クレジットカードの審査で嘘をつくとバレるもの?

クレジットカードの審査で嘘を付くとどうなるの?

クレジットカードの審査で嘘を付くとどうなるの?

クレジットカードの作成時、必ず行われるのが審査。
この審査を有利に進めようと、年収や借入額で嘘をつく人がいます。

結論から言うと、クレジットカードの審査で嘘を付いてはいけません。
それは当然のことである他にバレるリスクも高いため、嘘を付くべきではないのです。

当記事では、仮にクレジットカードの審査で虚偽の申告をした場合、どのようなことになるのかを解説します。

  • 虚偽の申告をすると何が起こるの?
  • どのようにしてバレるの?
  • 誤った情報を申告したら?

といった疑問がある人は、ぜひクレジットカードの作成前にご覧ください!

どのようにして気付かれるの?

どのようにして気付かれるの?

嘘は絶対にバレる訳ではありません。
しかし、気付かれる可能性は高いと言えます。

というのも、発行会社は日々何千と送られてくる申込書から独自で統計データを取っているからです。

そのデータと審査基準をもとに審査を行い、違和感のある申込書は調査が入ります。
よくある「在籍確認の電話」は、この違和感を埋めるべく行う調査の1つという訳です。

この調査に加え、発行会社は審査のときに信用情報を調べる義務があるため、個人情報以外に借入状況なども嘘はバレることでしょう。

以上のことから、申告内容の虚偽は基本的にバレます。
そのため、クレジットカードの審査に嘘を付くのは、止めましょう。

嘘に気づかれた場合はどうなるの?

嘘に気づかれた場合はどうなるの?

クレジットカードの審査で嘘を付くと、基本的にはバレます。
ただ、仮に嘘の申告をして気付かれた場合、何が起こるのでしょうか?

ここでは、虚偽の申告をした際、クレジットカードの発行前発行後でどのような措置を取られるかを紹介します。

発行前にバレるケース

発行前にバレるケース

発行会社は、申請者からの申込書をもとに審査を行います。

その内容に嘘がある訳ですから、当然ながら審査は中止。
そして、審査に通りませんからクレジットカードを作れません。

上述した通り、発行会社には嘘を見破る術があります。
通る確率を上げようと嘘の申告をするのではなく、真実の情報を提供しましょう。

発行後にバレるケース

発行後にバレるケース

嘘を見破る力は絶対ではないため、審査に通ることはあります。

しかし、その後 (発行後) に嘘がバレれば、契約内容に差異があるとして、クレジットカードは強制解約となることでしょう。

また「嘘の申告をする人」というレッテルを貼られ、いわゆる「社内ブラックリスト」の掲載は免れません。

よって、以降は同社のクレジットカードを作ることもできなくなることでしょう。

誤った情報を申告したときの対処法とは?

誤った情報を申告したときの対処法とは?

嘘というより、記入 (入力) ミスにより誤った情報を教えてしまうこともあるかと思います。

この場合、申請内容に不備があることを早急に伝えましょう。
連絡先は申請が完了した際に貰えるメールに記載されているので、そちらから伝えればOK。

もし間違えていたときは、上記の通り迅速に対応しましょう。

発行会社からすると「記入ミス」か「嘘の申告」か判別できません。
基本的には後者での受取になるため、申請時の最終確認は必ず行いましょう!

審査に通りやすいとされるクレジットカードがおすすめ!

審査に通りやすいとされるクレジットカードがおすすめ!

クレジットカードの審査で嘘の申告を考えるのは、審査に不安があるからでしょう。

その審査ですが、クレジットカードにより基準や内容はバラバラ。
そのため、なかには審査に通りやすいクレジットカードも存在します。

そんな審査が甘いとされるクレジットカードを、以下で紹介!

審査の判断が緩いクレジットカードの特徴も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカード審査ランキング

タイトルとURLをコピーしました