クレジットカードの必要書類を紹介!作成や変更届に必須の資料とは?

クレジットカード作成時の必要書類、登録情報の変更届を紹介!

クレジットカードを作るとき、またクレジットカードの登録情報を変更するとき、必要書類を提出することがあります。

お金や個人情報を扱うクレジットカードだけに、準備は大変そうですよね?
しかし、実際に準備する必要書類は数点のみなので、そこまで大変ではありません!

今回は、そんなクレジットカードの作成や変更に必要な書類を解説します!
どのような資料が必要か、集めるときの注意点は何か、気になる方はぜひご覧ください。

作成時に必要な書類とは?

クレジットカードの作成に必要な書類は、発行会社によってバラバラ。
しかし、基本的には以下の3点が必要となることが多いです!

  • 身分証明書
  • 引き落とし口座
  • 引き落とし口座の銀行印

身分証明書は、顔写真の掲載された書類を用意しましょう。

もし顔写真の無い書類だと、顔写真の付いた書類が別途必要になります。
以下の身分証明書になら顔写真があるので、こちらを用意するのがおすすめです。

  • 運転免許証
  • パスポート:顔写真が印刷されたページ/住所記載の最終ページ
  • 健康保険証:氏名・生年月日・住所が記載されたページ
  • 住民票写し:6ヶ月以内に発行したもの

引き落とし口座は、クレジットカードの利用額を返済するのに必要です。
発行会社によっては、ネット銀行の口座を登録不可にしていることがあるので、事前に確認しましょう。

銀行印は、引き落としの許可をするために必要なので、こちらの用意も忘れずに!

未成年者は親の同意書がないと作れません!

クレジットカードは、18歳 (高校生不可) から作れます。
このとき、クレジットカードを作るのが未成年者の場合、必要書類に「親の同意書」が加わります!

親の同意書は、発行会社によって求められる形式が異なります。
例えば、用意される書類に親が署名することで同意を得たり、電話での連絡対応で確認を取ったりすることも。

そのため、同意書の作成に親が発行会社に赴くまではしません。
だからといって、同意書を偽造するようなことはしないようにしましょう。

クレジットカードは、その名の通り「信用」が大事なもの。
虚偽がバレると、クレジットカードが利用停止になる他、今後クレジットカードを作れなくなる可能性もあるので、同意書の偽造は絶対にしないようにしましょう。

登録情報を変更する際の届出とは?

「結婚して名義が変わった。」
「引っ越して住所が変わった。」

こうした理由で、クレジットカードの登録情報を変更したい方も居ることでしょう。
登録情報を変更する場合、発行会社によって方法が異なりますが、基本的には以下の2点で行えます。

  • 発行会社から変更届の必要書類を送ってもらう
  • ネットで手続きを行う

書類での変更手順は「必要書類の請求⇒必要事項の記入⇒返送」という流れ。
手間と時間が掛かるため、書類よりネットで手続きを済ましてしまう方がおすすめです!

クレジットカードを作ってみよう!

書類の準備は大変そうですが、申請や変更に必要な書類は多くありません。
また、意外と簡単に準備できるので、これを機会にクレジットカードを作られてはいかがですか?

当サイトでは、数多あるクレジットカードの詳細を紹介しています。
気に入る1枚が見つかる思うので、ぜひクレジットカード探しに役立ててみてください!

クレジットカードを探す

タイトルとURLをコピーしました