「テックビズカード」はどんな法人カード?【年会費や還元率など紹介】

Tech Biz Card (テックビズカード) の特徴や申請方法を紹介!

  • 年会費:2,000円 (初年度無料)
  • 申請条件:法人代表者 / 個人事業主
  • ブランド:Mastercard

「Tech Biz Card (テックビズカード)」の特徴を紹介します!

こちらは、主にITフリーランスの人に向けて作られた法人カードです。
フリーランスや個人事業主に最適なサービスが多々用意されているので、そういった方におすすめの1枚。

注目すべき点でいえば、以下のようなサービスです。

  • 法人カード最高クラスのポイント還元率!
  • 飲食料金が無料になる「招待日和」
  • 資金繰りに最適なキャッシング機能
  • 税務代行サービスの割引優待

一応はデメリットもあるものの、大きな負担になるものありません。
むしろ、豊富なメリットに加え年会費が2,000円と安いので、素晴らしい法人カードと言えます。

そんなテックビズカードの「基本性能・メリット・デメリット・申請手順」を紹介するので、検討している方はご覧ください!

Tech Biz Card (テックビズカード) の基本性能について

テックビズカードの概要を紹介します。

こちらは、オリエントコーポレーションが「NKC ASIA」と提携し発行する法人カード。

大人気の「EX Gold for Biz」をもとに、IT関連であるフリーランス向けのサービスを付帯した法人カードとも言えます。

特徴は、圧倒的なまでのコスパに優れているところ。
多くのサービスを付帯しながらも、ゴールドランクとは思えない低年会費を実現しています。

そんなテックビズカードの基本性能が、以下の通り。

カード名Tech Biz Card (テックビズカード)
券面
発行会社オリエントコーポレーション
提携会社NKC ASIA
国際ブランドMastercard
発行対象法人代表者 / 個人事業主
年会費2,000円 (初年度無料)
利用限度額10万円~300万円
締切日 / 返済日月末日 / 翌月27日
ポイントプログラム名暮らスマイル
ポイント還元率0.5%
海外旅行傷害保険最高2,000万円
国内旅行傷害保険最高1,000万円
ショッピング保険年間100万円まで
(免責:10,000円)
盗難補償
ETCカード年会費:無料 / 発行手数料:無料
メンバーカード最大3枚まで

Tech Biz Card (テックビズカード) のメリット

テックビズカードの魅力といえば、数多く備わるメリットの数々。
ここでは、テックビズカードにおける以下のメリットを紹介します!

  • 最大1.1%ものポイント還元率
  • 飲食料金が無料になる「招待日和」
  • 資金繰りに最適なキャッシング機能
  • 税務代行サービスの割引優待
  • 初年度無料の年会費

その1:ポイント還元

テックビズカードは、業界最高クラスのポイント還元率を誇る法人カードです!

この法人カードで貯められるポイントの名前は「暮らスマイル」というもの。
「暮らスマイル」は、テックビズカードの月間利用額1,000円毎に1ptを貰える仕組みです。

そしてこの「暮らすマイル:1pt」ですが、「オリコポイント:5pt」への移行が可能。
1オリコポイントの価値は1円であることから、テックビズカードの基本還元率は0.5%ということになります。

これだけ聞くと、テックビズカードはどこにでもある法人カードと変わりません。
しかし、この法人カードはステージ制度を導入しており、年間累計利用額次第で加算倍率が最大2倍も変わります!

ステージ名条件 (年間利用額)加算倍率還元率
ノーマル50万円未満1.0倍0.5%
ステージ5050万円以上1.5倍0.75%
ステージ100100万円以上1.7倍0.85%
ステージ200200万円以上2.0倍1.0%

上記の通り、還元率は年間累計利用額で0.5%~1.0%を実現します。

これに加え、基本還元率0.5%の20%を無条件で加算するサービスも存在。
そのため、常に0.1%分のポイントが加算されることから、還元率は0.6%~1.1%となります。

最初にお伝えした通り、この還元率は法人カードにおける最高クラスを誇ります。
例えば、三井住友やJCBが発行する法人カードと比較すると…

テックビズカード三井住友ビジネスカード
for Owners ゴールド
JCBゴールド法人カード
券面
年会費2,000円10,000円10,000円
最低還元率0.6%0.5%0.5%
最高還元率1.1%1.0%0.8%

他の法人カードと比べても、テックビズカードの方が還元率は上。
また、還元率アップの条件もテックビズカードは簡単なことから、多くの人が恩恵を享受できることでしょう。

高還元率の法人カードが欲しい方に、テックビズカードはおすすめです!

その2:招待日和

無料で食事を楽しめる「招待日和」を利用できます!

招待日和とは、全国200店舗の厳選されたレストランにて優待を受けられるサービスです。

そんな招待日和の魅力は、なんとっていも食事代金が無料になること!
2名以上でのコース料理を予約することで、1名分の飲食代金が無料になります。

仕事柄、食事場所をセッティングすることもあるでしょう。
そんなときに招待日和を利用すれば、美味しい食事を堪能できる他、割引を受けられるので一石二鳥です!

その3:キャッシング機能

ビジネスでは、資金調達に頭を抱えることもあるでしょう。
そんな資金繰りをサポートしてくれるサービスが、テックビズカードにはあります!

