関東圏のICカードのオートチャージに対応しているクレカ一覧

Suicaオートチャージに対応しているクレジットカード比較

画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較

 

首都圏を中心に、全国各地で利用可能なICカードSuica。
その利便性により利用者も多く、この記事を読んでいるあなたは実際に毎日使っていたりするのではないでしょうか?

 

このSuicaカードですが、クレジットカードを合わせることで利用できるオートチャージ機能を使えば、カード内の残金を気にすることなく使えるようになります。

 

「残金が足りなくて改札で止められた…」
「急いでいたのに乗り換えで足りなくなって、チャージしてたら電車を逃した…」

 

こんな悩みだって、Suicaのオートチャージ機能は解決できてしまいます。

 

ここでは、オートチャージ機能を追加するためにクレジットカードを探している人のために、Suicaオートチャージや対応カードについて比較・ご紹介しています。

 

 

 

オートチャージに対応しているクレジットカードとは?

画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較

 

Suicaのオートチャージには、Suicaオートチャージ対応可能なクレジットカードの所持が必要です。

 

Suicaの場合、券面にVIEWカードとSuicaのマークが記載されているクレジットカードであればオートチャージが可能です。

 

画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較

 

上記のようなSuicaが付帯したクレジットカードを使えば、Suicaとしての利用はもちろんオートチャージ機能も同時に利用開始できてとても効率的。

 

初期設定では、改札を通過した時にカード内のチャージ金額が2,000円を下回っていれば自動的に3,000円が振り込まれる仕組みになっていますが、この設定は自分のスタイルに合わせて変更可能です。

 

 

 

Suicaのみを使った場合と対応クレカ利用時の比較

画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較

 

以下では、オートチャージのないSuicaを使った場合とオートチャージのあるSuica(または一体化クレジットカード)を使った場合の費用や付帯内容の違いを比較してみました

 

比較項目 Suicaのみ オートチャージあり
年会費 なし 無料/有料あり
デポジット 500円 なし
有効期限 なし あり
Suicaオートチャージ ×
ポイント付与 ×

 

オートチャージにはクレジットカードの利用がマストとなるため、カードによっては年会費がかかることがあります。
年会費がかかるものについては、1,000円〜2,000円が相場。

 

繰り返し利用できる通常のSuicaと比較してしまうと、コストがややかるのはオートチャージをしている場合と言えますね。

 

しかし、残金切れを起こした時のロスやストレスが亡くせると思えば、オートチャージを維持するクレジットカードの年会費も安いものなのではないでしょうか?

 

 

 

Suicaオートチャージ対応クレジットカード一覧

画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較

 

(年会費、ポイントプログラム、還元率、チャージポイントの有無の比較表を掲載)

 

カード 年会費 還元率 チャージポイント
VIEW Suica CARD
画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較 477円 1,000円=5ポイント(0.5%) 1,000円=15ポイント(1.5%)
イオンSuicaカード
画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較 無料 1,000円=200円=1ポイント(0.5%) 400円=1ポイント(0.25%)
ルミネカード
画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較 953円 1,000円=5ポイント(0.5%) 1,000円=15ポイント(1.5%)
ビックカメラSuicaカード
画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較 477円 初年度無料
(1年に1度の利用で年会費無料)
1,000円=
5ビックポイント
5JREポイント
1,000円=15ポイント(1.5%)
JALカードSuica
画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較 普通カード 2,160円
CLUB-Aカード 10,800円
マイル付与率0.5% 1,000円=15JREポイント(1.5%)
ANA VISA Suicaカード
画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較 2,000円
(初年度無料)
マイル付与率最大1.3% 0.5%〜1.0%

 

 

特におすすめしたいクレジットカード

VIEW Suica CARD


画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較

 

