法人カードを導入するリスクについて!安全な管理方法を紹介!

法人カードの導入にはどんなリスクがある?回避する方法は?

法人カードの導入のリスク

法人カードを導入すれば、経費の精算事務処理の管理を簡略化することが可能。
ひいては、ビジネスの効率化に貢献してくれます。

ただ、法人カードを利用することに、何のリスクもないのか気になる方も居るのではないでしょうか?

実は、法人カードには、利用に伴ってリスクが生じることもあります。
例えば、法人カードの管理を怠ってしまうと、不正利用であったり盗難・紛失であったりのリスクがあるかもしれません。
なので、法人カードを導入すれば、どんなリスクが伴い、どのように対処できるのか事前に知っておく必要があります。

そこで今回は、法人カードを導入する際に知っておくべきリスクについて解説。
法人カードの利用で起こりうるリスクの回避方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

法人カード導入のリスク2つを要確認!

法人カードを持つということは、不正利用されるというリスクを伴うことになります。
まずは、法人カードを利用する上でのリスクである、不正利用のケース2つを紹介します。

不正利用その1:従業員がプライベートで利用してしまう

私用されるリスク

法人カードは原則、券面に記載された名義人以外の方は使用できません。
紛失や盗難に遭ったとしても他の人は使用できませんし、仮に使われたとしても補償を受けられます。

ただしそれは、名義人が「法人カードをいくらでも使える」というリスクがあることも意味します。
なぜ「リスク」なのかといえば、法人カードを渡された従業員がトラブルを起こしても、基本的に支払い責任は代表者側になるからです。

例えば、従業員がプライベートで法人カードを使ってしまい、引き落とし口座の残高が足りなくなったとします。
その場合でも、法人カードの支払い責任は契約時の代表者が背負うようになっています。

しかもそういったことが何度も続くようであれば、法人代表者のクレヒス(利用履歴)に傷がつくリスクもあるのです。

不正利用その2:紛失・盗難による悪用

盗難・紛失のリスク

もう1つのリスクとして考えられるのが、法人カードが紛失や盗難に遭って不正利用されるというケースです。

これは、個人のクレジットカードでも同様のリスクが伴います。
しかし、法人カードは限度額を高く設定できることが多いため、早急に対応しないと多額の不正利用といったリスクを許してしまうことにもなります。

もし、万が一法人カードの紛失・盗難に遭ってしまった時は、一刻も早く発行会社に不正利用であることを証明しなければいけません。
そうすれば、不正利用だと認められた被害額は補償されます。

以下にて、法人カードの紛失・盗難に気づいたときの対応方法についてまとめています。

  1. 発行会社に紛失、または盗難にあったことを伝え、法人カードの利用停止を行う
  2. 警察署に行って遺失届、または被害届を提出する
  3. 警察署から発行された届出番号を発行会社に伝える

上記の手順を踏むことで、「発行会社から不正利用が補償されない」というリスクは避けられます。

過去に私も個人のクレジットカードが入った財布を紛失してしまったことがあります。
その際は、発行会社に連絡して利用停止を伝え、警察署で遺失届を出して、早急に対応ができたため被害が最小限に済みました。

もしも、法人カードを不正に使われてしまっても、不正利用であると証明できなければ支払い義務があるのは利用者側です。
そのため、不正利用が発覚した場合は、被害拡大のリスクを避けるために迅速に対応するようにしましょう。

不正利用などを回避するためには?

不正利用のリスクを回避するためには

法人カードは管理を徹底することにより、紹介したリスクを回避することが出来ます。
そのためにはまず、リスクを避けるうえで法人カードを誰がどのように利用するのか、社内ルールを見直すことが絶対条件です。

法人カードの管理方法を以下にまとめています。

  • 利用する用途・社員を限定する
  • 証明書の提出を義務付ける
  • 紛失・盗難の対処法を徹底する
  • ポイント・マイルについてもルール化する

法人カードを導入する際は、利用する用途や社員を限定するようにしましょう。
例えば、法人カードを渡すのは信頼できる役職の方のみと限定し、さらに利用目的も「ネットでの備品購入のみ」・「交通費のみ」といったように決めておきます。
そうすれば、法人カードの利用履歴を確認したときに、簡単に不正利用していないか把握できるため、リスクを抑える事ができます。

また、レシートや領収書など、法人カードの利用を証明できる書類の提出を求めるようにしましょう。
証明書があれば、不正利用などのリスク発覚に役立つのはもちろんのこと、経費処理にも役立ちます。

さらに、紛失・盗難時の対処法をマニュアル化しておくことをおすすめします。

先ほどもお話しした通り、紛失・盗難時はリスク拡大を防ぐために、素早い対応が不可欠です。
社内にて、「紛失・盗難時のマニュアル」といったものを作成しておけば、万が一の際にも素早く対応できることでしょう。

そして、法人カードで貯めたポイントやマイルについてもルール化しておいてください。
例を挙げると、法人カードで獲得したポイントは、誰に所有権があるのか明確化しておくことにより、ポイントの不正利用といったリスクを回避できます。

もし、社員の方が不正に獲得ポイントを使用したとしても、法律上は何の問題もないため罪に問うことが出来ません。
そういったリスクを防ぐためにも、ポイントに関するルールを作成しておき、法人カードを巡るトラブルが起きないようにしましょう。

セキュリティ万全の1枚はこれ!

安全性抜群の1枚はこれ!

今回、万全のセキュリティ性を誇る法人カードとして紹介するのが、「オリコExGold for Biz」です。
この法人カードには、不正利用等のリスクを最小限に抑えられるサポートサービスが付帯しています。

そのサポートサービスとは、24時間年中無休で対応してくれる「紛失・盗難受付ダイヤル」というもの。
万が一、オリコExGold for Bizが紛失・盗難の被害に遭ったとしても、上記のサポートデスクに連絡することによりリスクを最小限に抑えられます。

また、もし不正利用が発覚したとしても、被害金額は60日前までさかのぼり補償を受けることが可能。
きっと多くの方が、60日もたたずとも不正利用等のリスクに気付けると思うので、基本的には被害金額の補償を受けることができるでしょう。

ポイント還元率が非常に優れていたり、接待で大活躍するサービスが付帯していたりとコスパ最強の呼び声高いオリコExGold for Biz。
下記のページにて、この法人カードの魅力を紹介しているので、不正利用等のリスクを最小限に抑えられる1枚を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

オリコEXGold for Bizの詳細

管理を徹底して賢く利用しましょう!

今回は、法人カードを導入するにあたって、起こりうるリスクについて解説しました。
リスクを最小限に減らすためにも、社内ルールの構築は徹底しておくようにしましょう。
そうすれば、どんな法人カードを導入しても、不正利用等のリスクは抑えられるはずです。

そこで、どんな法人カードが自分に合っているのか知りたくなった方もいることでしょう。
法人カードの特徴は非常に多様です。
なので、しっかりと法人カードを比較しなければ、あなたにマッチした1枚を選び抜くことはできません。

もし、法人カードを比較して導入したいなら、当サイトを参考にしてみてください。
当サイトでは、数ある法人カードを用途別に徹底比較しています。
自身が法人カードに何を求めるのか洗い出してから比較すれば、きっとあなたが求める1枚に出会えることでしょう。

法人カードを比較してみる

タイトルとURLをコピーしました