三井住友トラストVISAカードを紹介!審査やサービスや性能を徹底解説

三井住友トラストVISAカードの性能をわかりやすくご紹介!

  • 年会費:1,250円 (初年度無料)
  • 申請条件:満18歳以上で安定した収入のある方(高校生不可)
  • ブランド:VISA
  • 「マイペイす・リボ」利用で年会費無料!
  • 「マイペイす・リボ」利用で獲得ポイント2倍!
  • 女性限定!性能がアップしたレディースカードも作れる

三井住友信託銀行グループが発行する、安心のVISAクレジットカード「三井住友トラストVISAカード」を紹介します!

三井住友トラストVISAカードは初期性能こそ平凡ですが、マイペイす・リボを活用することで真価を発揮するクレジットカードです。

例えば、ポイント還元率0,5%だったが1.0%に上昇。
単純計算で2倍なので、ポイントが貯まるスピードも2倍になります!

また、年間100万円分のショッピング保険を利用できたり、年会費が無料になったりといったお得な特典も利用可能。
元々付いていた旅行保険などのことも考えると、コスパに優れたクレジットカードへと生まれ変わります!

マイペイす・リボの手数料が気になる方も居ると思いますが、その点も今回は詳しく解説。
年会費は初年度無料のため、試しに使ってみるにも最適なので、三井住友トラストVISAカードが気になる方は、ぜひご覧ください!

『三井住友トラストVISAカード』の基本性能

三井住友トラストVISAカードは「三井住友トラスト・カード株式会社」が発行するクレジットカードです。
よく「三井住友カード株式会社」と間違われる方もいるので、厳密には多少の違いがあることを知っておきましょう!

とはいえ、三井住友であることに変わりはないので、信頼性は高いです。
そのうえ、国際ブランドには世界シェア率1位を誇る「VISA」が採用されているので、決済力で困ることはありません。

そんな三井住友トラストVISAカードは、以下の通り全部で3種類の用意がされています。

  • 三井住友トラストVISAカード
  • 三井住友トラストVISAレディースカード
  • ロードサービスVISAカード (現在お取り扱いを停止中)

3種類とも基本性能は「三井住友トラストVISAカード」に沿って同じなのですが、年会費や付帯サービスに多少の違いがあります。

この違いについては後述しますので、まずは基本性能を見てみましょう!

カード名三井住友トラストVISAカード
券面
国際ブランドVISA
発行対象満18歳以上で安定した収入のある方(高校生不可)
年会費1,250円 (初年度無料)
ポイントプログラム名ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率0.5%
ANAマイル還元率0.3%
JALマイル還元率
海外旅行傷害保険最高2,000万円
国内旅行傷害保険
ショッピング保険年間100万円まで(*1)(*2)
家族カード年会費400円

(*1)海外での購入商品はすべてが対象。
(*2)国内ではリボ払いもしくは分割払い3回以上での購入商品に限る。

「マイペイす・リボ」の活用で年会費1,250円が無料になる!

三井住友トラストVISAカードは、年会費1,250円掛かるクレジットカードです。
ただこの年会費、マイペイす・リボを利用することで無料にしてしまうことができます!

マイペイす・リボとは、返済日に引き落とされる金額をこちらで指定できる決済方法。
例えば、指定額を30,000円としていた場合、40,000円の請求が来たとしても返済は30,000円だけでOKになります。

余った10,000円は翌月返済するのですが、このとき手数料が発生することには注意しましょう。

ただ、この手数料は「請求額>指定額」という形にならなければ発生しません。
つまり、指定額をクレジットカードの利用限度額に合わせておけば、手数料のリスクを100%回避しつつ年会費を無料にできます!

ちなみに、三井住友トラストVISAカードの年会費は初年度無料です。
マイペイす・リボがどんなものか、最初の1年間で試すことができるので、ぜひお試しください!