年会費 477円
ETCカード 申し込み可(477円/年)
旅行保険 海外旅行傷害補償/国内旅行傷害補償
国際ブランド VISA,Mastercard,JCB
ポイントプログラム JRE POINT
ポイント付与 1,000円=5ポイント(0.5%)
Suicaオートチャージ 対応・一体型
チャージポイント 1,000円=15ポイント(1.5%)

 

VIEWカードの本家的存在であるクレジットカードがVIEW Suica CARDです。
年会費は477円とクレジットカードにしては安く、維持が楽なカード。

 

またSuicaオートチャージに最適につくられたカードだから、定期券とSuicaが一体型に。総合すると、クレジットカード、JRE POINTカード、定期券、Suicaが1枚になってクレジットカードなんです。

 

これ一枚があるだけで、お出かけの際の移動と買い物をすべてカバーできてしまうのでとても便利ですね。

 

 

ルミネカード


画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較

 

年会費 953円(初年度無料)
ETCカード 申し込み可(477円/年)
旅行保険 海外旅行傷害補償/国内旅行傷害補償
国際ブランド VISA,Mastercard,JCB
ポイントプログラム JRE POINT
ポイント付与 1,000円=5ポイント(0.5%)
Suicaオートチャージ 対応・一体型
チャージポイント 1,000円=15ポイント(1.5%)

 

ルミネでお買い物をする人には見逃せない!
ルミネカードを使えば、ルミネとNEWoMan、そしてルミネネット通販であるアイルミネでのお買い物が常に5%OFFになります。

 

お買い物やオートチャージで貯めたJREポイントは、ルミネ商品券やSuicaのチャージに使用可能。
カードを跨ぐような面倒な手続きなしで、1枚でスマートにやりくりが出来るので管理も簡単。

 

更にSuica定期券機能も加えられるため、Suica(オートチャージ)、定期券、ポイントカード、クレジットカード機能が集約された一枚として使えるのです。

 

 

イオンSuicaカード


画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較

 

年会費 無料
ETCカード 申し込み可
旅行保険 海外旅行傷害補償/国内旅行傷害補償
国際ブランド VISA,Mastercard,JCB
ポイントプログラム ときめきポイント
ポイント付与 200円=1ポイント(0.5%)
Suicaオートチャージ 対応・一体型
チャージポイント 400円=1ポイント(0.25%)

 

イオンカードとSuicaカードが一体となったオートチャージ対応クレジットカード。
年会費が無料なのにも関わらず、追加サービスとしてイオンiD,ETCカード、WAONカードプラス、ApplePayが選べて贅沢な仕様となっています。

 

イオングループの対象店舗であれば、いつでもポイントが2倍となるため日常的にイオン系列の店舗を使う人なら生活するだけでざくざくポイント獲得。

 

貯めたポイントは、Suicaのチャージに使うことも可能。
日々のお買い物で交通費を作れると思えば、普通のSuicaを使おうとは思えなくなりますね。

 

 

 

Suicaオートチャージを使うメリット

画像:Suicaオートチャージ対応クレジットカード比較

 

オートチャージ機能があれば、

 

「残金残ってたっけ…」
「残ってなかった!チャージしてたら乗りたい電車を逃してしまう!」

 

なんて思う事がなくなります。
カード一枚で交通費管理をして、毎日スマートに移動が出来るようになるだけで気分も変わりそうです。

 

さらにオートチャージのために還元のあるSuica一体型クレジットカードを使う方が、通常のSuicaのみを利用するのに比較してメリットがあることがわかっていただけたかと思います。

 

 

 

自分の用途に合ったクレジットカードをしっかり比較!

 

今回はオートチャージ機能を第一としたクレジットカードを数種類比較してご紹介しましたが、欲しいと思える一枚には出会えましたか?

 

当サイトでは、オートチャージに限らずポイント還元率、マイルなど様々な用途に分けてクレジットカードを比較してご紹介しています。

 

以下では、様々な用途に分けた比較ランキングを掲載中。

 

他の比較内容にも興味がある方は、是非見てみてくださいね。

 

おすすめクレジットカードはこちら