渡航前に知っておきたい、海外でのクレジットカード事情

海外でのクレジットカード利用における注意点

 

「クレジットカードで支払いを済ます場合、チップはどうするの?」
「サインはいつも漢字だけど、海外で使う場合はローマ字?」

 

クレジットカードを海外で使うとなると、こうしたちょっとした場面のことも心配になりますよね。
今回は、クレジットカードを海外で利用する際に知っておきたい諸注意を紹介します!

 

旅先で利用について困ることがなくなるよう、こちらでぜひご確認ください。

 

 

 

支払いについて!サインやチップはどうするの?

 

支払い1つとっても、日本と海外では利用方法が大きく変わります。

 

例えば海外ではチップ文化がありますが、クレジットカードで払う場合どうするのか。
チップ代は、最近だと「請求代に入っている」もしくは「自分で記入し請求代に込めてもらう」という利用が一般的。

 

クレジットカード決済をし、さらに現金でチップを払う…といったことはせずとも大丈夫なのです。

 

またクレジットカードを海外で利用する場合、サインについても気になりますよね。
サインは、日本と同じく「クレジットカード背面のサイン」を書けば大丈夫です。

 

大事なのは同じものを書くことなので、サインが漢字なら漢字で構いません。
英語圏だからといって、わざわざローマ字に直すようなことはしなくてよいのでご注意を。

 

サイン前ですが、会計内容に不備はないか確認を必ず行いましょう。
海外では請求額を伝えてこないことがあるので、もしかすると不正に請求されている可能性も。

 

会計内容に違和感があればその場で店員に尋ねるか、もしくは会計後に請求額の確認をしましょう。

 

 

 

外国に行く前に、発行会社に渡航することを伝えよう!

 

クレジットカードを外国で利用すると、発行会社が不正利用を疑いロックを掛けることがあります。
そうなると、クレジットカードの利用ができなくなるので注意が必要です。

 

もしロックを掛けられることがあれば、発行会社に連絡をしてみてください。
外国で利用していることを伝えれば、ロックは外してもらえます!

 

またこのロックですが、外国へ行くことを発行会社へ事前に連絡をしておけば防ぐことが可能です。

 

筆者の経験上、外国でクレジットカードを利用してもロックが掛かることはありませんでした。
しかし、それはクレジットカード利用が少額だったからかもしれません。

 

多額の利用や「過去起きた不正利用の実例」に似た買い方をすると、クレジットカードの利用にロックが掛かる恐れがありますね。

 

ロックの解除依頼は海外からもできますが、できれば日本に居る間に済ませてしまいましょう!
この楽天カードのように各社対応していますので、事前に連絡を行ってみてください。

 

 

 

クレジットカードは2枚以上持っていくべき!

 

海外に持って行くのが1枚だけだと、心許ないかもしれません。

 

海外では、アナタが持つクレジットカードが利用できない場面がよくあります。
紛失や盗難、クレジットカードが機械に飲まれるなんてことも海外では起こり得ることも!

 

こうしたトラブルを考え、2つ以上持って行くことをおすすめします。

 

1枚は「VISA」での利用を!

 

海外での利用を考えているなら、絶対に1枚は「VISA」にしましょう!

 

VISAは、国際ブランドの中でもシェア率が世界トップクラス。
そのため、VISAは多くの国で利用できるため、持って行くことをおすすめします。

 

 

 

海外保険の見直しはできていますか?

 

以上、クレジットカードの海外利用についてでした!

 

海外に行くときは、些細なことも事前に準備しておくことが大切。
外務省では、旅行先の安全情報が無料で届く「たびレジ」というメールサービスを行っており、こちらを登録しておくと便利ですよ!

 

また安全といえば、クレジットカードの保険を見直すことも大切ですね。

 

海外旅行中の怪我や病気における治療費を、一定額補償してくれるクレジットカードの保険。
海外の危険な地域に行かれる方にとって、クレジットカードの保険はとても有益なものなので、ぜひ活用してみてください!

 

もしクレジットカードの海外保険について詳細を知りたい場合、こちらの記事をご覧ください。

 

クレジットカードの海外保険情報