バーチャルカード徹底比較!どのクレジットカードのが1番おすすめ?

ネットショッピングをするならバーチャルカードを作ろう!

スマホが普及し、ネットショッピングやアプリの決済にクレジットカードを使う機会は増えましたよね。
そのクレジットカード決済をする際、クレジットカードの情報が漏洩しないか気になる方も居るのではないでしょうか?

クレジットカード情報が漏洩は、絶対に無いとは言えません。
そのため、自分たちでクレジットカードの情報が流れないよう準備しなければいけません。

そんなとき、役に立つのがバーチャルカード。
このバーチャルカードがあれば、たとえクレジットカード情報が漏洩したとしても安心です!

今回は、バーチャルカードとは何なのか、またバーチャルカードを作れるクレジットカードについて紹介します。

クレジットカード情報の漏洩から守ってくれる!

ネット通販や海外サイトを利用する際、クレジットカード情報を抜き取られるかも知れないと不安になる方も多いことでしょう。

実際、クレジットカード情報が漏洩したことで不正利用に遭われた方も多いので、こういった心配は尽きないものです。

それを解決するのが、このバーチャルカード!
バーチャルカードとは、Web上での買い物に使う専用のクレジットカードです。

決済はクレジットカードの利用枠を使うのですが、カード番号等はバーチャルカード毎に割り振られるので、漏洩してもクレジットカード自体の再発行は必要ないのです。

バーチャルカードは破棄が簡単にできるため、漏洩しても作り作り変えることが可能。
また、バーチャルカード自体はWeb上に存在する仮想カードのため、すぐに作ることもできます!

ネット通販は大変便利ですが、利用する以上は不正利用のリスクがあることを忘れてはいけません。
もしもネットショッピングをしたいときは、バーチャルカードを利用して不正利用のリスクを可能な限り低くすることが大切です!

わざわざ作るメリットとは?

バーチャルカードには、下記に挙げる5個のメリットがあります。

  • 本クレジットカードとはカード番号が異なる
  • バーチャルカードの利用可能額を設定できる
  • バーチャルカードを悪用されても補償は適用される
  • バーチャルカードはいつでも再発行できる
  • カード番号はいつでも変更できる

バーチャルカードは、カード形式の媒体が用意される訳でなく、Web上で管理する「実態の無い」ものになります。
そのため、クレジットカードのように落としたり盗まれたりする心配がありません。

また、バーチャルカードは再発行が簡単に行える代物。
なので、仮に情報漏洩が起きたときでもすぐに再発行できるため、不正利用されるリスクが軽減できます。

デメリットはないの?

バーチャルカードは、あくまでネットショッピングを行う際の決済手段として利用するものなので、街中にあるお店では使えません。

この場合、クレジットカードで買い物すれば良い話なので、特に問題となることはないでしょう。

他のデメリットといえば、クレジットカードによってはバーチャルカードの発行手数料や年会費が無料ではないということ。

500円ほどにはなりますが、お金の掛かるバーチャルカードもあるので作る前に確認しましょう。

作るときに比較したい3つのポイント!

バーチャルカードを作るとき、どんなことを比較すれば良いのでしょうか?
色々と見ておきたいことはありますが、基本的には以下の3項目を比較しておけば間違いありません。

  • 年会費
  • 発行手数料
  • 特典の有無

年会費は継続的にかかるコストなので、できれば無料のものが好ましいです。
発行手数料も一時的とはいえ余計な出費に変わりないので、できれば掛からないものを選びましょう。

「特典の有無」というのは、ネットショッピングをする際にお得な特典が得られるかどうか…というもの。

バーチャルカード(クレジットカード)によっては、特定のショッピングサイトを利用することで、還元率がアップするなどの嬉しいサービスを受けられるものがあります。

もし、Amazonなど普段から利用するショッピングサイトがあるのであれば、そこでのお得なサービスを受けられるかどうか…というのも、比較できていると良いですね!

バーチャルカードが作れるおすすめのクレジットカード

ここではバーチャルカードが作れるおすすめのクレジットカードを2枚ご紹介していきます。
今回紹介するクレジットカードは、下記の2枚。

  • エポスカード
  • 三井住友VISAカードクラシック

エポスカード

  • 年会費(クレジットカード):無料
  • 年会費(バーチャルカード):無料
  • ブランド:VISA

年会費が無料にも関わらず、高スペックで知られる「エポスカード」。
そんなエポスカードでは、バーチャルカードも無料で作れます。

エポスカードのバーチャルカードは、エポスカードのカード番号とは別のものを設定可能。
また、利用可能額もバーチャルカードに合わせ設定できるので、安心して利用できます。

そんなエポスカードには、たまるマーケットという専用のポイントモールサイトがあります。
こちらでの買い物はポイントが2倍~30倍貯まる仕様になっているので、ぜひバーチャルカードと共に利用してみてください!

このクレカの詳細を見る!

三井住友VISAカードクラシック

  • 年会費(クレジットカード):1,250円(実質無料)
  • 年会費(バーチャルカード):300円
  • ブランド:VISA

もう1枚のクレジットカードは、三井住友VISAカードクラシックです。

三井住友VISAカードクラシックは、年会費が1,250円掛かるクレジットカード。
年会費が無料ではありませんが、信頼性の高い発行会社のクレジットカードではあるので、その点も考慮して選ぶと良いでしょう。

また「マイ・ペイすリボ」というサービスを駆使すると年会費を無料にできるので、それを利用して申し込みを検討してみるのも良いですね!

そんな三井住友VISAカードクラシックのバーチャルカードは、こちらも年会費が掛かります。
金額でいえば300円程度ですが、それも惜しい方はエポスカードが全て無料なのでおすすめです。

色々とお金は掛かるものの、信頼性でいえば三井住友は随一。
サポート力や不正利用が心配という方は、少しの年会費を払うことにはなりますが、三井住友をおすすめします。

このクレカの詳細を見る!

他のクレジットカードも見たい方はこちら!

バーチャルカードは、今や大抵のクレジットカードでオプションとして作れるようになっています。

もしも紹介したクレジットカード以外も比較してみたいという方が居ましたら、こちらで多くのクレジットカードを紹介しているので、ご覧になってみてください!

クレジットカードを探す!