家族会員の方は、2人目以降400円の年会費が掛かります。
1人目の方は、前年のカード決済回数が3回を超えている場合だと無料になります。

ポイント還元率は0.5%!サービス活用で還元率はアップする!

三井住友トラストVISAカードには、ポイント還元サービスがあります!

「ワールドプレゼントポイント」というプログラム名で、三井住友トラストVISAカードでの決済額1,000円毎に1ポイント付与。
有効期限は2年間もあるので、クレジットカード決済をあまりしない方でもゆっくり貯めることができます!

そんなワールドプレゼントポイントは、1ポイントの価値は約5円なので還元率は0.5%。
0.5%はクレジットカードの還元率における平均値ではありますが、三井住友トラストVISAカードの還元率はアップさせられるので、より多くの獲得が見込めます。

例えば、ポイントUPモールを利用すれば最大20倍のポイントが貰えます!

「通販サイト利用時にポイントUPモールを経由するとポイント獲得量が増える」というこちらのサービス。
掲載サイトには「Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング」などもあるので、1度覗いてみることをおすすめします。
※上記サイトを始め、利用度の高いサイトは獲得量が2~3倍であることが多いです。

三井住友トラストVISAカードには、こうしたサービスが他にも多々あるので、ご覧ください!

「マイペイす・リボ」で貰えるポイントが2倍にアップ!

年会費が無料になるということで紹介しました「マイペイす・リボ」。
実は価格が0円になるだけでなく、ポイント獲得量が2倍に増えるという特典もあります!

ただし条件があり、ポイントを2倍獲得するには、利用料金の請求月に「リボ払い手数料」が発生させなければいけません。

先ほどの年会費では、この隙をついて「利用限度額=指定額」とすることで手数料の心配が要らないと紹介しました。
しかし、ポイントを2倍にするには手数料の発生が条件なので、この手が使えなくなります。

そのため、マイペイす・リボによるポイント獲得量アップを図りたい方は、リボ払いの仕組みをキチンと知ることが大切です!

ちなみに、リボ払いの手数料は以下の式で計算できます(残金10,000円で計算)。

⇒残金×実質年率÷365日×翌返済日までの日数=手数料
⇒10,000円×15%÷365日×30日=約124円

残金が少なければ手数料は少額になるので、指定額と利用額のバランスを考えながら利用できれば、ポイントの大量獲得も夢ではありません!

「ボーナスポイント」で年1回大量のポイントを貰える!

年に1度、三井住友トラストVISAカード利用者はボーナスポイントを貰えます!

このボーナスポイントは、いくら貰えるか決まっている訳ではありません。
前年度と本年度の年間利用額によって決まるため、カード決済をたくさんしている方ほど多くのポイントを貰えます!

ボーナスポイントの計算は下記表の通りに行えばOK。

前年度利用額階級本年度利用額
50万円到達時以降10万円毎
300万円以上V3150ポイント30ポイント
100万円以上V275ポイント15ポイント
50万円以上V150ポイント10ポイント

例えば、前年度に300万円・本年度に400万円の決済があると「1,200ポイント」貰えます。

  • 前年度利用額が300万円なので、階級V3の欄を見る。
  • 本年度利用額が400万円なので、50万円到達ボーナスで「150ポイント」貰える。
  • 以降10万円毎に30ポイント貰えるので、残金350万円から「1,050ポイント」貰える。
  • 「150ポイント+1,050ポイント=1,200ポイント」となる。

このように、年間利用額50万円以上なら受けられる特典なので、学生さんも貰えることでしょう。
基本還元率こそ低いものの、こうしたサービスが三井住友トラストVISAカードには多々あるので、ぜひお試しください!

悪用されにくい!不正利用から守るセキュリティシステム

クレジットカードは、不正利用の危険性が常に付きまとうものです。

実際に利用してみると、クレジットカードを悪用される機会はほとんどありません。
しかし完全に無い訳ではないので、クレジットカードを作るならセキュリティが強化されたものをおすすめします。

三井住友トラストVISAカードは、そんな不正利用からカードを守るセキュリティ対策が数多く備わったクレジットカードです!

