審査なしのクレジットカードが存在しない【合否が甘いものを選ぼう】

「審査なし」のクレジットカードが1枚も存在しない!?

通常、クレジットカードを作るには審査があります。
これに不安のある人だと「審査なしのクレジットカードはないのか」と思うことでしょう。

結論をいえば、審査なしで作れるクレジットカードはありません。
ただ、不安を覚える人の悩みを払拭できる解決案はあります!

当記事では、審査なしのクレジットカードが1枚も無い理由、またクレジットカード作成における不安の解決案を紹介します。

審査なしのクレジットカードを探していた人は、必見です!

なぜ1枚も存在しないの?

冒頭でも述べた通り、審査なしのクレジットカードは存在しません。

なぜ、審査なしのクレジットカードが1枚も無いのか。
それは、発行会社がクレジットカード利用者の決済を肩代わりするからです。

ろくな審査もなしにクレジットカードを発行すれば、返済が滞る利用者も出てくることでしょう。

それでは発行会社にとって大きな痛手となるため、そのようなことが起こらないよう審査なしで作れるクレジットカードは無いのです。

家族カードを作るときも審査はある!

審査なしは、家族カードを作るときも同様です。
家族カードとはいえ、申請条件はありますし審査も行われます。

ただ家族カードの場合、審査対象となるのは申請者ではなく本会員 (親カード所有者) 。
申請者にも年齢など申請条件はあるものの、審査事態は本会員の個人信用情報をもとに行われます。

そのため、仮に申請者がブラックリスト者でも、本会員の信用情報が良質であれば審査に通る可能性は高め。

そういった意味では、家族カードの審査は「なし」ではありませんが「甘い」と言えるでしょう!

他の決済カードも活用してみよう!

審査なしで作れるクレジットカードは、存在しません。
しかし、クレジットカードと使い方が似ている以下の2枚なら、審査なしで作ることができます!

  • デビットカード
  • プリペイドカード

その1:デビットカード

デビットカードは、審査なしで作れる決済カードの1つ。
そして、クレジットカードとの違いは決済の仕組みにあります。

クレジットカードの決済は後払い式であり、こちらは即時決済式。
紐づけた預金口座を財布に見立て、決済での金額分が預金口座から即時引かれる仕組みとなっています。

審査なし以外の利点は、還元サービスがあったり使いすぎを防げたりする点。
対してデビットカードのデメリットは、預金口座以上の買い物ができないという点です。

ちなみに、審査なしですが作れるのは主に高校生になってから (16歳以上) 。
クレジットカードは18歳以上からなので、その点もデビットカードのメリットになります。

おすすめのデビットカードはこちら

その2:プリペイドカード

プリペイドカードも、審査なしで作れる決済カードです。

こちらは、前払い式の決済用カード。
事前に行われたチャージ分を決済で使用できる仕組みとなっています。

例えば、プリペイドカードに20,000円をチャージをすれば、その20,000円分を決済で利用できるというものです。

審査なし以外の利点は、作成するのに年齢制限がないこと。
クレジットカードやデビットカードには制限があるのに対し、こちらは特にありません。

審査に不安があり審査なしのクレジットカードを探している人も居ることでしょう。
そんな人は、年齢制限がなく審査なしで作れるプリペイドカードを検討してみるのもおすすめです。

おすすめのプリペイドカードはこちら

審査が甘いとされるクレジットカードランキング!

審査なしのクレジットカードはありませんが、審査が甘いとされるクレジットカードは存在します。

そのため、もし審査が不安であれば、そちらのクレジットカードを検討してみるのもいかがでしょう?

以下では、審査が甘いと評判のクレジットカードを紹介しています。
ランキング形式で分かりやすく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

クレジットカード審査ランキング

タイトルとURLをコピーしました