法人カードで公共料金を支払うメリットと知っておくべき注意点!

公共料金を法人カードで払うメリットと注意点
01

公共料金を法人カードで払うメリットと注意点

主に電気・水道・ガスの使用料金を指す「公共料金」。
法人カードでこの公共料金を支払うことに、どんなメリットがあるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

様々な支払いに利用できる法人カードですが、公共料金を支払うことでたくさんのメリットを獲得可能です。
例えば、経費削減を図れたり、経理業務を簡略化できたりなど、法人カードを利用するメリットは多様になります。

しかし、法人カードで公共料金を支払う際は、注意点があることも知っておく必要があります。
その注意点について知っておかないと、法人カードを利用したために、大切な仕事に支障をきたしてしまうといったこともあるかもしれません。

そこで今回は、法人カードで公共料金を支払うメリットについて徹底解説。
また、法人カードでの支払いの際に気を付けるべき注意点についても紹介します。

そして、ページの後半では、公共料金の支払いに最適な法人カードも紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

公共料金を法人カードで支払うメリット!
02

公共料金を法人カードで支払うメリット!

公共料金を法人カードで支払うことにより、非常に様々なメリットを獲得可能です。
獲得できる代表的なメリットは、以下の通りになります。

  • ポイントの還元が受けられる
  • 経理業務の簡略化
  • 経費管理の効率化

それでは、上記3つのメリットについて詳しく解説していきます。

ポイントの還元が受けられる

ポイントの還元

まず、公共料金を法人カードで支払うことにより獲得できるメリットとして紹介するのが、「ポイントの還元が受けられる」というものです。

基本的に、ほとんどの法人カードには、ポイントの還元システムが備わっています。
そのため、法人カードを利用して経費などを支払った際は、その利用額に応じてポイントを獲得することが可能。
獲得したポイントは様々な使い道が用意されているため、自身の用途に合わせて交換すれば経費削減が図れます。

これは、公共料金の支払いでも同様です。
法人カードで公共料金を支払うことにより、ポイントを獲得できます。
結果として、公共料金の支払いで得たポイントを交換すれば経費削減に役立てられるため、法人カードの利用というのは大きなメリットになるという訳です。

経理業務の簡略化

経理業務の簡略化

そして次に、法人カードを利用して公共料金を支払うメリットとして紹介するのが、「経理業務の簡略化」というのもの。
法人カードで公共料金を支払えば、現金での支払いでは出来なかった「管理の1本化」が実現できます。

きっと、現金で公共料金を支払っていた方であれば、「水道代はこの口座、電気代はこの口座」といったように、振り込み口座が多岐にわたっていたことでしょう。

しかし、法人カードを利用して公共料金を支払えば、上記のように振込口座がバラバラになることはありません。
毎月、法人カードの引き落とし口座から公共料金が支払われていくため、振込手数料の削減にも繋げられることでしょう。

経費管理の効率化

経費管理の効率化

最後に、公共料金を法人カード払いにするメリットとして紹介するのが、「経費管理の効率化」というものです。

法人カードを利用すれば、発行会社より利用明細書が送られてきます。
この利用明細書には、もちろん公共料金の支払いで利用した分の履歴も記載されるので、一目で簡単に利用額などの確認が行えます。

例えば、今まで現金で支払っていた方であれば、各公共料金の領収書などを保管して、支出の管理などを行っていたことでしょう。
ただこの方法だと、各公共料金の領収書を保管しておくだけで1つの手間になりますし、もし無くしてしまえば非常に経費管理を行うのが大変になってしまいます。
そのため、公共料金を現金払いで処理するというのは、あまり効率的な方法とは言えません。

しかし、法人カードを導入すれば、明細書を確認するだけで毎月いくらくらい公共料金を支払っているのか簡単に把握することが可能。
現金での支払いよりも非常に管理が楽になるため、今まで掛けていたであろう労力を大きく削減できるはずです。

法人カードの支払いの際に知っておくべき注意点
03

法人カードの支払いの際に知っておくべき注意点

公共料金を法人カードで支払う際に、最も気を付けなければいけないことは「カードの利用停止」です。

もし、法人カードの利用が停止されてしまうと、それに伴い公共料金の支払いも行えなくなります。
そうなってしまうと、水道や電気などのライフラインが止まってしまう可能性も。
これらのライフラインが止まると仕事にならないという方がほとんどだと思うので、法人カードで公共料金を支払いたいなら「カードの利用停止」だけは絶対に避けるようにしましょう。

