「クレジットカード」と「家族カード」学生はどっちを持つ方が良い?

「クレジットカード」と「家族カード」学生にはどちらがおすすめ?

クレジットカードの作成を考えている学生の中には、家族カードを検討している方も居ることでしょう。
選択の決定打が分からないため、クレジットカードと家族カードのどちらを選ぶか決めあぐねているかも知れませんね。

実は、クレジットカードと家族カードは、どちらを持つかによってメリットとデメリットが異なります。
ただそれを知ることで、クレジットカードを検討中だった学生のアナタに、真に合うのはどちらか分かるかも知れません!

今回は、そんなクレジットカードと家族カードをそれぞれ学生が持ったときのことを考え、メリットとデメリットを紹介します。

審査はなし!ただし18歳以上の方でないと作れない

学生はどちらが良い?

最初に伝えておくと、実は家族カードを作るときに審査は行われません!
正確には審査が行われるものの、審査されるのは家族カードの基となる本クレジットカードの保有者であって、家族カードを利用される方ではないのです。

例えば、とある親子が居ると想像して考えてみましょう!
ある日、子供がクレジットカードを欲しいと思い、親のクレジットカードを基に家族カードを作ろうと考えました。

本来であればクレジットカードの作成には審査がつきもので、その対象は申請者となります。
この場合だと今回は申請者が子供なので、審査対象は子供なのが一般的なクレジットカードです。

しかし家族カードを作る場合、上述した通り、本クレジットカードの保有者が審査対象となります!
そのため、今回でいえば申請者は子供ですが、審査されるのは親となるのです。

これによるメリットは、学生は本来「定収入なうえに不安定・資産と信用情報共になし」というクレジットカードの審査に通りにくい部類に入るのですが、親が代わりに審査を受けるので先の条件をクリアできます!
そのため、審査が不安な学生は家族カードを作成した方が良いのです。

ちなみに、家族カードが作れるのは基本的に18歳以上の方。
それから、高校生以下の方は作成不可となっているので、家族カードといえど申請条件の確認をしてから申し込みましょう!

家族カードを持った方が良いの?

学生はどちらが良い?

クレジットカードと家族カード、どちらも作れる状況にいる学生なら、いったいどちらを作るべきか気になりますよね。

そこで、ここでは学生はクレジットカードと家族カードのどちらを作るべきか、それぞれメリット・デメリットを紹介するのでご覧ください!

利用する『メリット』とは?

学生はどちらが良い?

家族カードというのは、基となるクレジットカードの性能に模したものが作られます。
そのため、本来は学生では作れないようなクレジットカードが家族カードだと持てるというメリットがあります!

例えば、基となるクレジットカードがプラチナランクの場合、家族カードもプラチナランク。
しかも、家族カードだと年会費が元々より低い、もしくは無料となることが多いので、手頃な価格で高機能のクレジットカードを学生でも持つことができます!

ちなみに、三井住友が発行しますプラチナクレジットカードは、本クレジットカードの性能やサービスはそのままに、年会費無料で家族カードを作れます。

プラチナクレジットカードなど、学生自身が審査を受けて持てることはまず無いので、そういった意味で家族カードは学生が高ランクのクレジットカードを持てる最も簡単な方法と言えるでしょう。

参照サイト:家族・追加カード|三井住友プラチナカード

利用する『デメリット』とは?

学生はどちらが良い?

家族カードのデメリットは、利用者となる学生、それから本クレジットカードの保有者の方それぞれにあります。

まず利用者となる学生には、クレジットカードを利用することで貯められるるものが貯められないというデメリットがあります。

例えば、買い物をすることで貯まるポイントは本クレジットカードのものとなるため、アナタ自身が使う家族カードには貯まりません。
また、発行には本クレジットカード保有者の信用情報を基に作成するので、アナタ自身のクレジットヒストリーが作られることもないのです。

そして本クレジットカード保有者には、利用可能枠を圧迫するというデメリットがあります。

実は、家族カードの利用枠というのは本クレジットカードのものを使用。
そのため、家族カードを使い過ぎることで、本クレジットカードでの買い物ができなくなる可能性もあるのです!

また家族カードでの利用履歴は、本クレジットカードのものと一緒にされます。
そのため、利用明細書には本クレジットカードと家族カードのものが共に記載されるので、管理を面倒に思うかも知れません。

ただ、これについては本クレジットカードと家族カードで分けられるものもあるので、事前に確認されることをおすすめします。

学生なら両方とも持ってしまうのも有り!

学生はどちらが良い?

クレジットカードと家族カード、それぞれのメリットとデメリットをお伝えしましたが、どちらにするか決めあぐねている学生は両方持つという手もあります。
実はこの手段が最も賢く、デメリットをカバーしつつメリットも享受できる最高の形かも知れません!

仮にクレジットカードと家族カードの両方を持つ学生は、用途によって使い分けるのがおすすめ。
例えば、学生の私的な買い物はクレジットカードで、それ以外は家族カードといった使い方です。

学生の中には、一人暮らしをされている方も居ますよね。
その際、光熱費や家賃、それから税金といったものを家族カードで支払うようにし、趣味や旅行に使う支払いをクレジットカードとすることで、管理方法を分けることができます。

他にも、それぞれのサービスを利用できる他、クレジットカードを持つので信用情報を蓄積することも可能!
上記の理由含め、予備用としても学生には2枚持ちをおすすめしているので、家族カードを発行できる学生には、クレジットカードとの2枚持ちを検討してみることをおすすめします。

クレジットカードを作るなら、こちらを参考に!

学生はどちらが良い?

家族カードではなくクレジットカードを作ろうと思った学生。
家族カードとクレジットカードを作ろうと思った学生。
どちらの方も、アナタに合った学生向けクレジットカードを見つけなくてはいけませんよね。

実際探すとなると、学生向けクレジットカードは種類も多く、最適な1枚を見つけるのが困難です。
そこで、当サイトが紹介しますおすすめの学生向けクレジットカードを見てみてはいかがでしょう?

こちらでは、当サイトが厳選したクレジットカードがランキング形式で紹介されています。
性能やサービスについても事細かく記載してあるので、クレジットカードを作りたい学生はぜひこちらをご覧ください!

学生向けクレジットカードランキング