法人カードで効率の良いマイルの貯め方!おすすめの法人カードも紹介

法人カードでの効率良いマイルを貯め方!

法人カードでマイルを貯める方法

法人カードでマイルを効率よく貯める方法を紹介します!

効率よくマイルを貯めるなら、高還元率の法人カードを選ぶのが大事。
しかし、いくら高還元率でも貯め方を重要視しないと効率よくは貯まりません。

そこで今回は、法人カードでの最適なマイルの貯め方を解説。
最後には、マイル還元率の高いおすすめの法人カードも紹介するので、ぜひご覧ください!

マイルの貯め方は3つ!

マイルの貯め方は3つ!

法人カードでマイルを貯める方法は、以下の3つになります。

その1:飛行機に乗って貯める

法人カードの中には、「ANA」や「JAL」などの航空会社が発行するものもあります。
そういった法人カードには、搭乗することで距離に応じたフライマイルを貯められるものがあり、少しばかりお得です。

出張時に利用する航空会社が決まっている会社もあることでしょう。
そういった企業は、自社が頻繁に利用する航空会社の法人カードを作ることで、よりマイルを貯めやすくなります!

その2:ポイントを移行して貯める

法人カードでマイルを貯めるときは、この貯め方が最も一般的。
決済することで貯まった法人カードのポイントを、マイルに移行することで貯まります。

法人カードは、交通費・公共料金・その他の経費といった支払いが可能。
そのため、この貯め方を意識すれば年間で驚くほどマイルを貯めることができるでしょう!

その3:ショッピング利用で貯める

上記ではポイント移行を紹介しましたが、法人カードの中にはポイントを経由せず、直接マイルを貯められるものも存在。

そういった法人カードは、移行の手間がない分、移行時にあるデメリットを気にしなくて良いというメリットがあります!

ただ、この貯め方をできる法人カードは多くないので、この貯め方を行える法人カードか事前に確認しておきましょう。

貯め方で注意したいは4つのこと!

法人カードでマイルを貯めるには、いくつか注意点も存在。
ここでは、法人カードでマイルを貯めるときの注意点を解説します!

その1:航空会社の法人カードは貯めにくい

航空会社の法人カードは貯まりにくい

マイルを効率良く貯めたい!と考えた場合、「ANAやJALの法人カードを持とう!」と考える方も多くいます。
しかし、実はANAやJALが発行する法人カードの性能は、個人用と法人用で大きく変わります。

個人用の場合、基本的にフライトとショッピング、どちらの利用時でもマイルを貯めることが可能。
しかし、法人カードの場合「フライトマイル」のみ貯めるのが一般的な方法となっていて、ショッピングマイルに対応している法人カードは限られてしまいます。

法人カードは、航空券以外のさまざまな経費に利用されることが予想されます。
そういった経費精算の分をマイルへと移行できないのは非常に勿体ないですよね。

法人カードを航空券の支払いだけに利用するのであれば、航空会社の法人カードで十分貯めていくことが可能ですが、そうでなければ基本的にこういったカードではマイルを効率よく貯めることはできません。

その2:「移行上限」と「移行手数料」を確認しよう

「移行上限」と「移行手数料」を確認しよう

法人カードでマイルを貯めるなら、「移行上限」や「移行手数料」も比較すべき!

移行上限とは、ポイントからマイルに移行できる上限のこと。
当然ながら上限以上の移行ができないので、法人カードを作るときは上限の有無、ならびに上限に達しないか比較すべきです。

また、移行するときに手数料の掛かる法人カードも存在します。
マイルの移行量によっては手数料で損をすることもあるので、必ず比較しましょう!

その3:ポイントの有効期限を確認しよう

年会費が高すぎては意味がない

マイルを希望の商品に交換するには、結構なポイントを貯める必要があります。
その際、ポイントを必要数まで貯めている間に有効期限が来てしまい、失効する方も少なくありません。

そういったことがあるともったいないので、ポイントの有効期限、ならびに交換ラインの確認はしておきましょう!

その4:法人カードの年会費を確認しよう

年会費が高すぎては意味がない

マイルを貯めたいがゆえに、高いマイル還元率の法人カードを選択することは決して間違っていません。
しかし、あなたはその恩恵を受けられるほど、法人カードを利用できますか?

