Suicaのチャージを簡単にできる法人カード【最適な方法を解説】

Suicaのチャージを法人カードで行う方法!

仕事上、電車やバスに乗る機会の多い方も居ることでしょう。
そのようなとき、交通系ICカードの「Suica (スイカ)」を利用する方も多いのでは?

Suicaは非常に便利な反面、不便なのが「チャージ」です。
入金分しか利用できないSuicaでは、チャージが面倒という問題があります。

そんなチャージですが、実は法人カードから行うことが可能!
しかも、法人カードから行うことのメリットもあるため、利用者なら今すぐ法人カードに変更すべきです。

そこで今回は、法人カードでSuicaにチャージする方法を解説。
まだ法人カードで行えなていない方は、ぜひ最後までご覧ください!

チャージ (入金) はモバイルSuicaを利用しよう!

Suicaのチャージを法人カードから行うときは、モバイルSuicaを利用しましょう!

モバイルSuicaとは、携帯端末をSuicaにできるアプリのこと。
要は、モバイルSuica搭載をスマホをかざせば改札を通れる訳です。

モバイルSuicaでは、登録したクレジットカードからチャージをすることができます。
つまり、登録するクレジットカードを法人カードにすることで、法人カードからチャージできるのです!

モバイルSuicaの注意点を確認しよう!

モバイルSuicaを利用には、注意点があります。
ここでは、そんな注意点を2つ紹介するので、ご覧ください。

  1. 年会費が掛かる
  2. 対応していない携帯端末がある

その1:年会費が掛かる

モバイルSuicaでは、クレジットカード (法人カード) を登録しなくてはいけません。
その登録するカードが「ビュー・カード」ではない場合、1,000円の年会費が掛かります。

2020年2月26日から、どの法人カードを登録しても無料になりました!
※参照:モバイルSuica – サービス変更について

その2:対応していない携帯端末がある

モバイルSuicaを利用するときは、手持ちの携帯端末が対応しているか確認しましょう。

対応しているのは、おサイフケータイを利用できる携帯端末。
また、最近のスマホなら基本的にはモバイルSuicaを利用できます。

古かったり特殊だったりする携帯端末では、モバイルSuicaを利用できないことがあるので注意しましょう。

オートチャージを利用できる法人カードは無い

Suicaのチャージを自動で行ってくれる「オートチャージ機能」。
このオートチャージを利用できる法人カードですが、基本的にありません。

オートチャージをできるのは、主に「ビュー・カード」と呼ばれるカードのみ。
大抵の法人カードは「ビュー・カード」ではありませんので、このサービスを利用できません。

また「ビュー・カード」にも法人カードはあるものの、その法人カードもオートチャージは未対応です。

参照:ビュー法人カード – 公式サイト

このことから、オートチャージのできる法人カードは無いと考えて良いでしょう。

ただ、モバイルSuicaなら携帯端末から簡単にチャージが可能!
いつでも行える他、それほど手間も掛かりませんので、そこまで気にする必要もないでしょう。

「Apple Pay」を使ったチャージ方法もある!

Suicaのチャージは「モバイルSuica」ではなく「Apple Pay」からも可能!
ただし、「Apple Pay」からチャージするときは、以下の2点が必要になります。

  • アップル社の携帯端末 (主にiPhone)
  • 「Apple Pay」に対応の法人カード

登録手順は簡単で、以下のステップを踏むだけでOK!

  1. 「iCloud」にサインインをする。
  2. 「Face ID」か「Touch ID」か「パスコードロック」を設定する。
  3. 「Wallet」のアプリを開く。
  4. 「カードを追加」から手持ちのSuicaを登録する。
  5. 「設定」のアプリから「WalletとApplePay」を開く。
  6. 「支払い設定」のメインカードを法人カードにする。

上記の設定を済ませば、Suicaのチャージが法人カードで行えます!
手持ちの携帯端末が「iPhone」の方は、こちらを試してはいかがですか?

Suicaのチャージに最適な2枚を紹介!

ここまで紹介した方法なら、Suicaのチャージは大概の法人カードで行えます。
しかし、せっかくならベストな法人カードを利用したくはありませんか?

そこで、そんなチャージに最適な法人カードを紹介するので、ご覧ください!

その1:ビュー法人カード

数ある「ビュー・カード」の中でも唯一の法人カード。
それが、これから紹介します「ビュー法人カード」になります。

こちらは、移動や出張関連に強いサービスを有する法人カードです。

例えば「えきねっと」という、あなたのスマホが窓口になるサービス。
登録することで、新幹線や特急列車の空席照会や指定席予約をネットから行えます。

他にも、JRホテルグループの基本宿泊料金が最大20%割引になる優待。
駅レンタカーの営業車にて基本料金10%OFFになるサービスなど、盛り沢山です!

年会費は477円と低いので、導入コストが大きく掛かりません。
嬉しいサービスは他にもありますので、ぜひ検討してみてください!

その2:EX Gold for Biz

「Apple Pay」を利用する場合、対応する法人カードが必要。
その法人カードの中でもおすすめなのが「EX Gold for Biz」です!

この法人カードの魅力は、ポイント還元率がとても高いこと。
最大1.1%もの還元率であり、法人カードではトップクラスを誇ります。

つまり、この法人カードで毎月2万円のチャージをSuicaにするとなると…

2万円×12ヶ月×1.1%=2,640円相当

上記の通り、Suicaのチャージだけで2,640円相当の還元を受けることが可能!
移動の多い人が利用すれば、1年間で驚くほどのポイント貯目られることでしょう。

ちなみに、ゴールドランクながら年会費は2,000円と非常に安価。
それでいて性能は法人カードNo.1との呼び声も高いので、おすすめします。

このカードの詳細はこちら

他の法人カードも比較するならこちら!

当記事では、2枚の法人カードを紹介しました。
しかし、モバイルSuicaを利用できる法人カードは以下の通りなので、他の選択肢もあります。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

上記から分かる通り、国内で発行されている法人カードなら大概は利用可能。
もし他の法人カードを登録されたい方は、多くの法人カードを紹介している以下の記事も参考にしてみてください!

他の法人カードも検討する

タイトルとURLをコピーしました