クレジットカードを傷や汚れから守る「保護シール」はありますか?

クレジットカードの保護シールはありますか?

クレジットカードに深い傷や落ちない汚れが付くのは嫌ですよね。
お気に入りのクレジットカードにこのようなことがあれば、ショックを受ける方もいることでしょう。

そんな傷や汚れが付かないよう、クレジットカードを守る保護シールがあれば良いのですが、そのような物は売っているのでしょうか?

今回は、クレジットカードの保護シールの有無について紹介します。
保護シール以外でクレジットカードを守る方法も紹介するので、ご覧ください!

残念ながら基本的に保護シールはありません

保護シールについて

実は、クレジットカードを傷や汚れから守る保護シールというものはありません。
クレジットカードは磁気ストライプを使用するのですが、保護シールを張るとそれが利用できなくなる恐れがあるからです。

仮に代用できるシールがあったとしても、スライドを邪魔しない薄いもので、磁気ストライプ認証の妨げにならないものでないと、クレジットカードの読み込みに問題が出てしまいます。

ただ、クレジットカードを守る純正の保護シールはありませんので悪しからず。

保護ケースは存在する!

保護シールについて

保護シールはないですが、SuicaやPasmoといった「電子マネー用カードを保護するためのケース」は開発されています。

本来は「スキミング」という不正利用から保護するために開発された物ですが、これにクレジットカードを入れておけば、多少の傷や汚れからは保護できます。

ただ、クレジットカードを使うときに一々ケースから出したり、ケースの厚みで財布のポケットにクレジットカードが入らなかったりする問題が出るかも知れません。

フッ素コーティングをしてしまうのも手段の1つ

保護シールについて

汚れを防ぐのであれば、保護シールではなく、クレジットカードにフッ素コーティングをしてしまうのも良いですね。

フッ素コーティングとは、塗布することで、本来は耐水性のないものでも撥水・撥油加工にしてしまう優れもの!
決して安いとは言えませんが、Amazonで購入できる手軽さがあります。

クレジットカードはプラスチックでできており、またICチップも多少の耐水加工がされているため、洗濯した程度ならその後も問題なく使えるぐらいには水に強く作られています。
また、フッ素コーティングはプラスチック製品への影響がないとされているので、クレジットカードへの塗布は問題ないと思います。

しかし、これによる故障は当サイトで責任を負えませんので、行う際は自己責任でお願い致します。

クレジットカードは、簡単にお掃除できる!

保護シールについて

クレジットカードとは、手で触り、財布の中で擦れ、スキャン時に傷が付いて…と、使用していれば汚れるものです。
汚れるのは避けられない問題なので、クレジットカードを掃除する方法を知っておくと良いかも知れませんね!

上述した通り、クレジットカードをプラスチック製品であり、ICチップも加工が施されているので水に強いです。
そのため、汚れが目立つようなら水を吸ったタオルで軽く拭き取れば、意外にも汚れが簡単に落ちます!

ただし、この際に強い洗浄力を求め「除光液」を使うのは止めましょう!
というのも、除光液でクレジットカードを磨くと、署名欄が消えるなどの恐れがあるからです。

「また書き直せば良いのでは?」と思われるかも知れませんが、署名欄には不正利用を防ぐため、一度拭き取ると今後のクレジットカード利用ができなくなる仕組みが取られています。

そのため、除光液を使うと汚れが落ちるどころか利用不可となってしまうので、使わないようにしましょう。

深い傷・落ちない汚れが付いたら、再発行を検討しましょう

保護シールについて

ごく稀に、認識できないほどの傷や、落ちない汚れが付着することもあるのでしょう。
こういった場合、クレジットカードの利用が困難と認められれば、再発行を行ってくれます。

あまりにも状態が酷い場合は、クレジットカードの券面裏に書かれた電話番号へ連絡をしてみてください!

再発行をしている間だったり、傷や汚れが付いたクレジットカードしか持っていなかったりすると、クレジットカードによる買い物が一時できなくなります。
こうしたイレギュラーな事態に際し、クレジットカードを2~3枚持っておくと対処できますよ!

日本では、クレジットカードの平均所持枚数は2.7枚と、約3枚持つ方が多いです。
もしアナタの保有枚数が1枚なら、年会費無料のクレジットカードもあるので、これを機に1枚増やしてみてはいかがですか?

おすすめのクレジットカードを見る

未分類
クレジットカード比較おすすめ.net|日本一やさしいクレカ情報サイト