  • 暗号技術で情報を盗み取られない「ICチップ」
  • 24時間365日稼働している「不正検知システム」
  • 不正利用の防止を図るため導入された「本人認証サービス」
  • 持ち主を特定するため券面裏に載せる「顔写真サービス」(希望者のみ)

また、仮に悪用されたとしても、所定の手続きを踏めば届出日から遡って60日以内のことは補償されます。
なので、不正利用されたからと被害額を被りは回避できるので、安心して使えるクレジットカードでしょう!

海外旅行保険が付帯!レディースカードは補償金額がアップ

三井住友トラストVISAカードにはオリジナル版と、女性専用の「三井住友トラストVISAレディースカード」があります。

パッと見、券面画像に違いはあれど、性能やサービスには違いがありません。
ただ、一点だけ「旅行保険サービス」に違いがあるので、その違いをご紹介します。

傷害保険オリジナル
レディース

傷害死亡自動付帯分:なし
利用付帯分:2,000万円
自動付帯分:300万円
利用付帯分:1,700万円
後遺障害自動付帯分:なし
利用付帯分:2,000万円
自動付帯分:300万円
利用付帯分:1,700万円
傷害治療50万円100万円
疾病治療50万円100万円
賠償費用2,000万円2,500万円
携行品損害15万円20万円
救援者費用100万円150万円

傷害死亡自動付帯分:300万円
利用付帯分:1,700万円
後遺障害自動付帯分:300万円
利用付帯分:1,700万円
入院 / 通院 / 手術

※いずれも最高補償金額になります。

レディースカードの場合、海外旅行の補償金額に多少のアップが見られます。
また「死亡/後遺傷害」において、補償金額の一部が自動付帯になるといった違いもあります!

さらに、オリジナル版にはなかった国内旅行保険も付帯されるレディースカード。
年会費は変わらずに性能が良くなっているので、女性の方は「三井住友トラストVISAレディースカード」をお試しください!

『三井住友トラストVISAカード』の審査について

三井住友トラストVISAカードを申し込むときは、以下の申請条件を満たしているか確認しましょう!

  • 満18歳以上(高校生不可)
  • 安定した収入を得ている

上記の申請条件から、大学生や主婦の方が審査に通るのは少し難しいかも知れませんね。
ただ、一般ランクのクレジットカードなので、アルバイトやパートの収入でも通ったという事例は数多く聞きます!

あくまでも最終判断は発行会社が行うので、気になる方は申し込んでみてはいかがでしょう?

学生さんには「三井住友デビュープラス」もおすすめ

学業優先で収入なしの学生さんも居ることでしょう。
そんな学生さんには、無収入でも作れる学生用クレジットカード「三井住友デビュープラス」もおすすめです!
年会費実質無料・還元率1%超え・ショッピング保険といったお得なクレジットカードなので、ぜひ検討してみてください。
三井住友デビュープラスの詳細はこちら

『三井住友トラストVISAカード』のまとめ

三井住友トラストVISAカードは、利点を活かすのにマイペイす・リボの活用が絶対になります。
「年会費無料・還元率2倍・ショッピング保険」といったサービスも、マイペイす・リボを利用しないことには無いも同然です。

リボ払いは手数料が発生するので本来ならおすすめしませんが、仕組みをキチンと理解し利用するのであれば問題ありません。
残金10,000円での手数料は約124円ですし、年会費無料になることを考えれば利用すべきでしょう!

その点さえ許容できれば、高還元率で低年会費、さらには保険も付いた利便性の高いクレジットカードです。
三井住友&VISAという信頼性の高いクレジットカードでもありますし、初心者でも扱いが簡単な1枚としておすすめします!

【TOP】

タイトルとURLをコピーしました