即日発行可能な法人カードは存在する!?スピード発行のコツも解説!

即日発行できる法人カードは存在しない!

即日発行に近いスピードで発行できる法人カードを紹介!

キャッシュフローの改善を図れたり、便利なビジネスサポートが付帯したりする法人カード。
法人カードを検討している方の中には、様々な理由によりできる限り早く導入したいと考えている方も居ると思います。

ただ、残念なことに法人カードには、即日発行が叶うものは存在しません。
基本的には、発行までに2~4週間程度の時間が掛かってしまいます。

しかし、法人カードの中には、即日発行とまでは言わずとも、それに近いスピードで導入できるものが存在します。
そういった法人カードを選べば、急を要する方の希望に沿うことは出来ることでしょう。

そこで今回は、即日発行に近いスピードで発行できる法人カードを紹介。
また、最短で発行するためのコツも解説します。

まずは、法人カードの発行期間について詳しく見ていきましょう。

基本的な法人カードの発行期間について

基本的な法人カードの発行期間について

冒頭でもお話しした通り、多くの法人カードは、発行までに約2~4週間の期間を要します。
長いものだと、1か月以上の期間が必要な法人カードも存在。
個人向けのクレジットカードと比較して、法人カードの発行には多くの時間を要してしまいます。

これは、法人カードの審査で確認される項目が、個人向けクレジットカードよりも多いためです。
ひいては、クレジットカードよりも審査が厳しくなったり、発行までの期間が長くなったりしてしまいます。

ただ、法人カードの中には、即日近いスピードで発行できるものも存在します。
そういった法人カードは、約4日~1週間での発行が可能。
即日発行できる法人カードを探している方は、上記期間を目安に即日レベルの早さ発行できる1枚を探してみることをおすすめします。

申し込みから発行の流れ

申し込みから発行の流れ

法人カードを即日に近いスピードで手に入れるには、発行の流れを把握しておくことも大事です。
ここでは、審査の流れについて解説します。

  1. WEB上から申し込み
  2. 申し込み書類が届く
  3. 申し込み書類を記載し、必要書類とともに返送
  4. 審査を行う
  5. カード発行(郵送)

法人カードの発行は、上記のような流れで行われます。
発行の手続きには郵送の手順が数回あり、この手順を短縮できる法人カードを選べば、即日レベルのスピードで導入できることでしょう。

ちなみに、法人カードの申請時に必要な書類は下記のようなものです。

  • 本人確認書類
  • 法人の確認書類*注1
  • 口座振替依頼書
  • 登記簿謄本*注2
  • 所得証明書*注3

注1: 法人の方が申請する場合に必要なこともあります
注2: 現在は、必要のない法人カードが多いです
注3: キャッシング利用時に必要なこともあります

法人カードの申請には、上記のような書類が必要となります。
即日発行に近いスピードで法人カードを手に入れるなら、滞りなく申請を進めるために、上記の書類は準備しておくようにしましょう。

最短で発行するコツを紹介!

最短で発行するコツを紹介!

法人カードの発行を即日に近い早さで行うには、いくつかコツがあるので紹介します。

  • キャッシングを利用しない
  • 利用限度額を大きくしすぎない
  • ETCカードの発行を同時に行わない

法人カードのなかには、キャッシングが利用できるものもあります。
キャッシングを利用したい方もいるかもしれませんが、法人カードを即日レベルのスピードで発行したい場合は希望しないほうが良いでしょう。
これは、キャッシングを希望すると、「キャッシングの審査」が追加されることになり、即日に近い早さでの発行が叶わなくなってしまうためです。

また、利用限度額に関しても、少なめに申請したほうが審査の期間が短くなるかもしれません。
というのも、利用限度額を多く申請するほど、申請者の信用情報であったり会社の実績であったりを厳しく見ると言われているためです。

例えば、利用限度額を低く設定した方より、高く設定した方のほうが「貸し倒れ時のリスク」は上がってしまいます。
多くの利用額が返せない状態になってしまっては、発行会社側の大きな損失になるため、審査が厳しくなる可能性が高いという訳です。
結果、審査の期間が長くなり、即日レベルの早さで法人カードを導入できなくなってしまうことでしょう。

そして、法人カードの申し込みと同時にETCカードの発行も希望しないことをおすすめします。
ETCカードの発行も希望してしまうと、その分時間が掛かってしまいます。
そうなっては、法人カードの発行も遅れてしまうため、即日に近い早さでの発行が出来なくなってしまうことでしょう。

即日レベル!最短4営業日~1週間で手に入る法人カードはこちら!

ここからは、法人カードの中でも、即日レベルのスピードで発行できる法人カードを紹介。
即日発行は叶わないものの、比較的早く発行できる法人カードとなっています。
そのため、出来る限り即日に近い早さで法人カードを発行したい方は、以下から選んでみてはいかがでしょうか?

最短4営業日での発行が可能!ライフカード・ビジネスライトスタンダード!

ライフカード・ビジネスライトスタンダード!

即日発行できる法人カードを探している方におすすめなのが、「ライフカード・ビジネスライトスタンダード」です。
この法人カードは、最短4営業日での発行が可能。
即日に近いスピードで発行できる、珍しい法人カードとなっています。

この法人カードの発行までの流れは、以下の通りです。

  1. オンライン申し込み
  2. 審査・確認
  3. 本人限定受取郵便にて自宅へ郵送
  4. 口座振替用紙の提出

以上の流れが、最短4営業日で完了します。

また、発行までのスピードが即日に近いということは、審査が甘いのではと推測が可能。
これは、審査に掛ける時間も、短い可能性があると判断できるからです。
なので、即日レベルのスピードで発行できるだけでなく、所持できる可能性も高いと言えるでしょう。

そんなライフカード・ビジネスライトスタンダードは、年会費がなんと永年無料
実質的に年会費無料のものが多いなか、何の条件もなく無料になる法人カードは非常に珍しいです。
よって、所持し続けるハードルが低いところも、この法人カードの魅力となっています。

即日と変わらないレベルの早さで発行可能なライフカード・ビジネスライトスタンダード。
できる限り早く法人カードを手にしたい方は、この1枚の導入をおすすめします。

詳細はこちら

最短1週間で発行!三井住友ビジネスクラシックforOwners

三井住友ビジネスクラシックforOwners

続いて紹介するのが、信頼性高い三井住友より発行されている法人カード、「三井住友ビジネスクラシックforOwners」です。
この法人カードは、最短1週間での発行が可能!
平均的な法人カードよりも、約2週間以上も早く発行できる法人カードとなっています。

それでは、この法人カード発行までの流れも見ていきましょう。

  1. オンライン上にて、申し込みフォームを記入
  2. 支払い口座の設定
  3. 入会審査・カード発行
  4. 自宅にカードを郵送

最後のステップである「自宅にカードを郵送」までが約1週間
入会審査・カード発行までの期間が、最短3営業日となっています。
なので、住んでいる地域によっては、1週間よりも短い期間でこの法人カードを受け取れるかもしれません。

また、審査までのステップが最短3営業日ということは、それだけ審査に掛ける時間も短いということ。
先ほど紹介した法人カードと同様に、三井住友ビジネスクラシックforOwnersも審査に甘いことでしょう。

1,250円という低年会費ながら、ビジネスサポートが多く付帯する三井住友ビジネスクラシックforOwners。
下記にてその魅力を紹介しているため、即日に近いスピードで発行できる法人カードを探している方は、ぜひチェックしてみてください!

詳細はこちら

用途別に法人カードを探す

タイトルとURLをコピーしました