例えば、法人カードには珍しくキャッシング機能が付帯。
1万円~100万円の借入ができ、また返済方法も色々と選べるため、あなたに合ったキャッシングを行えます。

ショッピングの返済方法も同様に、分割払いやリボ払いが可能。
手数料を気にする必要はありますが、困ったときには一括以外の選択肢も希望できます。

その4:テックビズ税務サービス

テックビズカードは、IT関連のフリーランス向けに作られた法人カードです。
そのため、フリーランスや個人事業主といった方に最適な割引サービスが、多種に渡り備わっています!

なかでも嬉しいのが「テックビズ税務サービス」。
こちらは、特価5,000円で会員専属の税理士が「記帳作業+確定申告」を代行しくれるサービスです。

面倒なうえに難しい書類作業、自分で行うのは大変ではないですか?
それを専門家が特価で行ってくれるため、正確に提出することができます。

このような、ビジネスにおける割引優待を豊富に用意しているため、1人で何でもしないといけない方は利用されると良いでしょう。

その5:初年度無料の年会費

テックビズカードの年会費は、初年度無料です!

この法人カードは、本来なら2,000円の年会費が掛かる代物。
しかし、その2,000円の年会費が初年度は無料になるのだから驚きです!

性能を考えれば、2,000円でも破格の年会費といえるテックビズカード。
その性能を1年間は無料で体験できるので、試しに利用してみたい人におすすめです!

ちなみに、税込だと2,200円となる年会費ですが、0.5%の還元サービスを受けられることから約37万円のカード利用で回収可能。

ひと月あたり約31,000円なので、経費の支払いを集約させれば大抵の人は回収できることでしょう!

Tech Biz Card (テックビズカード) のデメリット

とてもメリットの多いのテックビズカードですが、一方でデメリットもあります。

ここでは、そんなテックビズカードのデメリットを3つ紹介するので、ご覧ください。

  • 国際ブランドが「Mastercard」のみ
  • ステータス性が高くない
  • メンバーカードの発行が3枚まで

その1:国際ブランドが「Mastercard」のみ

テックビズカードの国際ブランドは「Mastercard」のみです。

国際ブランドといえば「VISA」を始め色々なものがあります。
その中で、テックビズカードが選べるのは「Mastercard」の一択なので注意しましょう。

ただ、ここでのデメリットは「選択肢が1つ」というだけで、「Mastercard」自体は非常に優秀な国際ブランドです!

国際ブランド別の付帯サービスが優れている他、日本および海外での普及率が高いことから、利用性について困ることは基本的に無いでしょう。

その2:ステータス性が高くない

テックビズカードのステータス性は、そこまで高くありません。

本来、ゴールド法人カードというのは高いステータス性を誇るもの。
しかし、この法人カードは他社のものに比べ年会費が低いため、ステータス性は低いと言えます。

また、この法人カードは提携カードと呼ばれる代物。
一般的にステータス性はプロパーカード (*1) の方が上とされているため、それを加味してもテックビズカードは高ステータスとは言えないでしょう。
(*1)自社で発行されているカードのこと。

とはいえ、テックビズカードを見て「ステータス性が低い」と判断できる人は、そう多くありません。
ステータス性は考慮しない方であれば、特に気にする必要もないでしょう!

その3:メンバーカードの発行が3枚まで

テックビズカードでは、メンバーカードの発行が最大3枚となっています。
そのため、大勢の社員に法人カードを配布したいときには向かない法人カードです。

ただ、他の法人カードを見てみると、他の法人カードも発行できるメンバーカードの枚数は多くありません (3枚ほど) 。

他社の法人カードと比較しての話であれば、この話はデメリットとは言えないでしょう。

申し込み手順について

テックビズカードの申し込み手順を解説します!

この法人カードの申し込みは、Webから行うことが可能。
そして、以下の3ステップを踏むだけなので、とても簡単です。

テックビズカードの申請手順
  • STEP1
    テックビズIDに「ログイン」または「会員登録」をする
    サイト内にある「カードのお申し込みはこちら」から「ログイン」または「会員登録」を行う、利用するカードを選択する。
  • STEP2
    申請手続きをする
    会員規約に同意し、必要項目を入力する。
    その内容を基に審査が行われ、1週間ほどで結果が出ます。
  • STEP3
    本人確認書類を返送する
    発行会社から届く書類に目を通し、「入会申込書」と「本人確認資料」の2点を共に返送する。

テックビズカードの申請手順は、上記の通り!
ちなみに、申し込めるのは「法人代表者」と「個人事業主」なので、その点は間違えないようにしましょう。

Tech Biz Card (テックビズカード) の総合評価

テックビズカードは、最高クラスの法人カードと言えるでしょう。
というのも、性能面が全体的に素晴らしく、そのうえ年会費が安いからです!

今回、紹介したテックビズカードのメリットは以下の通り。

  • 法人カード最高クラスのポイント還元率!
  • 飲食料金が無料になる「招待日和」
  • 資金繰りに最適なキャッシング機能
  • 税務代行サービスの割引優待

これに加え、旅行保険やショッピング保険、そして空港ラウンジの無料利用などもありますから、性能は非常に良いと言えます。

それなのに年会費は2,000円という破格の安さなので、コスパだけでいえば5本の指に入る法人カードでしょう。

また年会費は初年度無料なので、試しに利用できるのも嬉しい点。
還元率が高いので、年会費をポイントで簡単に回収できるのも魅力的です!

以上を踏まえると、テックビズカードは誰にでもおすすめの法人カードです。
テックビズカードを検討している方は、申し込んでみることをおすすめします。

【TOP】

タイトルとURLをコピーしました