中学生でも分かる!クレジットカード決済の仕組み

カード決済の仕組みについて解説!

クレジットカードの支払いの仕組み

社会人であれば一人一枚は持っていることが当たり前になりつつあるクレジットカード。
オンライン決済、店舗でのキャッシュレス決済などスマートに使えるというメリットがクレジットカードにはあり便利ですよね。

しかしクレジットカードを使う以上、決済の仕組みについて知っておくに越したことはありません。
仕組みをしっかり理解しないままクレジットカードを利用していると、思わぬ落とし穴に嵌ってしまうかもしれないのです。

ここでは、クレジットカードを持つ際に絶対に知っておきたい決済の仕組みについて解説します。

支払いの仕組みについて解説

画像:クレジットカード決済の仕組み①

ではさっそく、カード会員がクレジットカードを使った時の決済の仕組みについて解説していきます。

① カード利用者がお店からサービスを購入

利用者がお店でサービスを購入する際にクレジットカードを利用した場合、その場では現金のやり取りが発生しません。

店舗側ではクレジットカードをスキャンし、利用者の情報と利用額を保管します。
そして利用者は目的のサービスを手に入れることができます。

② お店からカード会社へサービス料金を請求する

サービスを提供したお店は、そのサービス料金を利用者のカード決済を担当しているカード会社に請求し、料金を受け取ります。

ほとんどのクレジットカード会社は毎月利用者から徴収している利用額から、先払いという形でお店にサービス料を支払います。

③ カード会社から利用者にカード利用分を請求する

その後、クレジットカード会社は利用者がカードで決済を行った利用分を1ヶ月まとめて請求し、銀行口座からの自動引き落としで処理が完了。

通常どこのカード会社も、都度都度ではなく1ヶ月分の決済をまとめて行います。
これらの仕組みを繰り返していくことで、クレジットカードの決済サイクルが回っているのです。

カード会社はどうやって利益を得るのか

画像:クレ時とカード会社の決済での利益

さて、ここまで見るとカード会社はただカード利用者の支払いを代行しているだけのように思えますよね。
しかし、それだけではカード会社が行っていることがただのボランティアとなってしまいます。

クレジットカード会社は、提携しているお店からクレジットカード支払いの導入手数料をもらうことで利益を得ています。

お店側からすれば、クレジットカード支払いを導入することでお客さんにとっての利便性が高まり、顧客増加につながります。
またカード決済が存在すると大きな額の商品を購入しやすくなるので、高額商品が売れやすくなるというメリットもあるのです。

プラスチックのカードで物が買えるのは信用があるから

画像:クレジットカード決済の仕組み②

クレジットカードは、単体で見れば現金でもないただのプラスチックでできたカードです。
本来であれば、お店でプラスチックのカードを見せただけでサービスがもらえるなんてことはできません。

何故ただのプラスチックのカードで決済が成り立つのかというと、そこにはカード会社の信用(=Credit)が存在するからです。

カード会社は、消費者が利用したサービス料を必ずお店に払う事を約束しているため、お店とカード会社間に信用がつくり提携関係を結びます。
そしてカード会社は支払い能力のある社会人だけをカード利用者にするため、お店に対して「このカードの利用者は支払いがしっかりできる人だ」ということを証明してくれるのです。

クレジットカードに審査が設けられているのも、利用者がしっかりと支払わないとカード会社もお店に支払えなくなり、3者間の信用が成り立たなくなるからなのです。
カード会社が信用関係を明白にしているからこそ、クレジットカードの決済の仕組みが成り立っているといえます。

ここまでわかれば初心者卒業!

画像:クレジットカード決済の仕組み③

ここまで読んでいただけた方はもう、カード会社はどのように設けているのか?仕組みはどうなっているのか?というクレカ決済の仕組みに関する疑問を解消できたはず。
また、クレジットカードの名前の由来についても納得できたことと思います。

とはいえまだまだクレジットカードについて詳しくないことがある…そうお思いの方は、クレジットカードの情報各種比較情報などを掲載している当サイトをご覧ください。
初心者向けの情報もたくさん掲載しています。

クレジットカード比較情報

未分類
クレジットカード比較おすすめ.net|日本一やさしいクレカ情報サイト