クレジットカードのセキュリティコードとは【記載箇所と安全性を解説】

セキュリティコードはクレジットカードのどこに記載?

セキュリティコードはクレジットカードのどこに記載?

「セキュリティコードを入力してください。」

ネットショッピングで買い物をするとき、このような質問をされます。
もしこの質問をされたら、クレジットカードのどこを見れば良いのでしょうか?

当記事では、クレジットカードのセキュリティコードとは何かを紹介。
「掲載箇所」や「取り扱い方法」も解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

セキュリティコードとは?

セキュリティコードとは?

セキュリティコードとは、クレジットカードにおけるセキュリティ対策の1つ。
ネットショッピングやスマホアプリでの決済時、相手側から訊かれるものです。

どこで見れば分かるかというと、クレジットカードの券面に載っています。
ただ、国際ブランド毎に「掲載箇所・使用桁数」が異なるので注意 (詳細は後述) 。

セキュリティコードには別名があり、以下の形で訊かれることもあります。

略称正式名称
CVVCard Verification Value
CV2Card Verification Value
CVCCard Verification Code
CIDCard Identification Number

あくまでもセキュリティコードを訊かれているので、この形でも入力すべきは後述しますセキュリティコードでOKです!

セキュリティコードの掲載箇所と桁数を国際ブランド別に紹介!

セキュリティコードの掲載箇所と桁数をを国際ブランド別に紹介!

セキュリティコードの「掲載箇所・使用桁数」を紹介します。

上述した通り、掲載箇所と使用桁数は国際ブランド毎に異なります。
各ブランドにおける掲載箇所と使用桁数は、以下の通り!

国際ブランド掲載箇所使用桁数
VISA (ビザ)裏面・署名欄3桁
Mastercard (マスターカード)裏面・署名欄3桁
JCB (ジェーシービー)裏面・署名欄3桁
Diners Club (ダイナースクラブ)裏面・署名欄3桁
American Express (アメリカンエキスプレス)表面・中央右4桁

それぞれの特徴について、分かりやすく解説します!

国際ブランドは、クレジットカードの券面右下を見れば確認できます。

VISA / Mastercard / JCB / Diners Club

VISA / Mastercard / JCB / Diners Club

  • 掲載箇所:券面裏の署名欄
  • 使用数字:下3桁

掲載箇所は、クレジットカードの裏面にある署名欄。
そして、使用するのは記載された数字の「末尾3桁 (下3桁)」です。

「末尾3桁」というのは、クレジットカードにより記載される数字の数が異なるため。
7桁など記載のクレジットカードもありますが、使用するのは下3桁なので、求められたら下3桁を入力しましょう!

American Express

American Express

  • 掲載箇所:券面表の中央右側
  • 使用数字:4桁

掲載箇所は、クレジットカード表面の中央右側。
そして、使用する数字の数は「4桁」となっています。

「American Express」のクレジットカードだけ、掲載箇所も使用数字も異なります。
こちらのクレジットカードを使用する人は、セキュリティコードを訊かれたときの確認を間違えないようにしましょう!

3~4桁の数字でクレジットカードの悪用を防げる理由とは?

3~4桁の数字でクレジットカードの悪用を防げる理由とは?

セキュリティコードの正体は、券面に記載の3~4桁の数字。
これで本当にセキュリティを強化できるのか、心配な人も居ることでしょう。

このセキュリティコードですが、スキミングという詐欺から守ってくれています。

スキミングとは、特殊な機械でカード情報を盗み偽造カードを複製される詐欺のこと。
磁気情報を盗まれることで、知らぬ間にクレジットカードを悪用されてしまうのです。

ただ、セキュリティコードは券面に記載されている他、磁気情報に含まれていません。
そのため、特殊な機械を用いても読み取ることができず、スキミングを防げるのです!

実際、経済産業省でもセキュリティコードの重要性は高いと判断しています。

ネット取引(EC 加盟店)等でのなりすましによる不正使用を防止するため、事業者の業種や商材に応じ、本人認証(「3D セキュア」)やセキュリティコード等を始めとした多面的・重層的な対策を講じる。

参照:クレジットカード取引のセキュリティ強化について – 経済産業省

このように、セキュリティコードはクレジットカードの悪用を防ぐためにも、無くてはならない存在なのです!

取り扱い方で大事な2つのポイントとは?

取り扱い方で大事な2つのポイントとは?

セキュリティコードは、取り扱いに注意しないといけません。
なぜなら、下手に扱うとクレジットカードを悪用される危険があるからです。

ここでは、セキュリティコードの取り扱い方について2つのポイントを紹介します!

  1. 第三者に教えてはいけない
  2. セキュリティコードを狙う詐欺に注意

その1:第三者に教えてはいけない

その1:第三者に教えてはいけない

当然ながら、他人にセキュリティコードを教えてはいけません。
セキュリティコードだけでなく、クレジットカードに関する情報は全て同様です。

クレジットカードは、本体がなくても券面のカード情報で買い物できる代物。
そのため、セキュリティコード含めカード情報を第三者に教えるのは「不正利用OKです!」と言っているようなものです。

ときどき、クレジットカードを発行できた嬉しさで、SNSやネット上にカード情報を載せる人が居ます。
こうした過失での不正利用は補償されないため、被害額を全て支払うことになるので注意。

「親・恋人・友人」といった信頼できる相手でも、クレジットカードを貸したり、安易にクレジットカード情報を教えたりするのは止めましょう。

忘れないためとはいえ、写真やメモで残す人も居ます。
こちらも大変危険なので、行わないように注意しましょう。

その2:セキュリティコードを狙う詐欺に注意

その2:セキュリティコードを狙う詐欺に注意

ネットショッピングをするときは、セキュリティコードを問われます。
それを逆手に取ってセキュリティコードを盗む「フィッシング詐欺」には注意しなくてはいけません!

フィッシング詐欺とは、クレジットカード情報が必要というメールを不特定多数に送り、メールに記載の偽サイトへ誘導し、カード情報を入力させて盗む詐欺のこと。

これに引っ掛かると、セキュリティコードを始めクレジットカード情報を全て盗まれてしまうため、不正利用に使われてしまいます。

一応は補償が利くので、利用明細書に使途不明の決済があれば発行会社に相談すること。
また、デザインやURLが怪しげなサイトは避けたり、知らないメールに記載のリンクを踏んだりしないようにしましょう。

クレジットカードのセキュリティ事情も学んでおこう!

クレジットカードのセキュリティ事情も学んでおこう!

セキュリティコードについてまとめると…。

  • 掲載箇所と桁数は、国際ブランドで異なる。
    • 「Amex」は券面表の中央右にある4桁の数字。
    • 「Amex以外」は券面裏の署名欄にある下3桁の数字。
  • セキュリティコードを他人に教えてはいけない。
  • フィッシング詐欺には気を付ける。

セキュリティコードは、万全な悪用防止施策ではありません。
クレジットカードの券面を見れば誰でも分かるものなので、扱いには十分に気を付けましょう。

セキュリティコードを始め、クレジットカードの安全対策は知っておいて損はありません。
もしクレジットカードにおける安全対策や詐欺被害を知りたい人は、「クレジットカードのセキュリティ事情」で解説しているので、そちらをご覧ください。

また、最新のクレジットカード情報が以下にまとめているので、こちらも参考にしてみてください!

クレジットカード情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました