任意整理経験者でも法人カードを発行できるのか?詳しく解説!

「任意整理」の経験があっても法人カードの審査に通過できるのか?

「任意整理」の経験があっても法人カードの審査に通過できるのか?

法人カードの審査は、申し込んだ「個人」と「会社」の情報が審査対象となります。
当然ながら、個人の信用情報に傷が付いている状態だと、法人カードの審査は通りにくくなる可能性が高いです。

また、過去に「自己破産」や「任意整理」を行いブラックリストに登録された場合でも、法人カードの審査は不利になります。

しかし、法人カードの申し込みを考えている方のなかには、「任意整理をしてブラックリストに登録されてしまった…」という方もいると思います。
任意整理を経験した方は、法人カードが発行できないのか?心配になる点ですよね。

ただ、法人カードは任意整理をしたからといって、必ず審査に落ちる訳ではありません!
任意整理の経験があっても、法人カードによっては発行できる可能性もあります。

今回は、任意整理の経験がある場合の法人カードの審査について解説。
加えて、任意整理をしたことがある場合、どのように法人カードを発行すればよいのかについても紹介します。

まずは、法人カードの審査情報と任意整理について見ていきましょう。

任意整理とは?

任意整理とは?

任意整理」は、貸金業者との交渉により債務額全体を減らす、または月々の返済額を減らすことによって、債務者の負担を軽くするための手続きを指します。

債務者が借金を返せる見込みがない場合には、自己破産という選択肢もありますが、当然リスクも伴います。
任意整理は、あくまで借金の完済を目指すという方向性で、債務額を整理して支払額を減らすことです。

このような「任意整理」を行うと、履歴が信用情報機関に記録されます。
いわゆる「ブラックリスト」の対象となってしまうため、クレジットカードの審査においては不利に働いてしまう可能性が高いです。

そして、法人カードの場合でも同様のことが言えます。
ブラックリストに載っている人=支払い能力が低いと見なされてしまいます。

会社の経営状況だけではなく、個人の信用情報も審査対象となる法人カードでも、任意整理の経験は審査に通りにくい状況を作ってしまうでしょう。

従業員に金融事故の履歴があった場合は?

従業員に金融事故の履歴があった場合は?

法人カードの利用者は代表者だけではなく、従業員に対して追加カードを発行することができます。
そして追加カード発行の際、従業員に任意整理の履歴があった場合には、どのような判断がなされるのでしょうか。

基本的に法人カードの審査では、「会社」の情報と申込者「個人」の情報が審査対象となります。
そのため、従業員の信用情報は審査に影響を及ぼしません。

ただ、福利厚生の一環で法人カードを従業員に配布し、個人用の用途として使わせる場合には、従業員の信用情報が審査対象となるケースもあるようです。

金融事故の履歴はいつまで残るのか?

金融事故の履歴はいつまで残るのか?

「任意整理」の経験は法人カードの審査においてマイナスになることが明らかとなりました。
では、それらの履歴はどのくらいの期間残されているのでしょうか。

個人の信用情報は「信用情報機関」に保管されています。
主な信用情報機関は、以下の3つです。

  • CIC(指定信用情報機関)
  • KSC(全国銀行個人信用情報機関)
  • JICC(日本信用情報機関)

各信用情報機関には、情報を保管する期間が定められています。

機関名任意整理
CIC
【指定信用情報機関】
5年
KSC
【全国銀行個人信用情報機関】
5年
JICC
【日本信用情報機構】
5年

これらの期間は債務の返済が終了してからカウントする見方になりますが、見ての通りとても長いです。
この期間を終えて任意整理の履歴が削除されてからでないと、法人カードが発行できないというのは、非常にじれったく感じることでしょう。

ただ、任意整理を経験しているからといって法人カードを発行できないわけではありません。
あくまで審査に通りにくい要素の1つというだけであり、審査に通りやすい法人カードであれば発行できる可能性は残されています。

審査に通りやすい法人カードを紹介

任意整理をした方でも審査に通る可能性がある法人カード

任意整理を経験された方でも、審査に通る可能性が残されている法人カードを紹介します。

オリコEXGold for Biz」は、数ある法人カードの中でも審査に通りやすいといわれています。
口コミで審査に通りやすいことが評判になっているので、任意整理を経験された方でも発行できる可能性が高いです。

さらに、この法人カードは申し込み時に必要な書類がそこまで多くありません。
キャッシング機能を利用しなければ、「入会申込書」と「本人確認資料」の2点で申し込むことが可能。
所得を証明する書類の提出義務がないため、審査の際に申込者の収入や、会社・事業の業績をあまり見ていないかもしれないと推測できます。
よって、この法人カードは、任意整理を経験した方でも審査に通過できる可能性がある1枚です。

また、年会費は初年度無料(2年目から2000円)という安さも魅力の1つです。
法人カードに必要なビジネス機能や優待サービスも充実しているので、コスパの高い1枚としても人気を集めています。

任意整理を経験して法人カードの審査が不安だという人は、「オリコEXGold for Biz」を申し込んでみてください。

オリコEXGold for Bizの詳細

審査に通りやすいと言われているものを選ぼう!

任意整理の履歴は、当然信用情報としてマイナスの印象を与えてしまうため、法人カードの審査では不利になってしまいます。

しかしながら、カードを発行するのが不可能というわけではないので、審査に通りやすい法人カードを選んで申し込んでみるといいでしょう。

当サイトでは、審査に通りやすいと言われている法人カードをランキング形式で紹介しています。

今回紹介したオリコEXGold for Biz以外にも、審査の通りやすさを比較して法人カードを選びたいという方は、ぜひ下記のページも参考にしてみてください。

審査に通りやすい法人カードを比較

タイトルとURLをコピーしました