ポイントの有効期限が『無期限』のおすすめクレジットカードを紹介!

ポイントの有効期限が無期限のクレジットカードを紹介!

クレジットカードの嬉しいサービスといえば、ポイント還元ですよね!
貯めれば会計に充当できたり、カタログ商品と交換できたり…と何かと便利クレジットカードのサービスです。

ただ、貯めることに夢中で有効期限を過ぎてしまい、ポイントを失効させてしまう方も居るのでは?
そんな方には、ポイントの有効期限が無期限のクレジットカードがおすすめです!

無期限のクレジットカードなら、有効期限を気にせず好きなだけポイントを獲得可能。
そのため、クレジットカードの利用額が少ない方でもコツコツ貯められます。

今回は、クレジットカードのポイントにおける有効期限の種類を解説します。
それと共に、無期限で貯められるクレジットカードも紹介します!

ポイントの有効期限を気にせず無期限で貯めたい方は、ぜひ紹介するクレジットカードをご覧ください。

有効期限の仕組みは3タイプに分けられる!

クレジットカードのポイントには、有効期限があります。
その有効期限ですが、各クレジットカードによって仕組みが異なっており、必ずしも同じ保有日数という訳ではありません。

クレジットカードにおけるポイントの有効期限は、主に以下の3タイプに分けられます。

  • 獲得月からの計算
  • 有効期限が無期限
  • 利用する度に更新

ここでは、上記の3タイプについて、詳しく解説します!

獲得月からの計算

無期限ではないクレカ

こちらは、決められた保有期間が過ぎるとポイントが失効するタイプ。
例えば、ポイントの有効期限が2年の場合、2001年10月に獲得したポイントは2003年9月に失効するという流れです。

一般的なクレジットカードは、ポイントの有効期限にこちらのタイプを採用。
ポイントを失効される方の多くは、こちらのクレジットカード使用しているのではないでしょうか?

有効期限の期間ですが、これはクレジットカードや発行会社によって異なります。
主に高ランクのクレジットカードほど有効期限が長い傾向にあるので、失効しやすい方はゴールドやプラチナのクレジットカードを持つと良いでしょう。

有効期限が無期限

無期限のクレカ

こちらは、有効期限の無い、無期限に貯められるタイプ。
無期限なので、心配されているポイントの失効は絶対に起こりません!

そのため、毎月のクレジットカード利用が少なくてポイントをなかなか貯められない方など、こちらの無期限で貯められるタイプがおすすめです。

利用する度に更新

実質無期限のクレカ

こちらは、ポイントが付与される度に有効期限が更新されるタイプ。

例えば、有効期限が3年の場合、1年経てば残りの有効期限は2年になりますよね?
しかし、このタイプはポイント付与がある度に有効期限が更新されるので、新たにポイントを獲得すれば、1年経っていてもその日から3年に切り替わるのです。

そのため、無期限ではないにしろ「実質無期限」でポイントを貯められるのと一緒。
同じクレジットカードを使い続ける限り、有効期限は気にしなくてよくなるので、こちらのタイプもおすすめです!

獲得したポイントを消失させてしまわないコツ

有効期限が無期限のクレジットカードなら、ポイントは消失しません。
しかし、なかには有効期限が無期限ではなく有期のクレジットカードを利用したい方も居ることでしょう。

そんな方は、ポイントを消失させないためのコツを知っておくべきです!
ここでは、獲得したポイントを使う前に失効させないためのコツを紹介します。

最低交換ラインを把握しておく

クレジットカードのポイントは、最終的に何かしらの形で消費するために貯めています。
その消費に必要なポイント数の「最低交換ライン」を知っておくことが、ポイントを消失させないためのコツになります。

例えば、以下のようなクレジットカードがあったとしましょう。

  • 最低交換ライン:500ポイント
  • ポイントの貯まり方:利用額1,000円毎に5ポイント
  • ポイントの有効期限:2年間

このクレジットカードの場合、ポイントを最低交換ラインまで貯めるには「100,000円」の利用が必要。
そして有効期限は2年間なので、1年間で「50,000円」、1ヶ月で「4,166円」の利用がなければ、理論上だとポイントの失効に繋がります。

こうした計算をしてみて、あなたの想定利用額を下回るようであれば、条件に合う他のクレジットカードを探す方が得策です。

最低交換ラインは各ポイントプログラム(各クレジットカード)によって異なるので、何ポイントから消費できるのか事前に確認しておきましょう!

