端数の切り捨てに注意!クレジットカードのポイントで損をしてるかも…

クレジットカードのポイントは切り捨てを防がないと損!?

クレジットカードを作るとき、ポイント還元率を見比べる方は多いですよね。
ポイント還元率が0.5%と1.0%のクレジットカードなら、当然ながら後者を選ぶ方が多いでしょう。

しかし、ここに小さな罠があります!

実は、ポイント還元率が高いからといって、必ずしもお得なクレジットカードな訳ではありません。
というのも、ポイントの「切り捨て」によって、クレジットカードでの決済額が同じでも付与されるポイント数が異なるからです!

そのため、切り捨てによって0.5%のクレジットカードがお得という場面もあります!

今回は、クレジットカードのポイントにおける「切り捨て」について解説します。
「切り捨て」はクレジットカードのポイントを貯めるうえで非常に重要なので、ぜひご覧ください!

「切り捨て」とは?

クレジットカードのポイントは、通常だと「クレジットカードで買い物をする」ことで貰えるもの。
そして「利用額に対して1ポイントはいくらで貰えるか」も、各クレジットカードによって決まっています。

付与の一例
クレジットカード付与のタイミング1回で貰えるポイント
楽天カード100円毎1ポイント
セゾンカード1,000円毎5ポイント
REXカード2,000円毎25ポイント

切り捨ては、付与のタイミング額を下回る場合に発生します。

例えば、楽天カードは100円毎に1ポイント付与なので、99円以下の買い物では付きません。
こうした切り捨てられる金額が多いと損失に繋がるので、切り捨てを防ぐためにも付与のタイミングは知っておくべきなのです。

ちなみに、ポイント付与のタイミングはクレジットカードによって異なります。
一般的には「100円毎」もしくは「1,000円毎」のクレジットカードが多いですが、事前に確認はしておきましょう!

損失を防ぐには「算出方法」も比較しよう!

切り捨てを防ぐには、付与のタイミング以外にも「算出方法」は比較すべき。
クレジットカードにおけるポイントの算出方法は、主に以下の2種類があります。

  • ひと月の総利用額から計算を行うクレジットカード
  • 会計毎に計算を行うクレジットカード

例えば、100円毎に1ポイント貰えるクレジットカードで、99円の商品を10回に分けて購入したとしましょう。
この場合、上記の算出方法から「獲得ポイント」と「切り捨て額」を調べると、以下のようになります。

対象獲得ポイント切り捨て額
前者9ポイント90円分
後者0ポイント990円分

表の通り、同じ決済額でも算出方法によって違いが出ます。
前者は9ポイント付き90円分が切り捨てとなりますが、後者は付与が行われず切り捨ても満額となります。

こうした罠があるので、クレジットカードのポイントを切り捨てられないようにするには算出方法も調べておきましょう!

「消費税」を加味したうえで算出されるか比較しよう!

ここまで紹介した2点に気を付ければ、ポイントの切り捨ては大きく防げます!
しかし、より切り捨てを防ぐなら「消費税」が算出に加味されるかも見ておくと良いでしょう。

日本では「980円」や「9,800円」といった商品価格をよく見かけますよね。

こうした価格の商品を購入するとき、消費税も算出に加味されるクレジットカードだと「+1ポイント~」を見込めますが、そうではないクレジットカードだと切り捨てられてしまいます。

例えば、クレジットカードで110,000円の利用があった場合、消費税分は10,000円分もある訳です。
仮に100円毎に1ポイント貯まるクレジットカードなら、この消費税分で100ポイントも貯められます。

しかし、消費税が加味されないクレジットカードだと、100ポイントの付与はされません。
ひと月なら損失も少ないですが、これが年間を通しての話だと1,200ポイントで「利用額12万円分」の損失な訳ですから大きなダメージです。

こうした切り捨てを防ぐため、できれば消費税分も加味されるクレジットカードを選びましょう!

ポイント還元に強いクレジットカードがこちら!

以上のことを含め、ポイント還元に優れたおすすめクレジットカードを紹介しています。

こちらで厳選したクレジットカードを見れるので、ポイントを効率良く貯めたい方は、ぜひ下記の記事もご覧ください!

ポイント還元ランキング