三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersはコスパ優秀!

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersを紹介!01

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersを紹介

これから法人カードを導入しようと考えている方のなかには、低コストでありながら豊富なサービスが付帯しているものを探している方もいると思います。

そんな方におすすめなのが「三井住友ビジネスクラシックカードforOwners」です!
三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersは、1,250円という格安な年会費でありながら、キャッシング機能が付帯します。
また、ポイントも貯めやすく、海外保険なども充実しています

この法人カードを導入すれば、キャッシュフローの改善を図れるだけでなく、ポイントによる経費削減を効率的に狙うことが可能!
しかも、出張時などに必要な旅行保険に入会する手間や費用を省けます。

それだけではなく、 三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersは審査が甘いと言われています。
信頼性の高いサイトの独自調査によれば、なんと10人中6人以上もの方が審査に通過したんだとか!
加えて、必要書類が「キャッシュカード(または通帳)」と「本人確認書類」の2点のみとなっているので手続きも簡単です。
よって、法人カードの審査に不安を抱いている方も、気軽に申し込むことができます。

さらに、「マイペイすリボ」というリボシステムを利用すれば、年会費無料ポイント2倍になるといったサービスも付帯!
大事なビジネスチャンスをしっかりとサポートしてくれるこの法人カードを導入してみてはいかがでしょうか?

公式サイトからクイック申し込みする

豊富なポイントアップサービスでお得に貯まる!02

豊富なポイントアップサービスでお得に貯まる!

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersのポイントシステム「Vポイント」は、200円の利用ごとに1ポイント貯まります。
また、1ポイントは1円相当となるので、還元率は平均的な0.5%。
しかし、この法人カードにはさらに効率良くポイントを貯める仕組みが備わっています!

なかでもネットショッピングが多い方におすすめなのが、「ポイントUPモール」の利用です。
これは、三井住友カード株式会社が運営しており、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトを多数掲載しているWebサイトのこと。
掲載されているショッピングサイトを選び、法人カードで普段通り買い物することができます。

なんとこれだけで、提携先ショップに応じてポイントを2倍~20倍獲得可能になります。
利便性の高い通販サイトにてポイント還元率を上げられるため、他の法人カードに比べてよりスピーディーにポイントを貯めることができるでしょう!

さらに、1年間で1,000ポイント貯めると、それに加えて100ポイント貰えるサービスも存在!
非常に簡単な条件でボーナスポイントがもらえるため、「気づいたら思ってた以上にポイントが貯まっている」といった嬉しい誤算が生まれるかもしれませんね!

申し込みはこちら

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersでキャッシュフローの改善を!03

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersでキャッシュフローの改善を!

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersには最高50万円のキャッシング枠が付帯しています。
キャッシングを利用する際に気になるのが金利手数料だと思いますが、この法人カードは国内で15%、海外で18%と良心的な数字になっています。

それでは、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersに付帯するキャッシングの金利手数料はどれほど良心的なのでしょうか?
以下の表にて、一般的な法人カードに付帯するキャッシングの金利手数料と比較しているので見てみてください。

クレジットカード名一般的な法人カード三井住友ビジネスクラシック
カードforOwners
券面
金利手数料国内13%~18%
海外18%
国内15%
海外18%
金利の変動(国内)審査によって変動一律15%で固定

上記表の通り、一般的な法人カードはキャッシングの金利手数料が13%~18%で設定されています。
この値は審査によって変動するため、誰もが金利手数料13%でキャッシングを利用できるということはありません。

一方で三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersは、国内の金利手数料が一律15%で固定。
「キャッシングを利用したら予想以上に金利が高かった!」なんてことには決してなりません。
そのため、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersを導入すれば、より安心してキャッシングを利用できることでしょう。

さらに、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersは支払い方法を5通りの中から選ぶことが可能です。
1回払いでは最長で56日まで延長でき、2回払いまでは手数料が掛からないので、負担なく法人カードの支払いを先延ばしにできます。
より先延ばしにしたい場合、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersでは、リボ払いや分割払い、ボーナス一括払いも選択可能。
多種の支払い方法により無理のない資金管理を行えるのが、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersの魅力です。

また、先延ばしにすると利息などの負担がありますが、それを極力抑えるならばボーナス一括払いがおすすめになります!
12月~6月の利用額を8月に、7月~11月の利用額を翌年1月に…と先延ばしができるうえ、手数料が掛からないので、負担のない資金管理をおこなえます。

申し込みはこちら

『マイペイすリボ』を利用すれば年会費が無料になる!04

『マイペイすリボ』を利用すれば年会費が無料になる!

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersには、「マイ・ペイすリボ」というサービスがあります。
このサービスは、支払い料金の上限を設定しておき、それ以上の利用額を後日に支払う「リボ払い」に自動で変更してくれるというものです。

なんとこの法人カードは、マイ・ペイすリボに登録することで年会費を無料にすることが可能!
その登録方法は、マイ・ペイすリボに申し込み、上限金額を設定するだけという非常にシンプルなものになっています。

とはいえ、金利手数料を支払いたくないがために、リボ払いを避けたい方もいるのではないでしょうか?

そんな方にお伝えしたいのが、ある方法を使うことでリボ払いを回避しつつ、この法人カードの年会費を無料にできるということです。
その方法とは、「マイ・ペイすリボの上限金額と法人カードの利用限度額を同じにする」というもの。
というのも、法人カードは利用限度額以上の支払いが出来ないようになっているからです。

例えば、利用限度額が50万円だったとすると、50万円以上の支払いは出来ないようになっています。
この方法を使えば、リボ払いに自動変更になる条件の「上限金額以上の支払い」が絶対に発生しないようになるという訳です。

なので、この方法を採用することで、リボ払いを避けつつ、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersをコストゼロで所持できます!

