クレジットカードの「リボ払い」とは?【計算方法や失敗談も紹介】

クレジットカードのリボ払いとは?

クレジットカードのリボ払いとは?

クレジットカードにおける決済手段の1つ「リボ払い」。
何かと悪い噂を聞くだけに、絶対に利用しないクレジットカード保有者も少なくないでしょう。

確かにリボ払いで失敗する人は多く、利用しないに越したことはありません。
ただ大事なのは「仕組みの理解」であり、誤った利用をしなければクレジットカードの便利な決済手段でもあります!

そこで当記事では、クレジットカードのリボ払いとは何かを解説します。

  • リボ払いの仕組みとは?
  • 手数料の計算方法とは?
  • どんなメリットがあるの?

といった疑問を持つクレジットカードの利用者は、ぜひ参考にしてみてください!

リボ払いとは「返済額が固定の決済方法」

リボ払いとは「返済額が固定の決済方法」

リボ払いとは、月々の返済額が固定された (設定した) 額になる決済方法のこと。

例えば、毎月の返済額を10,000円に設定したとしましょう。
そうすると、仮に利用額が50,000円でも返済日に返すのは10,000円となります。

残った40,000円は翌月の返済日に同じく10,000円、さらに残った30,000円は…
というように、残金を全て返し終わるまで設定額を返済し続けます。

この返済額は、各クレジットカードで決まっていたり、あなたが選べたりします。
また最低返済額が決まっているクレジットカードは多く、大抵は5,000円~10,000円になります。

ちなみに、分割払いとの違いですが、分割払いは「返済回数」に対し、リボ払いは「返済金額」を決められるところが異なります。

なぜ悪い噂が横行しているの?

なぜ悪い噂が横行しているの?

リボ払いが危険視されているのは、手数料が掛かるからです。

先ほどの例でいうと、毎月の返済額は10,000円と解説しました。
しかし、実際には手数料が掛かるため、返済額は「10,000円+手数料」となります。

リボ払いで怖いのは、この手数料 (実質年率) が高いため。
多くのクレジットカードは実質年率を「18.0%」としており、これにより返済額が高額になってしまうのです。

仮に50,000円の利用額に対し、実質年率18.0%のクレジットカードで毎月10,000円の返済を試みた場合、手数料は「2,077円」になります (計算方法は後述) 。

これだけを見れば、返済に困るほどではないでしょう。

しかし、手数料の計算には「借入額」や「返済日数」が加味されるため、利用額が高額だったり返済期間が延びたりすると…。

実際、リボ払いの利用を誤り、返済額が13,029円も関わらず元金の減りは16円という体験をした人も居ます。

体験談

リボ払いの危険性は、金融庁でも呼び掛けているほど。
利用するにしても、必ず仕組みや計算式を理解してからにしましょう!

手数料の計算方法を解説!

手数料の計算方法を解説!

リボ払いの手数料を計算する方法を解説します!
計算方法は簡単で、以下の式に適当な数値を当てはめるだけ。

手数料=利用残高×実質年率÷365日×利用日数
※うるう年のときは366日で計算。

例えば、以下の条件でクレジットカードのリボ払いを利用してみたとしましょう。

利用日2021年1月1日返済日 (恒常)毎月20日返済日 (初回)2021年1月20日
利用残高50,000円返済額10,000円実質年率18.0%

この場合、返済スパンや掛かる手数料は以下になります。

回数返済額計算式手数料利用残高
1回目10,000円50,000円×18%÷365日×20日493円40,493円
2回目10,000円40,493円×18%÷365日×30日599円31,092円
3回目10,000円31,092円×18%÷365日×30日460円21,552円
4回目10,000円21,552円×18%÷365日×30日319円11,871円
5回目10,000円11,871円×18%÷365日×30日176円2,047円
6回目2,077円2,047円×18%÷365日×30日30円0円

※ひと月を30日として計算。

表から分かる通り、返済することで利用残高は減り、翌月の手数料に影響が出ます。

リボ払いを利用するときは、この計算式と表を参考に「何円の手数料が掛かるのか」を計算してみてください!

リボ払いの注意点とは?

リボ払いの注意点とは?

クレジットカードのリボ払いには、手数料の他にも注意点があります。

ここでは、その注意点を2つ紹介するので、ご覧ください!