ちなみに、法人カードが利用停止になる原因として考えられるのが、「利用限度額」が超えてしまうというケースです。
法人カードには必ず利用限度額が設けられており、それ以上の利用が出来なくなっています。

例えば、公共料金引き落としの前に利用限度額いっぱいまで法人カードを利用していた場合、「電気代が引き落とされていなかった!」なんてことにもなりかねません。
こうなると電気が止まってしまうことになるので、公共料金の支払いを法人カードで行いたい方は、特に利用限度額の確認を怠らないようにしましょう。

申し込み方法は基本的に2通り
04

申し込み方法は2通り

法人カードで公共料金を支払うためには、申し込む必要があります。
その申し込み方法は、基本的に下記の2通り。

  • 発行会社のWEBサイトから申し込む
  • 各公共料金の窓口に直接申し込む

法人カードによっては、発行会社のWEBサイトより公共料金の支払いを申し込むことが可能なものもあります。
WEB上で簡単に手続きを済ませられるため、おすすめの方法です。
なので、現在所持している法人カードが、WEB上で公共料金の支払い申し込みに対応しているのか確認してみましょう。

そして、手間は増えてしまうものの、各公共料金の窓口にて法人カード払いへの変更手続きを行うこともできます。

例えば、水道代を法人カードで支払いたい場合は「水道局」、電気代を支払いたい場合は「電力会社」の窓口にて変更手続きが可能。
もし、法人カードの発行会社WEBサイトにて、公共料金の支払い手続きが行えないなら、この方法を採用するようにしましょう。

公共料金の支払いにおすすめの1枚「オリコExGold for Biz」
05

公共料金の支払いにおすすめの法人カード

今回、公共料金の支払いに最適な法人カードとして紹介するのが、「オリコExGold for Biz」です。
この法人カードは、公共料金の支払い時などに、非常に多くのポイントを獲得することが出来ます。

オリコExGold for Bizのポイント還元率は、なんと最大1.1%
法人カードの平均還元率が0.5%程度と言われているため、2倍以上もの数値を誇ります。

例えば、年に200万円程公共料金の支出がある場合、22,000ものポイントを獲得することが可能!
これだけのポイントが獲得できれば、非常に経費削減が図りやすくなることでしょう。

そんなオリコExGold for Bizは、ポイント還元率に魅力があるだけでなく、付帯サービスも充実しています!
この法人カードに付帯するサービスの中でひときわ目を見張るのが、「招待日和」というサービスです。

招待日和とは、日本全国にある高級レストランを2名以上で予約した際に、1名分のコース料理を無料にしてくれるというもの。
接待にてお客様と美味しい食事を堪能できるだけでなく、大きく接待費の削減を狙える優秀なサービスとなっています。

その他にも、充実した旅行傷害保険が付帯していたり、利用限度額に余裕があったりするオリコExGold for Biz。
年会費は2,000円とゴールドランクとしては破格の金額になっているだけでなく、なんと初年度は無料で利用できます。
公共料金の支払いに法人カードを利用したいという方は、オリコExGold for Bizの導入を検討してみてください!

オリコEXGold for Bizの詳細

ランキングはこちら!
06

ランキングはこちら!

今回は、法人カードを利用して公共料金を支払った際のメリットや注意点について紹介しました。
公共料金の支払い時にも多くのポイントを獲得できるため、法人カードの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

とはいえ、法人カードを導入するなら、しっかりとポイントの貯めやすさを比較したうえで検討したいと思う方もいることでしょう。
ポイントの貯めやすさで法人カードを比較すれば、公共料金の支払い時などによりお得な1枚を見つけ出せます。

そこで、法人カードをポイントの貯めやすさで比較する際に参考にして欲しいのが、当サイトに掲載する「ポイント比較ランキング」です。
ポイント比較ランキングでは、還元率が高い法人カードを抜粋&徹底比較しています。
その上でランキングを作成しているので、きっとあなた好みの法人カードが見つけられることでしょう。

ポイント比較ランキングはこちら!

タイトルとURLをコピーしました