クレジットカードをグレードアップするときの審査【通過の秘訣とは?】

クレジットカードのグレードアップ時は審査がある!

クレジットカードのグレードアップ時は審査がある!

クレジットカードには、基本的に4つのランクがあります。

このランクは、例えば「一般⇒ゴールド」に後から変更することが可能。
ただし、グレードアップするときもクレジットカードの発行と同様に審査があり、それに落ちれば行えません!

当記事では、このグレードアップ時の審査について解説します。

  • 審査に落ちやすい人とは?
  • 審査に通りやすくするコツとは?

といったことを解説するので、クレジットカードをグレードアップしたい人は参考にしてみてください!

審査に落ちやすい人の特徴とは?

審査に落ちやすい人の特徴とは?

すでにクレジットカードを持っていても、グレードアップの審査に落ちることはあります。

そんな審査に落ちてしまう人は、どのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、審査に通りにくい人の特徴を3つ紹介します!

  • 申請条件を満たしていない
  • クレジットヒストリーが悪い
  • 多重申請の経験が半年以内にある

その1:申請条件を満たしていない

その1:申請条件を満たしていない

大前提として、クレジットカードの申請条件を満たしていないと審査は落ちることでしょう。

各クレジットカードには、審査を受けるための申請条件があります。
例えば「三井住友カードゴールド」の申請条件は以下の通り。

原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
※ゴールド独自の審査基準により発行させていただきます。

参照:公式サイト

申請条件がある以上、これを満たずしてグレードアップはできません。
もちろん、必ずではないですが、掲げている以上は審査に落ちる可能性が高いです。

まずはグレードアップするクレジットカードの申請条件が何か、審査の前に確認するところから始めましょう!

その2:クレジットヒストリーが悪い

その2:クレジットヒストリーが悪い

クレジットヒストリー (以下:クレヒス) が悪いと、グレードアップの審査に落ちることがあります。

ここでのクレヒスとは、簡単に言うとクレジットカードの利用実績
例えば、クレジットカードの返済実績はクレヒス (利用実績) に当たります。

仮に返済が遅れることがあると、クレヒスとしては悪い評価が与えられます。

当然ながら、悪評の多い人にグレードアップの審査を通す発行会社はありません。
むしろ、グレードアップの審査で利用実績を鑑みて、契約解除や強制解約に繋がることも。

そのため、もしも過去の利用実績に問題がある人は、クレジットカードをグレードアップする機会を見直す方が良いでしょう。

その3:多重申請の経験が半年以内にある

その3:多重申請の経験が半年以内にある

多数のクレジットカードに申し込んだ経験があると、グレードアップの審査に落ちるかも知れません。
というのも、「複数枚のクレジットカードを申請する人」は「金策に困っている人」という判断ができるからです。

要は「返済能力に欠けるのでは?」と思われるかも知れないということです。

クレジットカードの申請記録 (*1) は、信用情報機関に半年は登録されるもの。
(*1) 審査のときに必ず見られるもの。

そのため、過去に多数の申請経験がある人は、半年の期間を空けてから審査を受けるのがおすすめです。

グレードアップを行える秘訣とは?

グレードアップを行える秘訣とは?

絶対とは言えませんが、グレードアップの審査に通る確率を上げる方法があります。

ここでは、その方法を3つ紹介するので、クレジットカードをグレードアップするときに役立ててください!

  • クレジットヒストリーで良い評価を積む
  • 同会社のクレジットカードを作る
  • クレジットカードを適度に使う

その1:クレジットヒストリーで良い評価を積む

その1:クレジットヒストリーで良い評価を積む

上述した通り、グレードアップの審査ではクレヒスを見ます。
そのクレヒスが悪い評価だと、クレジットカードのグレードアップはできないでしょう。

そのため、クレジットカードの利用は普段から気を付けなくてはいけません。
ただ、クレジットカードに関しては、当然の利用を心掛ければ自ずと良いクレヒスを積めます。

  • 返済を滞納しない。
  • 借入額を増やさない。
  • 決済手段は一括払いにする。

上記のことを守り、良いクレヒスを積めるようにしましょう!

その2:同会社のクレジットカードを作る

その2:同会社のクレジットカードを作る

グレードアップは、同社のクレジットカードを選ぶのが効果的!

例えば「三井住友カードクラシック」を所持している人は、「三井住友カードゴールド」へのグレードアップです。

下位のクレジットカードで利用実績を積むと、優良顧客と思われます。
その評価がグレードアップの審査に反映されるため、同社のものが良いのです。

グレードアップするときは、同社の上位ランクが何か確認してみてください!
また、将来的にグレードアップを見越して、下位ランクのクレジットカードを作るのもおすすめです。

その3:クレジットカードを適度に使う

その3:クレジットカードを適度に使う

クレヒスで悪い評価を積まないために、発行したクレジットカードを使わないという方法があります。

しかし、これはこれで審査のマイナス評価に繋がるので注意!

発行会社にとって、クレジットカードは使われないと利益が生まれません。
そのため、利用実績がないと優良顧客にはなれませんし、下手すれば更新解除となることも。

利用してこそ意味があるので、返済滞納とならない程度に使うことを心掛けましょう。

事前にクレジットカード情報を調べよう!

事前にクレジットカード情報を調べよう!

グレードアップで最も多いのは、一般からゴールドのアップ。

このとき、グレードアップなので同社のクレジットカードを作るべきですが、それが良くない性能のものだと困ることでしょう。

そこで、グレードアップの前に人気のゴールドクレジットカードを調べておくことをおすすめします。

こちらで人気のクレジットカードを紹介しているので、掲載されていればグレードアップを、そうでなければ新規発行を検討してみてはいかがですか?

ゴールド比較ランキング

タイトルとURLをコピーしました