また、マイ・ペイすリボにはポイントが2倍貯められるといった特典も存在!
ポイント2倍の特典を獲得するためには、「マイ・ペイすリボの上限金額」を「法人カードの利用限度額」より下に設定して、リボ払いを発生させなければいけません
リボ払いが発生するということは、金利手数料がかかってくるためあまりおすすめはしませんが、上手に活用すればより素早く多くのポイントを獲得できることでしょう。

もちろん、年会費無料を実現するだけでも大丈夫なので、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersを導入するなら、マイ・ペイすリボの登録も検討してみてはいかがでしょうか?

申し込みはこちら

さまざまな電子マネーに対応!発行できるカードも多種05

さまざまな電子マネーに対応!発行できるカードも多種

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersの特徴として、さまざまな追加カードが発行できるという点があります!
この法人カードで発行可能な追加カードは、「ETCカード」と「プラスEX」の2種類です。

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersに付帯するETCカードは、初年度年会費無料なことに加え、翌年度以降も1度利用すれば無料にできます。
非常に簡単な条件でETCカードの年会費を無料にできるため、車での移動が多い方にもおすすめの法人カードとなっています。

そしてプラスEXとは、東海道・山陽新幹線をお得&便利に予約できる追加カードのこと。
行き先によっては、最大で1,450円もチケット代を節約できるため、経費削減に一役買ってくれること間違いなしです。

そんな三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersは、ポストペイ型電子マネー「iD」も利用可能となっています。
「iD」というのは後払い式の電子マネーのことで、事前チャージが不要で、残高を気にする必要がなくスムーズに支払いができます。
利用できる店もコンビニや、ドラッグストア、電気屋など増えているので、このiDを使って支払いをすれば経費清算の手間もなく便利ですね!

また、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersではiD以外に「Apple Pay」「PiTaPa」「WAON」などにも対応しています。
今後は、どんどんキャッシュレス化してくる時代になってくるかと思います。
その場合でも対応できるように、ビジネスの場でもこういった機能をぜひ活かしてくださいね!

申し込みはこちら

社員満足度がアップする福利厚生サービス06

社員満足度がアップする福利厚生サービス

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersを導入すると、充実した福利厚生サービスを受けることができます。

この法人カード会員が使える「ベネフィット・ステーション」では、国内外1,000ヶ所の宿泊施設・スポーツクラブ・人間ドッグ・英会話教室などといった幅広いサービスを優待価格で利用できます。
こういった福利厚生サービスを導入することで、社員のモチベーションがアップ
優秀な人材確保にも繋がり、社内全体の意識向上にも役立つことでしょう!

さらに、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersには、ビジネスシーンで役立つ「Visaビジネスオファー」が付帯します。

Visaビジネスオファーは、出張の際の宿泊・食事・買い物などをサポートしてくれます。
なかでも「Visaビジネスグルメオファー」は、国内の150店舗以上から飲食店を選べ、優待割引や特典を受けることが可能。
接待の際に、経費削減を狙える非常に優秀なサービスとなっています。
三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersを導入すれば、取引先の方に満足していただけるだけでなく、あなたのお財布にも優しい接待にできるはずです!

他にも、クラウド会計ソフト・引っ越し業者・レンタカー・海外への宅配など豊富にサービスを用意しているので、あなたのビジネスライフに貢献することは間違いないでしょう。

提出書類は2点でOK!申し込みがしやすい法人カード07

提出書類は2点でOK!申し込みがしやすい法人カード

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersの審査において、提出書類はキャッシュカード(または通帳)本人確認書類の2点のみ。
そのため、個人事業主の方もこの法人カードを申し込むことができます。

法人カードを発行する際に通常必要な登記簿謄本などの書類を提出しなくて済むので、設立年数を気にされている法人代表者の方にもおすすめです!

また三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersは、提出書類が少ないことから、審査があまり厳しくないことが推測できます。
しかも、手続きがインターネット上のみで完結するので、気兼ねなく申し込めるかと思います。
ですので、法人カードの審査に不安を抱く方でも、まずは1度三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersに申し込んでみることをおすすめします。

申し込みはこちら

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersの詳細08

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersの詳細

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersはどういった法人カードなのかまとめたので、一度その性能をチェックしてみましょう。

法人カード名三井住友ビジネスクラシックカードforOwners
券面
申し込み資格満20歳以上の法人代表者・個人事業主
年会費1,250円(入会初年度無料)
カードブランドVISA/Mastercard
ポイント還元率0.5%
マイル還元率0.3%
利用限度額10~150万円
海外旅行傷害保険最高2,000万円
ショッピング保険年間最高100万円
追加カード年会費400円
ETCカード年会費500円(年1回以上の利用で無料)
キャッシング利用額最高50万円※国内利率:15%/海外利率:18%

最大15,000円が貰えるギフト券プレゼント!新規入会限定プラン09

最大15,000円が貰えるギフト券プレゼント!新規入会限定プラン

低年会費なのにも関わらず、豊富なサービスが付帯している三井住友ビジネスクラシックカードforOwners。
いまなら新規入会限定プランで、最大15,000円分のギフト券をプレゼントしています。

15,000円分ものギフト券を獲得できれば、初年度年会費無料なことも相まって、数年間の年会費を無料にすることが可能です!
非常にサービスが充実した三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersを、長い間年会費無料で所持できます。

このように、ただでさえコスパが良いのに入会特典が非常に豪華!
また、審査も通りやすいと言われており、多くの方が満足できる性能を備えているのが三井住友ビジネスクラシックカードforOwnerの魅力です。
お得なこの機会に、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersへの入会を検討してみてはいかがでしょうか?

お得なキャンペーンに申し込む