クレジットカード決済で、「mm/yy」を訊かれたらここを見よう!

「mm/yy」とは、クレジットカードのどこの情報?

クレジットカード情報

 

ネットショッピング等すると、クレジットカード情報を登録することがあります。
その際、「mm」や「yy」という謎の記号を訊かれたことがある方もいるのではないでしょうか?

 

当ページでは、この「mm」や「yy」がクレジットカードの何を表すのかを解説します。
「mm」や「yy」の入力を間違えると、クレジットカードでの決済が完了しませんので、ご確認ください。

 

 

 

「mm/yy」は有効期限のこと!

mm/yyについて

 

「mm」と「yy」とは、クレジットカードの有効期限のこと。
実はクレジットカードにも有効期限があり、それを過ぎると以降の使用ができなくなってしまいます。

 

ネットショッピングで「mm/yy」を訊かれるのは、決済予定のクレジットカードが本当に使えるのか…という確認のために行っていたのです。
「mm/yy」は有効期限を表しているので、クレジットカードの券面上では「2桁/2桁」の数字で記載しています。

 

見方は「mm=月(month)」で、「yy=年(year)」という意味。
そのため、「2025年の2月」が有効期限のクレジットカードなら、「02/25」というように表します。

 

ちなみに、クレジットカードの有効期限は「記載されたmmの月末日」まで。
例えば「02/25」であるなら、2025年の2月末、つまり28日までクレジットカードが使えることを意味しています。
月末なので、その年の2月がうるう年なら29日まで利用可能という訳ですね!

 

 

 

入力するときの注意点とは?

mm/yyについて

 

クレジットカードの有効期限は、「月/年(mm/yy)」の順に示します。
先ほどの例でいえば、「25/02」と入力すると「2002年25月」という存在しない有効期限になってしまいます。
そのため、「mm/yy」を訊かれたときは、入力する順番を間違えないようにしましょう!

 

また「mm/yy」を求められた際に、数字が1桁となる場合の書き方についても注意が必要。

 

「mm」も「yy」も入力するときは大抵2桁(もしくはyyが4桁)で有効期限を表します。
そのため、「mm」が1月〜9月のときは、「01」というように左側に0を入れるようにして入力しましょう!

 

 

 

CVCと似ているので、間違えないように!

mm/yyについて

 

クレジットカード情報を入力する場面では、「mm/yy」以外にも情報の入力が必要です。
その中には「CVC」という「mm/yy」に似たクレジットカード情報もあるので、間違えないようにご注意ください!

 

CVCとはセキュリティコードのことで、クレジットカード券面裏の3桁の番号を指しています。
「mm/yy」と違い、入力には3桁必要なので、打ち間違えをしても気づくことでしょう。

 

ちなみに、セキュリティコードが3桁以上書かれていることがありますが、この場合は下3桁がCVCとなります。
また、アメックスのクレジットカードは「券面表の4桁の番号」がCVCになるので、お間違えないように!

 

 

 

セキュリティ対策が施されたクレジットカードを利用しよう!

mm/yyについて

 

ネットショッピングをする際は、セキュリティや保険についても熟知しておきましょう。
不正利用対策を行ったクレジットカードでないと、いつの間にかクレジットカード情報が盗まれ、多額の負債を抱えてしまうかもしれません。

 

特にネットショッピングをするときは、3Dセキュアやバーチャルカードを作れるクレジットカードがおすすめです。

 

なぜなら3Dセキュアやバーチャルカードを作れるクレジットカードのほとんどは、ネットショッピングに特化。
そのため、セキュリティ対策だけでなく、不正利用補償やショッピング時に適応される保険まで利用が可能なのです。

 

しかも、低年会費なクレジットカードを選ぶことができれば、一般的な保険やセキュリティサービスに加入するよりも、遥かにお得な値段で利用ができてしまうのです!

 

そこで次のページでは、クレジットカードのセキュリティ性について解説すると共に、セキュリティ性が高いクレジットカード3枚を厳選し紹介。
セキュリティの性能だけでなく、使いやすさでも比較できる内容になっています。

 

ネットショッピングでクレジットカードを利用する機会の多い方はぜひ参考にしてみてください。

 

高セキュリティで人気のクレジットカード