「ミライノカードGOLD」の年会費・還元率・審査など特徴を解説!

「ミライノカードGOLD」の特徴やメリットを徹底解説!

  • 年会費:3,000円 (条件次第で無料)
  • 申請条件:20歳以上の方 (学生不可)
  • ブランド:JCB
  • 年間100万円のカード利用で年会費が無料!
  • プラチナランク並みの旅行保険を完備
  • 発行するだけでスマプロが2ランクアップ!

「ミライノカードGOLD」に関する嬉しいサービスを細かい部分まで紹介します!

ミライノカードGOLDは、住信SBIネット銀行での優待を受けられるクレジットカード。
こちらを持つことで、スマートプログラムのランクを2つ挙げられ、ATM手数料ならびに振込手数料の無料回数を増やすことができます!

クレジットカード自体の性能も高く、還元率は1.0%ある他、国内外で適用の旅行保険(家族特約付き)を付帯。
旅行保険は、他社のプラチナランクに劣らない補償額となっているので驚きです。

こうした高い機能性を持ち、且つゴールドランクながらも、年会費はたったの3,000円。
しかも、条件次第で無料になるので、コストパフォーマンス面でも輝きを放ちます!

申し込み資格は20歳以上の方からであり、主婦や新社会人の方でもOK。
そんなミライノカードGOLDを、検討してみてはいかがですか?

「ミライノカードGOLD」の基本性能がこちら!

ミライノカードGOLDは、住信SBIネット銀行が発行しますゴールドクレジットカードです。

その特徴は、住信SBIネット銀行に預金口座を持つ方にとって嬉しいサービスが備わっていること。
このクレジットカードを作るには住信SBIネット銀行の預金口座を作る必要があるので、紐付くことから作る分にはおすすめです。

その他、高還元率・低年会費・旅行保険などのサービスも付いているため、利便性には事欠きません。

そういった注目すべきサービスの詳細は後述しますので、まずはミライノカードGOLDの基本性能をご覧ください!

カード名ミライノカードGOLD
券面
国際ブランドJCB
発行対象20歳以上 (学生不可)
年会費3,000円 (条件次第で無料)
利用限度額70万円~300万円
ポイントプログラム名ミライノポイント
ポイント還元率1.0%
海外旅行保険最高5,000万円
国内旅行保険最高5,000万円
ショッピング保険年間100万円まで
ETCカード年会費無料
家族カード

年会費が格安!さらには条件次第で0円に!?

ゴールドランクにおける年会費の相場は、いくらだと思いますか?
大体10,000円前後と言われており、高いものだと30,000円ほどのものがあるのが現状です。

では、ミライノカードGOLDの年会費はいくらなのかというと、たったの3,000円しか掛かりません。
相場と比較すると1/3未満の価格なので、低年会費のゴールドクレジットカードが欲しい方には打って付けの1枚です!

しかも、この年会費はミライノカードGOLDの年間総利用額が100万円を超えることで、なんと無料になります。

年間100万円と聞くと難しく思う方も居るかと思いますが、月間に換算すると約84.000円で達成可能。
クレジットカードは「公共料金・税金・家賃・携帯代」などの請求も支払えるので、実際は達成できる方も多いことでしょう。

3,000円もお得になる嬉しいサービスなので、計画的に利用を進めてみてください!

スマートプログラムのランクを一気に2つも上げられる!

ミライノカードGOLDを発行する住信SBIネット銀行には「スマートプログラム」というものがあります。

これは、住信SBIネット銀行を利用するにあたって嬉しい優待制度のこと。
ランク制度が設けられており条件次第で1~4まで分けられるのですが、ミライノカードGOLDを持つと、このランクを一気2つも上げることができます!

「ランク4」の判定条件
下記のいずれかに該当することでランクアップ
4-1外貨預金と仕組預金の月末残高合計が500万円以上
4-2外貨預金と仕組預金の月末残高合計が300万円以上かつ住宅ローンを利用
「ランク3」の判定条件
下記のいずれに該当することでランクアップ
3-1総預金の月末残高が300万円以上
3-2ロボアドバイザー資産運用残高の合計が月末時点で100万円以上
3-3住宅ローンを利用
3-4 以下の中から3つ以上に該当すること

  • 外貨預金(普通/定期)の月末残高あり
  • 仕組預金の月末残高あり
  • SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  • 純金積立月末時点でご契約あり
  • 給与、賞与または年金の月内ご入金あり
  • 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり
  • カードローンの月末残高あり(50万円以上2つにカウント)
  • スポーツくじ購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上
  • ミライノ デビットの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上2つにカウント)
  • クレジットカード「ミライノ カード(JCB)一般」の引落口座を当社に設定かつ当月確定(翌月引落)金額が1万円以上(5万円以上2つにカウント)
  • 当社口座からプリペイドカード「JAL Global WALLET」への円貨チャージの月内合計金額が1万円以上(3万円以上2つにカウント)
「ランク2」の判定条件
下記のいずれに該当することでランクアップ
2-1総預金の月末残高が30万円以上
2-2ロボアドバイザー資産運用残高の合計が月末時点で10万円以上
2-330歳未満
2-4 以下の中から2つに該当すること

  • 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  • 仕組預金の月末残高あり
  • SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  • 純金積立月末時点でご契約あり
  • 給与、賞与または年金の月内ご入金あり
  • 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり
  • カードローンの月末残高あり(50万円以上2つにカウント)
  • スポーツくじ購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上
  • ミライノ デビットの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上2つにカウント)
  • クレジットカード「ミライノ カード(JCB)一般」の引落口座を当社に設定かつ当月確定(翌月引落)金額が1万円以上(5万円以上2つにカウント)
  • 当社口座からプリペイドカード「JAL Global WALLET」への円貨チャージの月内合計金額が1万円以上(3万円以上2つにカウント)
「ランク1」の判定条件
1-1上記の条件にいずれも該当しない方

上記が、スマートプログラムのランクを上げる方法です。

見てもらえれば分かる通り、ランク1⇒ランク2に上げるには「2-1:月末に30万円以上の預金」で上げるのが簡単。
これを達成することでランク2になり、さらにミライノカードGOLDを持てばランク4まで駆け上がれるのです!