その1:呼び名が異なることがある

その1:呼び名が異なることがある

発行会社にとって、リボ払いの利用者が増えるのは嬉しいこと。
というのも、一括払いと違い手数料が入る分、利益が増えるからです。

しかし、何かと悪いイメージの付いたリボ払いを利用する人は多くありません。
そこで行われているのが、リボ払いのイメージを改善する施策です。

よくあるのが、リボ払いという名前を各会社の独自名称に変えること。
これはフリマアプリとして人気の「メルカリ」からですが、リボ払いを「メルペイスマート定額払い」と謳い改善を図ろうとしています。

名称は違えど中身はリボ払いなので、利用すれば手数料が掛かります。
そのため、異なる名称を謳っていないか、気を付けるようにしましょう。

その2:初期設定に組み込まれているものがある

その2:初期設定に組み込まれているものがある

ここまでの話から、絶対にリボ払いをしないと誓う人も居ることでしょう。
そういった人は、以下のクレジットカードが存在することに気を付けるべきです。

  • 決済方法が「リボ払い」のみのクレジットカード
  • 初期設定が「リボ払い」であるクレジットカード

例えば「JCB CARD R」は、前者のクレジットカード。
大々的にリボ払いのみと銘打っているので安心ですが、こうしたクレジットカードも存在します。

仮に知らずして使った場合、リボ払いの手数料が膨れ上がっていることがあるので注意。

こうしたクレジットカードを選びたくない人は、各クレジットカードの決済手段 (決済方法) に「一括払い」の記載がないか、事前に確認しましょう!

リボ払いのメリットとは?

リボ払いのメリットとは?

悪いイメージの強いリボ払いですが、メリットもあります!

ここでは、リボ払いのできるクレジットカードのメリットを紹介するので、ご覧ください。

その1:性能が優遇されているクレジットカードが多い

その1:性能が優遇されているクレジットカードが多い

上述しました「リボ払い専用クレジットカード」ですが、実は性能やサービスの優遇されているクレジットカードが多いです。

というのも、ネガティブイメージのあるクレジットカードなので、利用者を増やすために一般的なクレジットカードより性能が良いのです!

例えば、先ほど紹介した「JCB CARD R」だと、ポイント還元率が2.0%もあります。
同社が発行する他のクレジットカードは0.5%が一般的だと考えると、その4倍も高い還元率は魅力的!

このように、リボ払い専用のクレジットカードは、他に比べて良性能のものが多め。
どれくらいの差があるか、申し込む前に見比べてみるのもおすすめです!

その2:毎月の返済額を抑えられる

その2:毎月の返済額を抑えられる

リボ払いとは、毎月の返済額を調整できる決済方法です。
そのため、返済額を抑えられたり、自身で決められたりするメリットがあります。

どうしても高い商品を購入したいとき、はたまた一括で購入するのは厳しいとき。
そんなとき、リボ払いなら多少の手数料は払いますが、返済額を抑えられるのでおすすめです!

おすすめの専用クレジットカードを紹介!

おすすめの専用クレジットカードを紹介!

ここでは、リボ払い専用のクレジットカードからおすすめの1枚を紹介します。

そのクレジットカードとは「P-one Wiz」という代物。
こちらのクレジットカードがおすすめの理由は、以下のメリットがあるからです。

  • 毎月の請求額から1%の自動割引。
  • 0.5%のポイント還元を受けられる。
  • リボ払いを一括払いに変更する方法がある。

「P-one Wiz」には、請求額の1.0%が自動で割り引かれるサービスがあります。
例えば、本来なら10万円の請求も、1.0%分を引いた99,000円が請求となる訳です。

また、これとは別に利用額に応じた0.5%のポイント還元サービスも付帯。
つまり、この2つを合わせると毎月1.5%もの恩恵を自動で受けられるのです!

さらに、リボ専用クレジットカードながらも「リボ払いをしない方法」も存在。
「ずっと全額コース」の設定をするだけで一括払いにでき、引いては一般的なクレジットカードと同様の利用ができます。

ちなみに、年会費は無料なのでコスパ面ではとても優れていると言えるでしょう。
このクレジットカードの詳細は以下で解説しているので、ぜひご覧ください!

このカードの詳細はこちら

一般的なクレジットカードはこちらから!

一般的なクレジットカードはこちらから!

リボ払いは、確かに注意すべき決済手段です。
しかし、仕組みを理解したうえで利用すれば便利な決済手段でもあります。

そのため、今回のことを覚えていただければ幸いです。

当記事では「リボ払い専用のクレジットカード」を紹介しましたが、クレジットカードは他にも紹介しています。

他のクレジットカードを見たかったり、クレジットカードに関する情報を知りたい人は、ぜひ当サイトを参考にしてみてください!

クレジットカードの最新情報!

タイトルとURLをコピーしました