総量規制とは?クレジットカードでお金を借りるなら知っておこう!

クレジットカードでお金を借りるときの「総量規制」って何?

クレジットカードの借入ルール

突然ですが、「総量規制」というものをご存知ですか?

総量規制とは、クレジットカードでお金を借りるときのルールのこと。
クレジットカードを利用した借入では、この総量規制に定められた上限以上のお金を借りることはできません。

今回は、クレジットカードでお金を借りる際に知っておきたい総量規制について解説します。
また上限を超えての借入ができる方法もあるので、それについても紹介していきます。

総量規制とは?

総量規制とは、簡単に言うと「お金を借りるときのルール」のことです。
クレジットカードには「キャッシング」というお金を借りられるサービスがあるのですが、その際に以下のようなルールが総量規制により設けられています

  • 借入残高が年収の1/3を超える場合は、新規の借り入れができない
  • 借入の際、年収を証明する証明が必要になる

要は、年収300万円の方が、合計額100万円を超えるキャッシングはできない…というのが総量規制になります。

ただ、この総量規制のルールを守らなくても大丈夫な例というのが実はあります。
それが「除外」と「例外」の2つ。

「除外」「例外」となる貸付けとは?

総量規制の「除外」とは、「借入額は年収の1/3」というルールに含めないというもの。
主にキャッシング目的が「住宅ローン」や「自動車ローン」の支払いに充てる場合に、除外対象となります。

これは、仮に総量規制の対象としてしまうと、少ない年収の家庭ほど良い商品が購入できなくなるから。
そのため、一部の目的においては総量規制の対象から除外されており、年収の1/3以上のキャッシングがクレジットカードで行えます。

また総量規制には「例外」というルールもあります。
こちらは、借入額が年収の1/3を超えていても、返済能力が認められれば例外的に貸付できるというもの。

例えば、年収300万円の方がすでに100万円を借りていた場合、これ以上の借り入れは本来できません。
しかし突然の事故などで医療費として急にお金が必要になった場合など、例外的に貸付が行われる場合があります。

年収が証明できるものとは?

総量規制では、年収によって借入額の上限が変わるため、年収を証明する書類が必要になります。
年収の証明に必要な書類は、「源泉徴収票」や「給与明細」で大丈夫!

ちなみに、総量規制での年収とは「定期的な収入として法令に定められている以下のもの」が挙げられます。

  1. 給与
  2. 年金
  3. 恩給
  4. 定期的に受領する不動産の賃貸収入 (事業として行う場合を除く)
  5. 年間の事業所得 (過去の事業所得の状況に照らして安定的と認められるものに限る)

参照サイト:総量規制について Q&A|貸金業法について

上記を見ると分かる通り、競馬や競艇、宝くじといった一瞬の収入については、年収に含みまれません!

個人に向けた貸付が、総量規制の対象です!

総量規制の対象となるのは「個人に向けた貸付」のみです!
貸付の契約には他にも以下の3つがありますが、どれも総量規制の対象にはなりません。

  • 個人に向けた保証
  • 法人に向けた貸付
  • 法人に向けた保証

総量規制の対象となる「個人に向けた貸付」とは、個人がお金を借り入れる行為のことを指しています。
この際、個人が「事業用資金」を目的にお金を借入する場合には、原則として総量規制の対象外となるので覚えておきましょう!

また、借入の際に立てる保証人の年収も総量規制とは関係がありませんので、注意しましょう。

キャッシング枠が対象!ではショッピング枠は?

よく間違われやすいのが、総量規制の対象にショッピング枠も含まれているということ。

総量規制の対象は、あくまでもクレジットカードの「キャッシング」のみです。
そのため、年収300万円で100万円以上の借りた場合、それ以上に借りることはできませんが、クレジットカードで買い物をすることは全く問題ありません!

また総量規制の対象は「貸金業者からの借入」で、銀行の貸付は貸金業法の規制の対象外。
そのため、キャッシングと銀行からの借入を合わせて年収の1/3を超えても、総量規制にはなりません。

同じく「銀行のカードローン」も総量規制の対象外となるので、覚えておくといいですね!

クレジットカードでのキャッシングは、正しいルールで行おう!

総量規制について理解を深められましたか?
要は「年収の1/3以上は借りられないが、例外(と除外)もある」ということなので、これを覚えておけば大丈夫です。

さて、クレジットカードでお金を借りるときはキャッシング機能を利用しますよね。
そのキャッシング機能ですが、クレジットカードの中には機能が付帯されていないことがあります。
また、付帯されていてもクレジットカードによって金利手数料に差があり、おすすめのものは変わります。

そこで当サイトでは、キャッシング利用におすすめのクレジットカードを厳選!
こちらでランキング形式にして紹介を行っているので、ぜひご覧ください。

キャッシング機能ランキング