では、ランクを上げるとどのような優待サービスを受けられるのでしょうか?

ATM利用手数料
無料回数
振込手数料
無料回数
ランク4月15回月15回
ランク3月7回月7回
ランク2月5回月3回
ランク1月2回月1回

上記の通り、ひと月あたりの手数料が無料になる回数に変化が生じます。

ランク1とランク4では、手数料が無料になる回数に大きな差があることは明白。
仕事で月に何回もATMを利用するような方の場合、ランクを簡単に上げられるミライノカードGOLDの存在は大きいのではないでしょうか?

また、ミライノカードGOLDの年会費が3,000円しか掛からないことを考えると、浮いた手数料だけで元を取るのも簡単!
こうした嬉しいサービスを受けられるので、住信SBIネット銀行の利用者なら、ミライノカードGOLDの発行はおすすめです。

ポイント還元率1.0%!有効期限は長めの3年間

クレジットカードを作るとき、還元率が気になる方も居ることでしょう。
では、ミライノカードGOLDの還元率は何%かというと、1.0%もの高水準をマークしています!

クレジットカード業界では、0.5%が平均で1.0%以上で高いとされています。
実際、ゴールドランクにも0.5%のクレジットカードは多く、それと比較するとミライノカードGOLDは高還元率と言えるでしょう。

デメリットを挙げるなら、ミライノカードGOLDには還元率を上げる優待制度が特にありません。

上述した他社のクレジットカードの中には、基本還元率こそ低いもの、そういった優待制度のおかげで還元率1.0%を実現するものも多いため、そうなるとミライノカードGOLDの還元率は低いことになってしまいます。

ただ、そういったクレジットカードの多くは、還元率の上がる場面が限定されており、一部の店舗でしか1.0%以上にならないものも多め。

そういったことを鑑みると、どの店舗でも1.0%の還元率を実現するミライノカードGOLDは、実用的と言えるでしょう!

旅行保険はトップクラス!国内外の両方で使える

ミライノカードGOLDが他社のクレジットカードに負けない特徴といえば「旅行保険」。
とにかく旅行保険に優れており、国内外で利用できることはもちろんのこと、補償対象が家族も含まれる家族特約が付いており、そして海外旅行保険については自動付帯という優れものとなっています。

ただ、ここまでのクレジットカードは他にもゴロゴロと存在しています。
ミライノカードGOLDが優れている点は、低年会費ながら補償額が高いことで、実際の内容は以下となっています。

本会員家族特約

傷害死亡5,000万円1,000万円
後遺障害5,000万円1,000万円
傷害治療500万円250万円
疾病治療500万円250万円
賠償責任5,000万円2,500万円
携行品損害50万円25万円
救援者費用300万円150万円

傷害死亡5,000万円1,000万円
後遺障害5,000万円1,000万円
入院日額4,000円2,000円
通院日額4,000円2,000円

※いずれも最高補償額を記載 – 詳細

注目すべきは、海外旅行保険の「傷害・疾病」の治療費が最高500万円なことです。

この500万円もの補償は、クレジットカード全体を見渡してもなかなかありません。
ゴールドランクはもちろんのこと、プラチナランクのクレジットカードでも最高300万円のものが多く、比較すると圧倒的なのが分かります。

それほど凄い補償額ながらも、年会費はたったの3,000円という安さ。
しかも、条件次第で年会費は無料になるのだから、最強の補償額を持つクレジットカードと言えます!

ちなみに、年会費3,000円で高額補償のクレジットカードには「セゾンブルー・アメックス」もあるのですが、こちらと比較しても補償額の差は歴然。

これほどの補償額を持つ低年会費のクレジットカードは、まずありません。
そのため、手厚い補償を受けられるクレジットカードを探している方に、ミライノカードGOLDはおすすめです!

国内主要空港のラウンジを無料で利用できる!

ミライノカードGOLDには、空港ラウンジを利用できるサービスがあります。

利用できるのは国内の主要都市にある空港のラウンジ限定ですが、無料で利用可能。
チェックインに遅れないよう空港に早く着いてしまうこともありますが、このサービスを利用すれば快適な待ち時間を過ごすことができます!

なかでは、ソフトドリンクをいただけたり、有料サービスになりますが軽食やお酒を堪能できます。
またコンセントなど利用できるため、携帯電話やパソコンを充電するにも最適!

快適にくつろげる空間となっているので、飛行機に乗られる際はラウンジを利用してみては?

「ミライノカードGOLD」の審査について

最後に、ミライノカードGOLDの審査について推測していきましょう!

20歳以上の方 (学生不可)

ミライノカードGOLDの申し込み資格は、上記の通り。
たったこれだけなので、主婦や新社会人の方も申し込めるクレジットカードとなっています。

ただ、あくまでも上記は申し込み資格であって、審査の合否を判断するものではありません。
実際の審査では、安定継続収入・クレジットヒストリー・配偶者の年収なども判断基準となるため、20歳以上でも通らないこともあるでしょう。

とはいえ、20歳以上で学生でないなら申し込めることから、大勢の方にチャンスがあるのは事実。
他社のゴールドクレジットカードよりも受付窓口が広いので、クレジットヒストリーに問題のない方なら申し込んでみることをおすすめします!

【TOP】

タイトルとURLをコピーしました