家族間もNG!他人名義のクレジットカードを貸したり作ったりはできない

他人名義のクレジットカードは貸し借りも作成もできません!

日々の買い物は「旦那名義のクレジットカードで済ませている」なんて人がいたら要注意!
他にも「海外旅行に行くので親のクレジットカードを借りた」とか「上司のクレジットカードで備品を購入した」という方も同様です。

他人名義のクレジットカードを使ったり作ったりするのは、例え本人の同意があっても行ってはいけません。
また、自分名義のクレジットカードを、他人に貸してはいけない決まりになっています。

今回は、他人名義のクレジットカードを使ったり、自分のクレジットカードを他人に貸したりするのがなぜいけないのかを解説します。

保有者以外が使うのは規約違反に当たる!

他人のクレカ

家族や恋人、友達や上司といった他人名義のクレジットカードを使うことがあるかも知れません。
しかし、これは利用規約に書いてある禁止事項なので、他人名義のクレジットカードを利用するのは絶対に止めましょう。

例えば、他人名義のものを使うことに関して、三井住友の会員規約にはこのようなことが記載されています。

カードおよびカード情報はカード表面に印字された会員本人以外は使用できないものとし、また、違法な取引に使用してはなりません。

参照サイト:三井住友VISAカード会員規約

上記の通り、クレジットカードは名義人の方のみが使える決済ツール。
例え家族であっても、本人以外の「他人」がクレジットカードを使うことはできないので、ご注意ください。

ちなみに、他人名義のクレジットカードを使ったり、また自分名義のクレジットカードを他人に貸したりした場合、会員規約を破ることになるので、クレジットカードが利用停止になることも考えられます。

そのため、他人のクレジットカードを使うことはないように努めましょう。

そもそも「名義人」とは何のこと?

他人のクレカ

先ほどからお伝えしている「名義人」、この名義人とはいったい誰のことを指すのでしょうか?

ここでいう名義人とは、クレジットカードの券面に書かれた名前の方。
「TARO YAMADA」のように申請者の名前が刻まれており、その方が該当のクレジットカードにおける名義人となります。
※上記の画像でいうところの「CARDHOLDER NAME」

その名前の方以外が該当のクレジットカードを使うのは御法度なので、他人のを使ったり、他人に使われたりしないように気を付けましょう。

所有者と預金口座は同名の同一人物でなければならない!

他人のクレカ

クレジットカードを作るには、利用額を返済するための預金口座を用意しなくてはいけません。
このときに紐づける預金口座は、クレジットカードの名義人となる方のものである必要があります。

例えば、クレジットカードを申請するのが「山田太郎」という方だとしましょう。
この場合、用意する預金口座は「山田太郎」のものでなければいけないということです。

これは、下記の発行会社における注意事項にも記載されています。

引落口座の名義は、ご契約者ご本人様名義の口座で承っております。

参照サイト:よくあるご質問|クレジットカードのジャックス

ご家族名義の口座は、振替口座として登録いただけません。
登録可能な口座は、本(親)カードご契約者ご本人名義と同一名義の口座に限ります。

参照サイト:よくあるご質問|クレジットカードはライフカード

よくあるのが、返済を親や配偶者を始めとした他人が行うケース。
この場合、他人の名義で作られた口座を登録することはできないので、必ず自分名義の口座を用意しましょう。

また、結婚などで名字が変わった方の場合。
用意すべき預金口座は「同一人物且つ同姓同名」でないといけないので、必ず合わせてから申し込むようにしましょう。

貸し借りが原因でのトラブルは補償適応外

他人のクレカ

他人名義のクレジットカードを作った場合、当然ですがバレたら強制解約させられることでしょう。
そして、貸し借りしたことが発覚した場合も、同様の処置が行われる可能性があります。

もしも、このような貸し借りを行ったことで不正利用に遭った場合。
通常、不正利用における補償は発行会社によって行われますが、上記が原因だと被害の補償はされません。

この件については、日本クレジットカード協会の公式サイトにも掲載されています。

クレジットカードは発行を受けた名義人以外(ご家族の方でも)は使用できません。
他人に貸したカードで、もしトラブルが発生しても困るのは貸したあなたご自身です。
また、名義貸などにより被害に遭われた場合も、あなたの責任となりますのでご注意ください。

参照サイト:JCCA 日本クレジットカード協会

このことから、家族間でもクレジットカードの貸し借りはいけません。
全ての責任を負うのはあなた自身になりますから、絶対に他人へ貸さないよう注意しましょう。

自分のクレジットカードを持とう!

他人のクレカ

他人名義のクレジットカードを使うのは規約違反に当たります。
そのため、クレジットカードを利用したいのなら、他人名義ではなく自分名義のものを作りましょう。

今のクレジットカードは、ネットから簡単に申し込むことが可能。
そのうえ、年会費無料のものも多いので、作ってしまうのをおすすめします。

どのクレジットカードにするかは、こちらを参考にしてみてください。
用途別におすすめのクレジットカードを紹介しているので、きっとあなたに最適な1枚が見つかりますよ!

クレジットカードを探す