実は審査が甘い?学生は通りやすいとされるクレジットカードの秘密!

審査は通る?学生でもクレジットカードは発行されるのか

 

クレジットカードは、学生の内から持てると知っていましたか?

 

クレジットカードを手に入れるには、審査に通らなければいけません。
これが意外と厳しく、自立している社会人でもクレジットカードの審査は落ちることがあります。

 

それなのに、クレジットカードの審査は学生でも通ることがあり、なんなら学生の方が有利と言われる側面のあるクレジットカードもあるほど!

 

「その話って本当?」ともし思われた学生は、ぜひこの記事をご覧ください。
学生でも審査が通る理由について、また学生がクレジットカードの審査を受ける際に確認すべきことなど含め紹介します!

 

ではまずは、気になる「学生だとクレジットカードの審査が有利になる側面」を見ていきましょう。

 

 

 

実は学生の方が有利な側面もあります

学生の審査について

 

クレジットカードの審査は学生でも通るのですが、厳しいイメージがあるのでこの話が本当か気になる方もいることでしょう。

 

審査が厳しいのはその通りですが、それはクレジットカードの種類によりけり。
そのため、なかには学生にも優しいクレジットカードもあるのです!

 

審査が甘い理由の1つは「発行会社が学生に対し返済能力を期待していないから」が挙げられます。

 

「えっ、逆じゃないの!?」と思いますよね。
確かに申請者が社会人だと、しっかり返済を行ってくれそうな方でないと発行されません。

 

対して学生は、その多くがアルバイトもしくは無収入という状態。
そんな方々が大多数を占める学生に対し、返済能力を見てもしょうがないのです。

 

ではなぜ学生はクレジットカードの審査を受けられるか。
発行会社が学生にクレジットカードを発行するのは、顧客拡大のためです。

 

クレジットカードが申し込めるようになるのは基本的に18歳以上から。
そのため「クレジットカードを持ちたい」と思っている層が多いのが学生であり、ここの利用者を獲得することが顧客拡大において重要なのです!

 

もし学生の内から使ってもらえれば、卒業後も継続して利用されることが見込めます。
こうしたメリットが発行会社にもあるので、学生であることが実は審査でアドバンテージとなっていることがあるのです!

 

 

 

未成年の申請は、親の同意が必要

学生の審査について

 

未成年の学生は、クレジットカードの審査を受けるときに親の同意が必要。
これは、多くの未成年者は親に生活を支えてもらっているからで、その親の同意なしには作れないのです。

 

もし「親の同意が得られない」「親に内緒でクレジットカードを作りたい」からと、署名を偽造してはいけません。

 

クレジットカードは、その名の通り「信用」が大事なものです(クレジット=信用)。
それなのに発行会社に虚偽情報を渡したとしたら、後々大事になる可能性も危惧できるので、絶対にしないように!

 

 

 

学生でも、高校生以下は発行できません!

学生の審査について

 

学生でも作れるクレジットカードですが、審査を受けられるのは大学生(その他専門学生等)からです。
高校生以下は基本的に審査を受けられませんので、クレジットカードを持つことはできません!

 

審査を受けられない理由は、これも先ほどからお伝えしている返済能力の心配からです。
大学生等が返済できるのか心配されるなか、高校生ではよりできないと判断されているため、多くのクレジットカードでは申請条件に「高校生以下不可」明記しています。

 

ただ、そうはいっても今の世の中、高校生でもクレジットカードを保有したいですよね!
クレジットカードは無理ですが、代わりにデビットカードを利用されてみるのはいかがでしょう?

 

デビットカードは、クレジットカードと同じくカード払いができるツール。
違うのは、利用時にアナタの預金口座から利用額分が引き落とされるという点です。

 

デビットカードについて詳しく知りたい方は、こちらをクリックすることで詳細が分かります。

 

 

 

高校に在学していない18歳/高校に在学している19歳以上

学生の審査について

 

18歳から作れるクレジットカードですが、高校に在籍していたら作ることはできません。
では以下に該当する学生は、クレジットカードの審査を受けられるのでしょうか?

  • 高校在学者でない18歳
  • 高校在学者である19歳以上

 

まず前者ですが、これは審査を受けることができます。
中学卒業を機会に働き始め高校に進学しなかった方は、一足早くクレジットカードの審査に挑戦できます!

 

ただし、クレジットカードによっては審査を受けられないことも。
また返済能力面から落ちやすかったり、未成年なので親の同意が必要だったりするのは同じなのでご注意ください。

 

さて後者ですが、こちらは例がなかったので判断が厳しいです。
ただ多くのクレジットカードが「高校生不可」としていることから、19歳以上でも高校生だと審査が通らない可能性はあると考えられるでしょう。

 

 

 

高校生の方は、デビットカードの選択肢もあります!

学生の審査について

 

高校生はクレジットカードの発行はできませんが、デビットカードなら作ることができます!
このデビットカードは、クレジットカードと違い即時決済型という特徴があります。

 

クレジットカードは、利用するとその決済をカード会社が一時的に立て替えてくれる仕組みですよね。
発行会社はその立て替えたお金を返してもらえないと困りますから、審査で返済能力を見ているとお伝えしてきました。

 

しかしデビットカードは、利用すると予め紐づけていた預金口座に繋がり、利用額分を預金口座から即時引き落とす仕組みとなっています。
そのため、発行会社に立て替えてもらうことがないことから返済能力を見る必要がなく、高校生でも発行できるのです!

 

所持金内でのやり繰りが必要ですが、カード決済ができる便利なツールなので高校生はぜひご検討ください。

 

 

 

クレジットカードを持つお得なメリットとは!?

学生の審査について

 

学生の方でもクレジットカードを持てるのはとても嬉しいですね!
そのために必要な審査について、この記事でしっかり学んでいただけたら幸いです。

 

今回解説した審査について無事に通った後は、クレジットカード利用が始まります。
その際に、クレジットカードにはどんなメリットがあるのかを知っておくことはとても大事!

 

そこで次では「クレジットカードを持つことのメリット」について触れるので、学生で気になる方はこちらもご覧ください。

 

クレジットカード利用のメリット