クレジットカードの再審査に半年 (6ヶ月) も空けるべき理由とは?

クレジットカードの再審査に半年も待つべき理由とは?

クレジットカードの再審査に半年も待つべき理由とは?

クレジットカードの審査は、1度は落ちても再審査を受けることが可能。
この審査ですが、再び受け直すときは半年の期間を空けるべきと言われています。

なぜ、半年間も空けた方が良いのでしょうか?
すぐにでもクレジットカードを欲しい人からすると苦痛かと思います。

実は、これには待った方が良い明確な理由があります。
仮に半年を待たずしてクレジットカードを申し込むと、また審査に落ちてしまうことも。

今回は、1度は落ちたクレジットカードの審査に再び受けるとき、半年の期間を空けるべき理由を解説します!

どうしても欲しいクレジットカードがある人は、ぜひ参考にしてみてください。

半年も空けるべき2つの理由!

半年も空けるべき2つの理由!

クレジットカードの再審査に半年も待つ理由は、大きく分けて以下の2つあります。

その1:申請記録が残っているため

その1:申請記録が残っているため

1つ目の理由は、クレジットカードを申請したとき、その「申請記録」が信用情報機関に登録されるからです。

この申請記録が記載された信用情報は、審査のときに発行会社が必ず確認する代物。
それに申請記録が記載されていれば「再審査である」となる訳ですから、また落ちる可能性が高いのです。

そして再審査に半年も空けるのは、この申請記録の登録期間が半年のため。
実際に信用情報機関の登録情報を見ると、以下のように半年なのが分かります。

  • 申込情報
    • クレジットやローンの新規申込みにおける支払能力を調査するため、加盟会員が照会した事実を表す情報
  • 保有期間
    • 照会日より6ヶ月間

参照:CICが保有する信用情報

半年は登録情報が消えることは無いので、再審査は半年の期間を空けるのがおすすめです。

その2:返済能力や信用情報が変わりにくいため

その2:返済能力や信用情報が変わりにくいため

2つ目の理由は、申請者の返済能力や信用情報が簡単には変わらないからです。

そもそも、審査で合否の判断材料となるのは「年収・勤続年数・借入額」など。
これらは即日で変わるものではないため、すぐに再審査を受けても1回目の審査と変化がなければ落ちやすいです。

実際、これを理由に半年の期間を空けるよう促している発行会社も少なくありません。

前回のお申込日より6ヶ月以上経過している場合、再度お申し込みいただけます。
ただし、カードの発行に際しては弊社の所定の審査があるため、ご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

参照:よくある質問

以上の理由から、すぐに再審査を受けるのは止め半年は空けるようにしましょう。

半年後も落ちてしまう人の特徴とは?

半年後も落ちてしまう人の特徴とは?

半年の期間を空けても、審査に必ずしも通る訳ではありません。

では、なぜ審査に通らないのでしょうか?
ここでは、その通らないと思われる理由を紹介します。

その1:初審査のときから何も変わっていない

その1:初審査のときから何も変わっていない

1回目の審査を受けたときと何も変わっていなければ、審査に通る可能性は低いです。

ここでいうと「変わるもの」とは、「年収・借入額・信用情報」など。
変化が無い以上、半年前に不合格の結果が出ている訳ですから、再審査で通る可能性は低めです。

再審査を受けるときは、半年の期間も大事ですが、何が変わったかも忘れず確認しましょう!

その2:申し込むクレジットカードが合っていない

その2:申し込むクレジットカードが合っていない

そもそも、申し込むクレジットカードが合っていないケースも考えられます。

最も多いのは、ランクの高いクレジットカードを申請しているケース。
分かりやすい例を挙げると、学生がゴールドクレジットカードを申し込む場合、これに当てはまります。

返済能力を鑑みたとき、それに見合うクレジットカードでなければ、半年の期間は関係なく審査に落ちる可能性は高め。

こういった場合、他のクレジットカードの変更を検討されることをおすすめします。

審査が甘いとされるゴールドクレジットカードも、実は存在します。
甘い審査と思われるゴールドクレジットカード」で紹介しているので、ぜひご覧ください。

審査が甘いと思われるクレジットカードを紹介!

審査が甘いと思われるクレジットカードを紹介!

再審査を受けるときは、最低でも半年は待ちましょう。

しかし、返済能力や信用情報に変化が無い場合、再審査を受けても通らない可能性があります。

そのときは、変化するのを待ってから申し込むのがおすすめです。

それまでは、審査の通りやすいクレジットカードを利用してはいかがでしょう?
以下で紹介しているので、気になる人は参考にしてみてください。

クレジットカード審査ランキング

タイトルとURLをコピーしました