クレジットカードのポイント還元率とは?仕組みを分かりやすく解説!

クレジットカードのポイント還元率はどのような仕組みなの?

クレジットカードのポイント還元率における仕組みはご存知ですか?
還元率の計算は少々難しいこともあり、完璧に理解している方は少ないかと思います。

仕組みを理解せずともクレジットカードのポイントは貯めることができます。
しかし仕組みを理解すると、クレジットカードのポイントを今より貯めるられる可能性も出てきます!

そこで今回は、クレジットカードの還元率がどのような仕組みで表されているかを解説するので、ご覧ください。

ポイント還元率の仕組みについて

仕組みを理解する前に、まずは還元率とは何かを知っておきましょう。

クレジットカードにおける還元率とは「利用額100円に対するリターン額」を指します。
なぜこのような仕組みかというと、クレジットカードによって1ポイントの価値に違いがあるためです。

例えば、利用額「1,000円毎」と「100円毎」に1ポイント貯まるクレジットカードがあるとしましょう。
このクレジットカードでそれぞれ10,000円分の買い物をしたとき、獲得ポイントは以下のようになります。

  • A=1,000円毎・B=100円毎とした場合
    • A:10ポイント得られる
    • B:100ポイント得られる

一見すると、クレジットカードBの方がお得だと思いますよね。
しかし、それぞれ1ポイントの価値が「A=10円・B=1円」だった場合はどうでしょうか?

  • A:10ポイント×10円の価値=100円相当のポイント
  • B:100ポイント×1円の価値=100円相当のポイント

同じ決済額で10倍も多くのポイントを得たクレジットカードBでしたが、1ポイントの価値を含めて考えると、AもBも同じ還元額であることが分かります。
これがポイント還元率の仕組みです!

最初に、還元率とは「利用額100円に対するリターン額」と解説しました。
これをAとBのクレジットカードに当てはめると、10,000円で100円のリターンなので、100円で1円の還元を受けられることになります。

つまり、仕組みから考えると1円は100円な訳ですから、AとBのクレジットカードは還元率が1.0%だと分かります!

ポイント還元率とは「利用額に対して何ポイント貰えるか」ではなく「何円分のリターンがあるか」という仕組み。
還元率を比較したり調べたりするときは、この仕組みを間違えないように注意しましょう!

「還元率」を知る方法

クレジットカードのポイント還元率は、下記の式に当てはめると簡単に分かります。

  • ポイントの価値 ÷ 1ポイントの付与額 = ポイント還元率

例えば、上記の式にAとBのクレジットカードを当てはめると…

  • A:10円÷1,000円=0.01=還元率1%
  • B:1円÷100円=0.01=還元率1%

となり、両者とも同じポイント還元率だと分かります。

「1ポイントの価値」を知る方法

1ポイントの価値は、ポイントで交換できる商品の価値から調べることが可能。
例えば「ギフト券500円の交換に500ポイントが必要」なら、1ポイントの価値は1円になる仕組みです。

1ポイントの価値は、各クレジットカードによって異なります。

例えば、楽天カードは100円毎に1ポイント手に入り、その価値は1円相当。
また、セゾンカードは1,000円毎に1ポイント付与され、価値は5円相当という仕組みです。

1ポイントの価値は、セゾンカードの方が優れています。
しかし、還元率に直してみると、楽天カードの方が2倍も上であることが分かります。

  • 楽天:1円相当÷付与額100円=0.01=還元率1%
  • セゾン:5円相当÷付与額1,000円=0.005=還元率0.5%

クレジットカードにおける還元率は、何度も言うように「100円に対するリターン額」です。
当然ながらリターン額は多い方が好ましいので、還元率は高い数字に越したことはありません!

ちなみに、クレジットカードにおける平均ポイント還元率は「0.5%」なので、それ以上のクレジットカードを利用すると恩恵をより受けられると考えて良いでしょう。

獲得数の増える仕組みがクレジットカードには用意されている!

通常、クレジットカードのポイントは利用額に応じて貯まる数が決まっています。
しかし、特別な条件下で獲得できるポイントが増えるクレジットカードが存在します!

例えば、JCBカードWはAmazonで買い物をするとき、ポイントを通常の2倍も獲得可能。
また楽天カードは、楽天市場で買い物をするとき、普段の3倍もポイントが貯まります。

このように、大抵のクレジットカードには獲得ポイントが増える仕組みが用意されています。
そのため、ポイントを効率よく貯めるなら、用意されたこうした仕組みを駆使してクレジットカードを利用されると良いでしょう。

効率よく貯める方法がある!?

ポイント還元率の仕組みが分かったところで、次は貯めるコツを知るべき。
なぜなら、クレジットカードは長期的に使うものなので、コツを知る知らないで大きな差が生まれるからです。

ポイント還元率の仕組みを理解できても、貯められないのでは意味がありません。
機会損失を生まないためにも、クレジットカードのポイントを賢く貯める方法を、ぜひ参考にしてみてください!

ポイント効率よく貯める方法