クレジットカードのポイント切り捨ては大損失【減らす方法を解説】

クレジットカードのポイントは切り捨てを防ごう!

クレジットカードを作るとき、ポイント還元率を見比べますよね。
「0.5%」と「1.0%」のクレジットカードなら、当然ながら後者を選ぶことでしょう。

しかし、ここに小さな罠があります!

実は、ポイント還元率の高いクレジットカードが、必ずしもお得な訳ではありません。
なぜなら、ポイント「切り捨て」により、同じ決済額でも獲得できるポイント数が違うからです!

そのため、切り捨てによっては「0.5%」のクレジットカードがお得ということも有り得ます。

当記事では、このクレジットカードにおける「切り捨て」を解説。
クレジットカードのポイントを貯めるうえで「切り捨て」は重要なので、ぜひご覧ください!

「切り捨て」とは?

ポイントとは、クレジットカードの利用額に応じて貰えるもの。
このとき、1ポイントがいくらで貰えるかは、各クレジットカードによって異なります。

例えば、以下の例をご覧ください。

クレジットカード付与のタイミング1回で貰えるポイント
楽天カード100円毎1ポイント
セゾンカード1,000円毎5ポイント
REXカード2,000円毎25ポイント

ポイントの切り捨てとは、付与のタイミングを下回る分の金額を指す言葉になります!

例えば、楽天カードを見てみると、利用額100円毎に1ptを貰える仕組み。
つまり99円以下の金額が、切り捨て対象となります。

切り捨て額は、当然ながら大きければ大きいほど損失です。
そのため、切り捨てを防ぐためにも、ポイント付与のタイミングは知っておくべき!

表の通り、ポイント付与のタイミングはクレジットカードによって異なります。
あなたのクレジットカードはどのタイプか、事前に確認しておきましょう!

損失を防ぐには「算出方法」も比較しよう!

切り捨てでの損失を防ぐには、ポイントの「算出方法」も比較すべき。
クレジットカードにおけるポイントの算出方法は、主に以下の2種類あります。

  • ひと月の総利用額から計算を行うクレジットカード
  • 会計毎に計算を行うクレジットカード

例えば、利用額100円毎に1ptを貰えるクレジットカードがあるとします。
このクレジットカードで、ひと月に99円の商品を10回に分けて購入したとしましょう。

その場合、上記の算出方法から「獲得ポイント」と「切り捨て額」を調べると、以下のようになります。

算出方法獲得ポイント切り捨て額
ひと月の総利用9ポイント90円分
会計毎0ポイント990円分

「ひと月の総利用」では、99円×10回=990円から100円毎に1ptを貰えます。
つまり、990円÷100円=9ptを獲得でき、切り捨て額は90円です。

対して「会計毎」では、1ptも貰えず、切り捨て額は満額の990円。
ポイント付与の算出方法によって、これほどの差が出てきてしまいます!

こうした罠があるので、クレジットカードのポイントを切り捨てられないよう、算出方法も調べておきましょう!

「消費税」を加味したうえで算出されるか比較しよう!

ここまでの2点に気を付ければ、ポイントの切り捨てを大きく防げます。
しかし切り捨てを防ぐなら、ポイントの算出に消費税が加味されるクレジットカードかも見ておくべき!

どういうことかというと、日本では価格が「980円」といった商品がありますよね。
こうした場合、ポイントの加算が「税込」か「税抜」かでも切り捨て額は変わってきます。

例えば、11万円分の買い物をした場合、1万円分は消費税です。
消費税が加味されないクレジットカードだと、この1万円が切り捨てられます。

100円毎に1ptを貰えるクレジットカードなら、100ptも貰えます。
ひと月の損失は少ないかも知れませんが、年間だと1,200ポイントで「利用額12万円分」の損失ですから大きなダメージ。

こうした切り捨てを防ぐため、できれば消費税分も加味されるクレジットカードを選びましょう!

ポイント還元に強いクレジットカードがこちら!

切り捨てを防ぐ方法をまとめると…。

  • いくらの利用額でポイントが付与されるのか
  • ポイントの算出は「ひと月の総利用額」と「会計毎」のどちらか
  • ポイントの算出に「消費税」は含まれるのか

この3点を意識することが、切り捨てで損をしないことに繋がります!

以上のことを踏まえ、ポイント還元に優れたクレジットカードを以下で紹介。
厳選したクレジットカードを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

ポイント還元ランキング

タイトルとURLをコピーしました