法人カードで貯まったポイントを個人で使うことは可能?

法人カードのポイントを個人利用するのは大丈夫?
01

法人カードのポイントの個人利用に関して

多くの法人カードは、利用するとポイントを貰うことができます。
このポイントを、個人がプライベートで使うのは良いのでしょうか?

結論をいえば、法人カードのポイントを個人が使うのはおすすめしません。
というのも、法人カードのポイントを個人利用すると法律に違反する可能性があるからです!

では、なぜ法律違反となるのでしょうか?
今回は、獲得した法人カードのポイントの個人利用をおすすめしない理由を解説します!

ポイントの個人利用は法律違反になる可能性が!
02

ポイントの個人利用は法律違反になる可能性が!

あなたが会社で作った、またはこれから作ろうとしている法人カードの「名義」は、誰のものになるか知っているでしょうか?
実は会社として導入した法人カードでも、「名義は法人に属する個人」です。

ですが、名義は個人のものでも、法人カードの契約そのものは個人ではなく会社で行っています。
経費などを法人カードで支払っているのであれば、会社の口座から引き落としがされます。
そのため、法人カードに還元されるポイントは、経費の支払いを行った会社のものです。

では、もし個人が勝手に法人カードのポイントを使うと、法的に問題になるのでしょうか?
もしかすると、法人カードで獲得したポイントを個人利用した場合、状況によっては「業務上横領罪」になることもあります。

業務上横領罪として判断されるのは、以下のような状況です。

「仕事で企業から預かっている金品や、それによって生まれた余得物を自分のものにし、使用してしまうこと」

もし、業務上横領罪を犯してしまうと、10年以下の懲役に罰せられます。
法人カードの使用により貯まったポイントが「余得物」に当たるなら、業務上横領罪として罪に問われることでしょう。

しかし、正直なところ法人カードのポイントの個人利用については、罪と断定できる法律が定められていません。
法律に触れる可能性がある「グレーゾーン」であるとは言えます。
なので、無用なトラブルを避けるためにも、社員が勝手にポイントを個人利用するのはNGだということを覚えておきましょう。

法人カードのポイントを個人利用させないためにできること4つ
03

法人カードのポイントを個人利用させないためにできること4つ

法人カードを導入している方の中には、社員によるポイントの個人利用に頭を抱えている方もいることでしょう。
そこで、法人カードに貯まったポイントを個人利用されないための対策を解説します!

利用明細書を毎月確認する

ほとんどの発行会社は、毎月法人カードごとに利用額の明細書を送付してくれます。

明細書を見れば、利用履歴の情報や金額も把握できるだけでなく、ポイントの増減も一目で確認可能。
毎月しっかり明細書を確認しておくと、社員の不正にもすぐ気づけることでしょう。

社内ルールを設ける

法人カードの利用方法と同じように、貯まったポイントの使用についても社内ルールを設ける必要があります。

「ポイントはあくまで会社のもの」という意識付けを徹底し、使用する際は上司に報告するなどのルールを設けることをおすすめします。
また、ポイントの使用は交通費のみ・ネットショップでの備品購入のみなど、利用用途も限定するとよいでしょう。

所有者を限定する

法人カードの所有は、会社の役員など、信頼できる方に絞るとよいです。

使用できる人が限定されることにより、法人カードそのものの不正利用も防げるだけでなく、ポイントを勝手に個人利用されることも少なくなります。

還元サービスのない法人カードを利用する

最終手段にはなりますが、ポイントを個人利用されないために、いっそのこと還元が受けられない法人カードを導入するという方法もあります。

この場合、法人カードで経費を支払っても一切還元が受けられませんが、確実にポイントの個人使用を防ぐことができます。

もし社長や個人事業主がプライベートでポイントを利用したら?
04

もし社長や個人事業主がプライベートでポイントを利用したら?

会社の代表者である社長、または個人事業主の方が法人カードで貯まったポイントを個人的に利用するのは大丈夫なのでしょうか?
ここでは、法人カードで獲得したポイントを社長や個人事業主の方が個人利用できるのか紹介します。

社長や役員が利用した場合

形式的には問題ないと言えます。

ただ、あくまでポイントは会社のものとして考えるのであれば、社長といえど個人的な理由で法人カードで獲得したポイントを利用するというのは、あまりよろしくないことでしょう。
なので、法人カードで貯めたポイントは、「会社の備品や消耗品」・「出張費」など、会社のために利用するのが理想的だと思います。

個人事業主が利用した場合

個人事業主の方が法人カードで獲得したポイントを個人利用するのは基本的に問題ありません。

もし、法人カードで貯めたポイントを個人利用したい場合は、会計処理の際に「雑所得」として計上しておくようにしましょう。

法人カードのポイントランキングもご覧ください!
05

他の情報も要チェック!

法人カードのポイントを個人利用するのは、グレーゾーンの話です。
業務上横領罪になることもあるので、ポイントの個人利用はしないようにしましょう。

そんなポイントですが、法人カードによって還元率が違うのをご存じですか?
様々な法人カードを比較すると、実は高低差が2倍以上も違う法人カードも存在します!

もしも、あなたが低還元率の法人カードを利用している場合、2倍以上の損失を生んでいると言っても過言ではありません。

当サイトでは、そのようなことが起こらないよう高還元率の法人カードを紹介しています!
ランキング形式でどれがおすすめか分かりやすく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント還元ランキングはこちら!

タイトルとURLをコピーしました