『リクルートカード』のメリットや特徴!1.2%もの高還元率クレカ

還元率1.2%!脅威の還元率を誇るリクルートカードを紹介

  • 年会費:永年無料
  • 審査①:本人または配偶者に安定継続収入のある18歳以上の方
  • 審査②:18歳以上の学生 (高校生不可)
  • ブランド:VISA / Mastercard / JCB

「高還元率のクレジットカードが欲しい!」
「ポイント交換が便利なクレジットカードはないかな?」

そんな悩みを持つ方には、リクルートカードがおすすめです。

リクルートカードのポイント還元率は、なんと1.2%!
クレジットカードの平均還元率が0.5%と言われているので、それと比較する2倍以上もあるのが分かります。

また、リクルートの系列サービス利用時は還元率がアップ。
例えば、ポンパレモールを利用するときは還元率が3%も加算されます!

このように、リクルートカードは非常に高還元率ながらも年会費は無料。
審査条件も簡単なクレジットカードなので、ぜひ検討してみてください!

リクルートカードの基本情報がこちら

リクルートカードは、年会費が永年無料のクレジットカード。
年会費が無料なので、学生・主婦・新社会人といった方にもおすすめです。

国際ブランドは「VISA / Mastercard / JCB」から選択が可能。
どれも日本国内で使うには困らないブランドなので、お好きなものを選ぶと良いでしょう。

ただし、選ぶ国際ブランドによって性能が多少異なるので、その点は注意(後述)。

では、そんなリクルートカードの基本スペックを確認してみましょう!

カード名リクルートカード
券面
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
発行対象本人または配偶者に安定継続収入のある18歳以上の方
18歳以上の学生 (高校生不可)
年会費永年無料
ポイントプログラム名リクルートポイント
ポイント還元率1.2%
海外旅行傷害保険最高2,000万円
国内旅行傷害保険最高1,000万円
ショッピング保険年間200万円
ETCカード年会費無料
家族カード年会費無料

業界屈指のポイント還元率を誇るクレジットカード!

リクルートカードの凄いところは、ポイント還元率が1.2%という点です!

通常、一般的なクレジットカードの還元率は0.5%~1.0%ほど。
1.0%で高いと言われているので、それと比較するとリクルートカードの還元率はかなり高いと言えます。

還元率以外には、ポイントをどのようにして獲得できるかも非常に重要。
リクルートカードの場合「月間総利用額」からの計算になるため、ポイントの取りこぼしを抑えることができます!

1.2%の還元率、そして月間総利用額からの計算…。
以上のことを踏まえると、リクルートカードはポイントを非常に貯めやすいクレジットカードなのです!

ポイントの有効期限は実質無期限!

クレジットカードのポイントが凄いのは、何も還元率だけではありません。
実は、ポイントの有効期限にも驚きの秘密が隠されています!

その秘密とは、リクルートカードのポイントは有効期限が延長されるタイプというもの。

通常、クレジットカードのポイントには有効期限が用意されています。
これはリクルートカードも例外ではなく、1年間の有効期限後に失効してしまう決まりです。

ただ、リクルートカードの有効期限は「新しくポイントを獲得した日をスタート日に切り替える」という仕様のため、有効期限を延長させることができます!

つまり、本来なら1年後にポイントは失効するところ、1年以内に新たなポイントを獲得すれば有効期限は延長され、半永久的に貯められるのです。

ポイントを失効する方が多いなか、リクルートカードなら有効期限を心配する必要がありません。
高還元率に加え失効の心配がない…、まさにポイントを貯めるのに適したクレジットカードなのです!

リクルートポイントはPontaポイントに等価交換できる!

いくらポイントを貯めるのが得意なクレジットカードでも、使い道が良くなければ意味がありません。
その点、リクルートカードで貯めたポイントの使い道は、良いものでおすすめです!

特に良いのが「Pontaポイント」への等価交換が可能なところです。

Pontaポイントといえば、様々なお店で利用できる便利なポイント。
例えば、Pontaポイントは以下のお店にて利用できます。

  • LAWSON (ローソン)
  • ケンタッキー・フライドチキン
  • GEO
  • JAL
  • 昭和シェル石油

これにより、リクルートカードで貯めたポイントの使い道に困ることは、基本的にありません。
貯めたポイントをしっかり消費できる、その点も含めておすすめのクレジットカードなのです!

「nanaco」「楽天Edy」へのチャージでポイントの二重取り!

「nanaco」や「楽天Edy」といった電子マネーのチャージ。
これをするときは、リクルートカードで行うのがお得です。

というのも、リクルートカードでチャージをすれば1.2%分の還元サービスを受けることが可能。
これに加え「nanaco」や「楽天Edy」を利用したとき還元分0.5%を合わせれば、1.7%の還元率を実現するからです!

チャージを行ううえで注意しないといけないのは下記の点。

  • ポイント加算の対象は月間30,000円分まで
  • 対象となる電子マネーは下記の通り
    • VISA / Mastercard
      • nanaco
      • モバイルSuica
      • 楽天Edy
      • SMART ICOCA
    • JCB
      • nanaco
      • モバイルSuica

上記から分かる通り、JCBブランドのリクルートカードにすると「楽天Edy」へのチャージを行えません。
そのため「楽天Edy」へのチャージを行いたい方は、国際ブランドが「VISA」か「Mastercard」のリクルートカードを選択しましょう!

系列店の利用時は還元率が大幅アップ!

リクルートカードは、系列のサービス利用時は還元率がアップします。
以下は、その一例です。

系列サービスポイント加算分
ホットペッパーグルメ予約確定人数×50P
HOT PEPPER Beauty+2.0%
ポンパレモール+3.0%

地味に嬉しいのが、ポイントは既存還元率1.2%に加算ということ。

例えば「HOT PEPPER Beauty」のポイント加算分を見てみると2.0%。
この2.0%と既存のものと合わせるので、還元率3.2%を実現するのです。

上記から分かる通り、リクルート系列のサービスは利用する方も多いはず。
その際、リクルートカードを使うと還元率の大幅アップが見込めるので、ぜひ使用してみてください!

リクルートカードの審査について

クレジットカードの審査はブラックボックスの話です
そのため、リクルートカードの審査が甘いか厳しいかは、正直なところ分かりません。

ただ以下の審査資格を見るに、リクルートカードの審査はそこまで厳しくないことが予想されます。

18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)。

参照:リクルートカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。

参照:リクルートカード|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

上記を見るに、リクルートカードは学生でも申し込むことが可能です。

学生というと、一般的には安定した継続収入を得ていない方が多め。
その方々でも申し込めるというクレジットカードなので、そこまで厳しくないことが予想できます。

以上のことから、そこまで不安がる必要のないことが分かったリクルートカード。
高還元率×年会費無料といったお得なクレジットカードなので、ぜひ検討してみてください!

TOP

タイトルとURLをコピーしました