クレジットカードにおける審査の仕組みとは【重要視する3つの情報】

どんな仕組みでクレジットカードの審査は行われているの?

どんな仕組みでクレジットカードの審査は行われているの?

クレジットカードにおける審査の仕組みを解説します!

どのクレジットカードも、審査を受けないと作ることができません。
その審査ですが、クレジットカードは金銭が絡むものゆえ、仕組みを知ってから受けたい人も居ることでしょう。

今回は、そんなクレジットカードの審査がどのような仕組みなのかを紹介します!

  • 申請から発行までの流れとは?
  • 確認されることとは?

といったことが気になる人は、その仕組みを確認してみてください!

基本的な審査の流れを確認しよう!

基本的な審査の流れを確認しよう!

まずは、クレジットカードにおける審査の流れを紹介します!

審査の流れは、発行会社や申し込むクレジットカードによって微妙な違いがあるものの、基本的な仕組みは一緒で以下の通り。

  • 申込書 (申請フォーム) の記入
  • 支払口座の設定
  • 発行会社による審査
  • クレジットカードの発行
  • クレジットカードの郵送

審査の仕組みは、上記の通り。
これに加え、審査を受けるための必要書類を準備します。

必要書類などは「クレジットカードの作り方」で詳しく解説しているので、こちらを参考にしてみてください!

クレジットカードの審査で特に見られる3つのこと

クレジットカードの審査で特に見られる3つのこと

続いては、クレジットカードにおける審査の仕組みを紹介します!

結論を言うと、審査の仕組み (内容や基準) は各発行会社で異なります。
しかし、こちらも審査の流れと同様で仕組みのベースは基本的に一緒です。

ただ、各発行会社は審査の仕組みを明確に提示している訳ではありません。
そのため、仕組みについてはブラックボックスとなっている部分もあります。

ここでは、その仕組みで分かっていることを3つ紹介します。

その1:申請者の属性

その1:申請者の属性

クレジットカードの審査で重要視されているのは、申請者の返済能力。
この返済能力を判断するために調べる様々な情報のことを「属性」と言います。

要は、審査を受けるにあたって記入 (入力) する以下の個人情報が、ここでいう属性です!

  • 職業 (勤務先)
  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 家族構成
  • 住居状況

これらの情報をもとに、発行会社は申請者の属性を調査。
そのうえで、クレジットカードを発行するかの判断を行います。

その2:申請者の信用情報

その2:申請者の信用情報

信用情報とは、簡単に言ってしまうと「過去に行った金銭関連のやり取りをまとめたもの」です。

例えば、すでに別のクレジットカードを所持している人ならば、そのクレジットカードにおける返済履歴などが信用情報に掲載されています。

要は、信用情報を見ることで「返済を滞納したことがあるか」や「金銭トラブルを起こしたことがないか」といったことが分かる訳です。

もしも審査に通らない場合、この評価が悪いことが原因かも知れません。

その3:申請者の借入状況

その3:申請者の借入状況

申請者の借入状況も、クレジットカードの審査では重要な判断材料。
他社で借入を行っていれば返済能力が下がる訳ですから、審査では必ず見られます。

借入額が多かったり、また借入を複数に渡って行ったいたりすることもあるでしょう。
その場合、必ずではないにしろ審査に通りくくなる可能性はあるので、覚えておきましょう。

仕組みが分かっても必ず通る訳ではない!

仕組みが分かっても必ず通る訳ではない!

審査の仕組みを理解することは、とても大事です。
しかし、仕組みを理解しても審査に必ず通る訳ではありません。

なぜなら、審査の仕組みはベースが一緒であるだけで、発行会社ならびにクレジットカード毎に異なりますし、個人情報も申請者毎に違うからです。

あくまでも仕組みは仕組みであり、審査に通るための必勝法ではないので、仕組みの取り方を間違えないようにしましょう。

作りやすいとされるクレジットカードを選んでみては?

作りやすいとされるクレジットカードを選んでみては?

審査の仕組みを理解することは、通るための攻略法にはなりません。
しかし、審査に困っている人だと、どうしたら通るのか気になるかと思います。

そこでおすすめしたいのが、審査に通りやすいとされるクレジットカードの存在です!

当サイトでは、該当するクレジットカードの調査を行いました。
そのクレジットカードを以下で紹介しているので、仕組みだけでなくこちらも参考にしてみてください!

クレジットカード審査ランキング

タイトルとURLをコピーしました