため、クレジットカードに熱を与えると溶ける心配も。
洗濯してしまったからと慌てず、水滴はタオルなど水分を吸収するもので拭きとってあげてください!

 

 

 

実際に利用して確認するのが1番早い!

 

洗濯したことでクレジットカードが使えなくなったかどうかの判断は、実際に店頭で使ってみるのが1番確実です!

 

仮に洗濯したから使えなくなっていた…となっても、何も恥ずかしいことはありません。
なので、まずは気軽に試してみてください!

 

ただし、洗濯が原因で見た目に明らかな変形が見受けられる場合、使用は止めておきましょう。
特にクレジットカードを飲み込む場合の機械に入れると、排出されないなどのトラブルが起こる可能性が高いので使用は厳禁。

 

残念ながら利用できないことが判明した場合、クレジットカードは再発行できます!
この場合、洗濯というアナタの不注意で起きたトラブルなので、再発行には手数料がかかります。

 

発行会社によって違いますが、クレジットカードの再発行手数料は500円〜1,000円ほど。
少額の手数料はかかりますが、店先でクレジットカードが使えないのは困るので、再発行をおすすめします。

 

再発行には1〜2週間かかるので、これを機会に新しいクレジットカードにしてみるのも良いですね。
年会費無料で即日発行ができるクレジットカードもあるので、2枚持ちにもおすすめです。

 

こちらでおすすめを紹介しているので、クレジットカードを洗濯して困っている方は、こちらをご覧ください!

 

即日発行できるクレジットカードを見る