クレジットカード払いで貰うレシートは保管しよう!管理方法も紹介!

クレジットカード払いで貰うレシートは重要!

クレジットカード情報

クレジットカード払いの際に貰うレシート、ゴミと思ってすぐ捨てていませんか?
このレシートですが、クレジットカード払いの際には結構重要なものになります。

クレジットカードは明細書で利用履歴を確認できますが、それが反映されるのは実際の購入日から数日後。

仮に、この買い物で二重決済や不正利用といった被害に遭っていた場合、それを確認するにはレシートが不可欠であるため、明細書と照らし合わす前に破棄してしまうのは危険なのです!

今回は、クレジットカード払いの際に貰うレシートの重要性、それから管理・保管方法について解説するのでご覧ください。

レシートは1枚、もしくは2枚貰う

クレジットカード情報

クレジットカードで買い物をすると、レシートは1枚もしくは2枚貰います。
1枚は購入した商品一覧が掲載された、いわゆる私たちが想像するレシートですが、もう1枚は「利用控え」というものになります。

利用控えには、通常のレシートのように購入した商品の細かい記載はされていません。
その代わり、購入したお店の名前、それから利用日や購入金額の他、クレジットカード情報が記載されています。

毎月送られてくる利用明細書との差異を確認するのにどちらも使うので、管理はしっかり行いましょう。

管理方法や保管期間はどうすればいいの?

クレジットカード情報

利用明細書が届くのは基本的に月に1度のため、レシートを管理するにも1ヶ月~2ヶ月ほど保管期間を設けなくてはなりません。

しかし、レシートは管理方法が悪いと印字された文字が薄くなり、消えてしまうことがあります。
そのため、保管期間中は丁寧に管理しなくてはいけません。

レシートを保管するときは、以下のように管理しておくと、明細と照らし合わすまで印字が消えるのを防止できます。

  • 印字されている面を内側にして2つ折りにする
  • 湿気が少ない冷暗所に保管しておく
  • 液体・熱・光に弱いので、それらから遠ざける

必要があれば「レシートのコピーを取る」といった方法もあります。
こうしておけば印字内容を長期保管できるので、大きな買い物をしたときはレシートのコピーは取っておいた方が良いですね!

ちなみに、このクレジットカード払いで貰ったレシートは、明細書との差異を確認するためにあるので、確認できたら破棄してしまってOK。

破棄するときは、レシートだけで悪用される危険性はありませんが、一応細かく裂いて捨てた方が良いでしょう。
特に利用控えの場合、クレジットカード番号の下4桁が記載されていることもあるので、上記の通り破棄してください!

明細書と差異があれば、クレジットカード会社に連絡しよう!

クレジットカード情報

レシートと明細書との間にもしも差異があれば、そのことをクレジットカード発行会社に連絡をしましょう。
発行会社への連絡は、クレジットカードの券面裏に電話番号が書いてあるので、そこに連絡をすれば大丈夫です。

差異だけならまだ良いですが、同じ取引が2回行われている二重決済や、購入していない商品が買ったことになっている不正利用といったことも起きている可能性はあります。

そのため、レシートと明細書を照らし合わせるときは、そのことも注意しておきましょう。

再発行することはできる?

クレジットカード情報

レシートを無くしたり汚してしまったりした場合、再発行ができるのか気になりますよね。

レシートの再発行は、レジの機械によって可能なものと不可能なものがあります。
お店によって置いてある機械は異なるので、一概に全てのお店でできるとは言えないです。

また、レシートの発行は会計のときのみというのが安全上一般的。
そのため、大抵のお店ではレシートの再発行を受け付けていないので、管理はキチンと行いましょう。

悪用される危険性はあるの?

クレジットカード情報

レシートだけで不正利用に遭うことはほとんどありません。

ただ、利用控えにはクレジットカード番号の下4桁だったり、ブランドだったりが掲載されているので、こちらの破棄するときは悪用にご注意ください。

仮にクレジットカードが悪用されていた場合は、クレジットカード発行会社にすぐ連絡を!
そのときの連絡対応や、補償を受けるにはどうすれば良いか…といったことについては、こちらの記事で詳しく解説しているので確認してみてください。

不正利用の手口・補償の受け方を確認する