獲得ポイントがアップするキャンペーンを活用する

ポイントが最低交換ラインを下回る状態だと、交換できないまま有効期限が過ぎて消失します。
なので、消失させないためには最低効果ライン以上のポイントを貯めなければいけません。

最低交換ラインまで貯める方法には、ポイントアップキャンペーンを利用すると良いでしょう。
例えば、ポイントアップモールは手段の1つとして挙げられますね。

ポイントアップモールとは、各発行会社が運営するショッピングモールサイトのこと。
こちらで買い物をすると、通常よりも多くのポイントが貰えるという便利なサイトになっています。

他にも、特定の条件下にて獲得ポイントが増えるクレジットカードはたくさん!
例えば、楽天カードは楽天市場で獲得ポイントが3倍になりますし、三井住友のクレジットカードは大手コンビニ4社での買い物で5倍のポイントを貰えます。

このように、大抵のクレジットカードには通常よりも多くのポイントを貰える方法があるので、それらを活用してポイントを失効させないようにしましょう!

ポイントは無期限でもなるべく早く利用しよう

無期限でも早急に使用した方が良い訳

獲得したポイントは、有効期限が無期限でも早く利用されることをおすすめします。
というのも、ポイントを貯めている間に、同商品の交換に必要なポイント数が下記のように変わることがあるからです。

  • 変動前:1,000ポイント ⇒ 1,000円ギフト券
  • 変動後:1,500ポイント ⇒ 1,000円ギフト券

あくまでも上記は例になりますが、このような改変が今まで無かったとは言えません。
こうした改変の際は事前告知があると思いますが、常日頃から貯まったポイントを使う癖をつけておかないと損をすることもあるのでご注意を。

ポイントを長く貯めていたい方におすすめのクレジットカード!

無期限のクレジットカード紹介

ポイントの有効期限には、3種類あることが分かりました。
その中で、ポイントを失効させてしまう心配のある方には、以下の条件を満たすクレジットカードがおすすめです。

  • 有効期限が無期限
  • 利用する度に更新

ここでは、そんな無期限もしくは実質無期限の有効期限を持つクレジットカードを紹介します!

セゾンブルー・アメックス

無期限のクレジットカード1

  • 年会費:3,000円 (初年度無料)
  • タイプ:有効期限が無期限
  • 申請条件:18歳以上の連絡可能な方 (高校生不可)

セゾンブルー・アメックスは「有効期限が無期限」のクレジットカード。
「永久不滅ポイント」というプログラム名通り、ポイントを無期限で貯め続けることができます!

セゾンブルー・アメックスは、3,000円という手頃な年会費ながらも、実に多くのサービスを付帯。
特に旅行保険は優れていると評判で、最高3,000万円の補償が自動付帯で受けられるようになっています。

ちなみに、海外でこのクレジットカードによる決済をすると、獲得ポイントが2倍にアップ!
旅行保険と合わせ、海外旅行や海外出張に向いたクレジットカードと言えるでしょう。

年会費は3,000円とお伝えしましたが、26歳以上の方は初年度無料です。
また、25歳以下の方は26歳になるまで無料なので、コストパフォーマンス的にも嬉しいクレジットカードとなっています!

このクレカの詳細はこちら

楽天カード

無期限のクレジットカード2

  • 年会費:永年無料
  • タイプ:利用する度に更新
  • 申請条件:18歳上の方 (高校生不可)

楽天カードは「利用する度に更新」のクレジットカード。

有効期限は1年になるので、それが過ぎる前に1ポイントでも新たに貯めれば有効期限は延長。
楽天カードのポイントは利用額100円毎に貰えるので、実質無期限になるための条件も簡単ですね!

注意しないといけないのは、楽天カードには2つのポイントがあること。
1つはクレジットカード決済時に貰える通常のポイント、そしてもう1つが特定の条件を満たすことで貰える「期間限定ポイント」です。

どちらも同じポイントとして利用できるものの、期間限定ポイントは更新対象外で、有効期限がくると失効するので注意しましょう!

そんな楽天カードは、ポイント還元率1.0%と高還元率のクレジットカード。
そのうえ、楽天市場で買い物は還元率の倍率がアップするので、ネットショッピングにもおすすめ!

年会費は無料なうえ、申請条件も簡単なものなので、誰とでも相性の良いクレジットカードです。

このクレカの詳細はこちら

有効期限のあるクレジットカードは必ずしも損という訳ではない?

一見すると、有効期限は無期限の方が良いと思われますが、必ずしもそうとは限りません。
なぜなら、有効期限があることで、発行会社がキャンペーンを行ってくれることがあるからです!

ポイントに有効期限がある場合、失効させてしまう利用者も居ますよね。
その失効分は発行会社からするとプラスとなる訳ですが、発行会社によってはこのプラス分を利用者に還元サービスとして配る(使用する)ことがあるのです。

そういった点を加味すると、必ずしも有効期限が無期限の方が良いとも言い切れませんね。

また、有効期限のあるクレジットカードは無期限のものと比較して、ポイント還元率が高い傾向にあります。
そのため、有効期限を過ぎる前に使用できるなら、有効期限のあるクレジットカードの方がお得かも知れませんよ!

当サイトでは、有効期限の有無に関係なく、ポイント還元サービスの優れたクレジットカードを紹介しています。
こちらのランキングでおすすめのクレジットカードを紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください!

ポイント還元ランキングはこちら