クレジットカードを作れない!そんな困ったときの対処と原因を紹介!

クレジットカードを作れない原因とは?
01


クレジットカードを作れない理由を解説します!

クレジットカードを申し込むも、作れないと困っている方も居るのでは?
その原因を発行会社に訊ければ良いのですが、生憎と教えてくれる発行会社はありません

そこで今回は、審査に落ちてしまう理由について、考えられる原因を当サイトが代わりに紹介
クレジットカードの審査に通らず悩んでいる方は、ぜひご覧ください!

作れない理由は大きく分けて3つ!
02


クレジットカードを作れない理由として考えられる要因は、いくつかあります。
そのなかで、作れない人が特に多いケースが以下の3つ。

  1. 申請条件を満たしておらず作れない。
  2. 信用情報に傷が付いていて作れない。
  3. 審査基準を突破できなくて作れない。

その1:申請条件を満たしていない


どのクレジットカードにも、申請基準が必ず設けられています。
その申請基準を満たさないことにはクレジットカードを作れないことでしょう。

例えば、クレジットカードによりますが、以下のような申請条件があります。

  • 「30歳から」など、一定の年齢にならないと作れない。
  • 「25歳まで」など、申請期間が決まっており作れない。
  • 「学生限定」など、職業で申し込める人が決まっていて作れない。

作れない理由には、他にも「安定継続収入」が原因となっている可能性もあります。
どのクレジットカードを作るにも求められる要素ではありますが、わざわざ申請条件に記載されている場合、審査は一層厳しいと言えるでしょう。

こうした理由で作れない可能性があるので、検討しているクレジットカードの申請条件を確認してみてください!

その2:信用情報に傷が付いている


返済滞納・借金・自己破産。
これらの金融トラブルを過去に起こしていると作れないことがあります。

こうした行為は、あなたの信用情報に傷をつけるもの。
1度でも傷が付くと癒えるまでは長く、クレジットカードを作れない期間が続くことでしょう。

ちなみに、あなたの信用情報は「CIC」という機関で管理されています。
こちらで開示請求できるので、1,000円の手数料は掛かりますが、気になる方は確認してみると良いでしょう。

その3:審査基準を突破できない


「申請条件と信用情報は共に問題なし!」
その状態でクレジットカードの審査に挑んでも、作れないことはあります。

というのも、審査となると「職業・年収・勤続年数」など返済能力を見られるため。
いくら申請条件と信用情報を満たしていても、返済能力がないと判断されれば審査に落ちてしまいます

ちなみに、クレジットカードの申請すると、その情報は記録されます。
約半年 (6ヶ月) 残るので、同じクレジットカードに再申請をするなら半年待ってからがおすすめです。

また、作れないからと手当たり次第に申し込むのは止めましょう。
多重申請として印象を悪くし、クレジットカードを作れない理由となるので注意。

一般ランクのクレジットカードがおすすめ!
03


審査が不安な方には、一般ランクのクレジットカードをおすすめします。

申請条件が厳しくなく、また学生や主婦の方も作れるクレジットカードが多いので、もしかすると作れる可能性があります!

こちらでおすすめのクレジットカードを多数紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

クレジットカードを探す

タイトルとURLをコピーしました