プロパーカードとは?クレジットカードや提携カードとの違いを徹底解説

「プロパーカード」とはクレジットカードの何なの?

あなたは、クレジットカードに「プロパーカード」という種類があることをご存知ですか?
クレジットカードを調べていると、もしかしたらこの名前を見たことがあるかもしれません。

では、このプロパーカードとは、いったいどのようなクレジットカードなのでしょうか?

そこで今回は、プロパーカードとはクレジットカードの何なのかを解説します。
プロパーカードに関する知識も身に着け、新たなクレジットカード作りの参考にしてみましょう!

プロパーカードとは?

プロパーカードとは、次のように「狭義的」と「広義的」な2つの意味があります。

狭義的国際ブランドに指定されている会社が直接発行するクレジットカード
広義的カード会社が国際ブランドに指定される会社と協力して、第三者の協力なく発行しているクレジットカード

狭義的なプロパーカードの例を挙げると、「JCB」や「American Express」が該当します。

この「狭義的」なプロパーカードに該当するのは、上記の2社と「Diners Club」のみ。
そのため、実は狭義的なプロパーカードは非常に数が少ないカードとないのです。

対して、広義的なプロパーカードの例を挙げると、「三井住友VISAカード」や「楽天カード」が該当します。
広義的なプロパーカードは非常にたくさんあるので、探してみると色々と見つかるかも知れません。

また、当然ながらプロパーカードに該当しないクレジットカードもあります。
その例を挙げると「楽天ANAマイレージクラブカード」や「ファミマTカード」といったクレジットカードが該当します。

国際ブランドとカード発行会社に加え、別の企業も提携して作られるクレジットカードのことですね。
このようなクレジットカードのことを、プロパーカードではなく「提携カード」と呼びます。

ここまで、狭義的・広義的なプロパーカードと、提携カードの説明をしました。
ちなみに、場合によっては「広義的なプロパーカード」も提携カードと呼ぶこともあるので、ご注意ください。

提携カードとの違いとは?

プロパーカードと提携カードには、どのような違いがあるのでしょうか?
ここでは、狭義的なプロパーカードとそれ以外を提携カードとして、主な違いを比較していきます。

提携カードプロパーカード提携カード
年会費高い安い
還元率低い高い
ステータス高い低い
サービス充実している提携企業独自のサービスがある

プロパーカードと提携カードの違いを大きく比較すると、上記のような違いがあります。
両者それぞれに様々な種類があり、また1枚1枚性能が変わるので、どちらが良いかは断言できません。

ただ、クレジットカードに求めるものがステータス性という方には、プロパーカードがおすすめです。
対して、ステータスよりもコストパフォーマンスを求める方は、提携カードの方が相性は合うでしょう。

どのようなメリットがあるの?

プロパーカードには主に次のメリットがあります。

  • 制度変更が起きづらい
  • ステータスが高い

プロパーカードは、性能やサービスが突然変わるといったことが起きづらい傾向にあります。
そのため、クレジットカードを作るときのサービスを長期間使いたい方には、プロパーカードはおすすめです。

プロパーカードはステータスが高く、持っていれば社会的信用があることを表せます。
そんなクレジットカードなので、持っていれば周囲の信用も得られることでしょう。

またプロパーカードは、旅行保険や空港ラウンジ、コンシェルジュなどのクレジットカード本来のサービスが充実しています。
提携カードに比べ、そういったサービスが上質なので、クレジットカード本来のサービスを充実させたい方はプロパーカードが良いでしょう。

どのようなデメリットがあるの?

プロパーカードは主に次のデメリットがあります。

  • 年会費が高い
  • 還元率が低い

プロパーカードは、高いランクのものだと年会費がとても高額になります。
提携カードと比べて数倍高いものもあるので、クレジットカードにコストをかけたくない方にプロパーカードはおすすめしません。

また、プロパーカードは基本的にポイントなどの還元率が低い傾向にあります。
もちろんクレジットカードにはよるのですが、高還元率のクレジットカードを利用したい方は、プロパーカードよりも提携カードを選びましょう。

クレジットカードを持ってみよう!

現在、国内で作れるクレジットカードの中でプロパーカードなのは、以下の3社のクレジットカードです。

  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

この中で、プロパーカードにも関わらず比較的安価で作りやすいのは「JCB」のクレジットカード。
JCBのクレジットカードなら無料、もしくは1,000円ほどの年会費で持てるので、検討してみると良いでしょう。

他の2社についても、年会費は高いですがスペックやステータスはとても高いので、そういったクレジットカードが欲しい方にはおすすめです!

以下のページでは、プロパーカード並びに提携カードを数多く紹介しているので、こちらもぜひご覧ください。

プロパー・提携カードのおすすめを見てみる!