クレジットカードの審査は何を見るのか【落ちるポイントとは?】

クレジットカードの審査は何を見るの?

クレジットカードの審査は何を見るの?

クレジットカードの審査では何を見るのかを解説します!

クレジットカードを作るとき、必ず受けないといけないのが審査。
発行会社はランクなどは関係なく、どのクレジットカードを作るにも審査を受けないと作れません。

そのようなものだけに、何を見るのか気になる人も居るのでは?
実際に何を見るか知ることで、審査を有利に進められるかも知れません!

そこで今回は、クレジットカードの審査では何を見るのかを紹介します。

3つのことを重点的に見られる!

3つのことを重点的に見られる!

クレジットカードの審査では、何を見るのでしょうか?

結論をいえば、審査では様々なことを見られます。
その中でも、特に重要視され見られるのが以下の3つ。

  • 安定した収入を得ているか
  • 利用額の返済能力があるか
  • 住所や電話番号など連絡先

これらを見る理由は、発行会社がクレジットカードの利用額を立て替えるため。
発行会社は利用者の返済が滞ることがあると困るので、それを抑えるために上記の3つを見るのです。

ただ、これらは重要視されているものの、あくまでも大枠の一部に過ぎません。
実際の審査では、より細かいレベルで見るようにしており、多角的な判断のもと発行を合否を決めています。

何を見るかは申込書からも分かる!

何を見るかは申込書から確認からも分かる!

審査で何を見るかは、申込書を見れば分かります!
というのも、申込書の内容をもとに発行会社は審査を行うからです。

申込書の内容は、クレジットカードまたは発行会社によって異なります。
しかし、基本的には一緒であり、特別なクレジットカードでもない限り訊かれるのは以下の質問です。

  1. 氏名
  2. 年齢
  3. 職種
  4. 年収
  5. 勤続年数
  6. 職場の規模
  7. 住所
  8. 住居形態
  9. 居住年数
  10. 家族構成
  11. 借入の有無
  12. 借入額

これらを見ることで、発行会社は申請者における大体の素性を判断します。
そのため、上記について訊かれたときは、嘘偽りのないように申告しましょう。

審査はスコアリングによる加点方式で行われる!

審査はスコアリングによる加点方式で行われる!

上記では、クレジットカードの審査で何を見るかを紹介しました。
しかし、これだけだと「どのように見るか」までは、よく分かりません。

例えば、職業だと「無職と有職を確認するのか」それとも「職業の何を見るのか」といった疑問が浮かびます。
また「職業の何を見るのか」の場合、職業によって審査に何の影響があるかも気になることでしょう。

これを解決するために、クレジットカードでは「スコアリング」を審査に取り入れています!

これは、簡単に言うと加点方式を使用したシステム。
「○○なら△△点」といった基準を設けておき、出た点数の総合点から審査の合否を決めています。

上記でいえば「公務員△△点・医師□□点・無職○○点」といった感じです。
職業のみならず年収や住居形態など全てが点数化されており、総合的な判断のもと審査は行われます。

最低基準と合格基準は、発行会社ならびにクレジットカード毎に異なることも。
そのため、同じ申請者でも「作れる・作れない」といったクレジットカードが存在します。

個人信用情報も併せて確認される!

個人信用情報も併せて確認される!

クレジットカードの審査では、個人信用情報を見る決まりです!
個人信用情報とは、簡単にいうと「お金のやり取りに関する履歴」を指します。

例えば、あなたは今この記事をご覧になるため、通信費用を払っていることでしょう。
その通信費用の支払いに関するやり取りは、個人信用情報に反映されています。

毎月の支払いをキチンと済ませていれば良質な信用情報を積めていけますが、返済が滞ることがあれば悪い評価が高まっています。

この評価もクレジットカードの審査では見る決まりなので、信用情報が悪い結果だと審査に落ちてしまうことでしょう。

クレジットカードの審査ランキングも確認しよう!

クレジットカードの審査ランキングも確認しよう!

クレジットカードの審査で何を見るかは、上記の通り。

発行会社によって何を見るかは異なりますが、基本的には一緒。
ただ、スコアリングの点数や合格ラインは異なるので、審査の通りやすさに関しては差はあります。

もし審査が不安なら、クレジットカードの審査ランキングを見るのがおすすめ!
こちらで審査に通りやすいとされるクレジットカードを紹介しているので、ぜひご覧ください。

クレジットカード審査ランキング

タイトルとURLをコピーしました