マイル還元率ばかりに目が行き、利用機会があまりないにも関わらず、高い年会費の法人カードを選んでしまってはそれは大きな損。
それであれば、年会費が比較的安い法人カードを選び、あなたに合ったペースでマイルを貯めた方が良いでしょう。

ただし、付帯サービスを比較してみることも大切。
飛行機を利用するうえで安心できる旅行傷害保険や、空港ラウンジの入場資格などが付帯している法人カードもあるので、一概に年会費が高い法人カードを選ばない方がいい訳ではありません。

ですから、マイルの貯めやすさで法人カードを比較するにあたって、年会費やサービスの比較は欠かせません。

マイルが貯まる最強の法人カードを紹介!

マイルの貯め方について理解できましたか?
マイルの貯め方が分かったところで、マイルが貯めやすいおすすめの法人カードを、ANAとJALそれぞれ1枚づつご紹介していきます。

ANAを利用する方におすすめの1枚

移行手数料と移行上限を要チェック

ANAを利用する方におすすめの法人カードは「アメックス・ビジネスゴールド」です!
この法人カードには、マイルが貯まりやすくなる独自のプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」というものがあります。

このプログラムに登録すると、ANAマイル還元率がなんと1%と高還元で受けることができます!
また、この法人カードはANAだけではなく世界の主要航空会社14社のマイルにも交換可能!
さきほどのプログラムに参加することで、こちらも0.8%と高い還元がされるのでおすすめです。

さらに、アメックス・ビジネスゴールドは、国内外28ヶ所の空港ラウンジが利用可能で待ち時間も、有意義に過ごすことができます。

旅行傷害保険に関しても、国内5,000万円・海外1億円と高額補償になっているので、旅行や出張時の際にも安心ですね。

アメックス・ビジネスゴールドの年会費は通常31,000円となっていますが、今申し込みを行うと初年度無料になるので、まずは無料期間の1年でその性能の高さを試してみてはいかがでしょうか?

アメックスビジネスゴールドの詳細

JALを利用する方におすすめの1枚

JALを利用する方におすすめ

JALを利用する方におすすめの法人カードは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード※」です!
※以下、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスと記載。

この法人カードのJALマイル還元率は、なんと最大1.125%!
マイル還元率で言ったら法人カードのなかでNo1の数値を誇ります。

そしてこの法人カードそ導入することで、世界1,200ヶ所以上にある空港ラウンジが利用可能なプライオリティパスを無料で発行可能となります!

ゴールドランクの法人カードに付帯されるカードラウンジと比較しても、こちらの方がワンランク上の待遇を受けられるため、あなたにとって快適な待ち時間となることでしょう。

そんなセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの法人カードの年会費はなんと20,000円と、プラチナランクの法人カードと比較すると低コストで導入ができます。
そして、年間200万円以上利用すると翌年の年会費が半額になる嬉しい特典もついています!

低コストでJALマイルをお得に貯めていきたい方は、下記の詳細ページもチェックしてみてくださいね。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの詳細

マイルは個人に付与されるもの!

貯めたマイルは誰のもの?

法人カードで貯めたマイルは誰に所有権があるか、気になりますよね。
結論を言えば、法人カードで貯めたマイルは、会社ではなく個人に付与されます。

ただし、あくまでも会社の経費から生まれたものなので、無断で使うのは好ましくありません。
使ったことが原因でトラブルが発生する可能性もあるので、キチンと話し合うことが重要です。

こうしたトラブルを生まないためにも、法人カードで貯めたマイルは誰のものか、会社で決めておくことをおすすめします。

貯め方だけでなく「マイル比較ランキング」もチェック!

マイル比較ランキングはこちらから!

今回は法人カードのマイルの貯め方について説明致しました。
マイルを効率よく貯めたあとに、どのような利用先があるのかを知りたい方は「マイルの使い方」もチェックしてみてくだささいね。

また、当サイトではこのページで紹介したカード以外にも、マイルが貯まりやすい法人カードをランキング形式で紹介しています。
より自分にあったマイルが貯まりやすい一枚を探していきたい方は、ぜひ下記のボタンから覗いてみてくださいね。

マイル比較ランキング

タイトルとURLをコピーしました