紛失・盗難といったクレジットカードの被害に海外で遭ったときの対処

海外でクレジットカードを紛失・盗難に遭ったときの対処

海外でのクレジットカード紛失時の対応

 

海外でクレジットカードを紛失したら、色々考え慌てているかと思います。
ですが、まずは落ち着きましょう。

 

クレジットカードは、海外で紛失しても利用停止にできます
そして手続きを行えば、クレジットカードを不正利用されていても補償を受けられます。

 

なので、まずは気持ちを落ち着かせましょう。
そのうえで、解説します海外でクレジットカードを紛失したときの対処をご覧ください。

 

 

 

被害に遭ったと分かったら必ず行う2つの対処

海外でのクレジットカード紛失時の対応

 

一旦、落ち着くことはできましたか?

 

上述したように、クレジットカードを海外で紛失しても補償が受けられます。
なのでまずは落ち着いて、海外でクレジットカードを紛失したときは以下のことを行いましょう!

 

発行会社への連絡

海外での紛失対応@

 

クレジットカードを紛失したことに気づいたら、とにかくまずは発行会社に連絡をしましょう!
今怖いのは、紛失したクレジットカードが悪用されることなので、まず利用停止にします。

 

発行会社に紛失した旨を伝えれば、そこから30分程でクレジットカードを利用停止にしてくれます。

 

この際に、海外で紛失したときは連絡先が国内とは異なることに注意しなければなりません!
発行会社によって国ごとに連絡先が分けられていることもあるので、お間違いなく。

 

 

現地の警察署に行き届出を出す

海外での紛失対応A

 

発行会社に紛失の旨を伝えたら、次は最寄りの警察署にクレジットカードを紛失したことを伝えに行きましょう!

 

「現地」の警察相手なので、言語が分からない方だと伝えるのが難しいかと思います。
ですが、翻訳アプリを使うことで概要でも伝えられれば、多少なりとも分かってもらえます。

 

警察署での手続きが無事に終わったら、発行会社に再度連絡しその旨を伝えましょう。

 

 

 

不正利用の補償は必ずしも受けられる訳ではありません!

海外での紛失対応

 

大抵のクレジットカードには、紛失・盗難保険が付いています。
そのため、海外でクレジットカードを紛失しても保険が適用されるのでご安心を。

 

ただこの保険、上述した手続きを行わないことには補償を受けられません!
なので少し面倒と思われた方も、手続きは行われることをおすすめします。

 

またこの紛失・盗難保険ですが、適用は「発行会社に連絡を入れた日から60日以前まで」となっています。
連絡を怠ったり遅れたりすると、60日経過して補償されないことがあるので注意してください!

 

 

 

海外にクレジットカードは持って行くべき?

海外での紛失対応

 

クレジットカードは紛失手続きが面倒なので、海外には持って行かない方が良いのでしょうか?

 

筆者としては、クレジットカードは2枚以上、最低でも1枚は持って行くことをおすすめします!
というのも、筆者自身海外でクレジットカードに救われたことがあるからです。

 

当時、その日は海外旅行最終日で、現地通貨を全て使いきった状態でした。
その状態で空港に着き帰国しようとしたところ、時間を間違え帰国便はすでに出発していたのです。

 

現金はないうえ頼れる知り合いも居ない。
そんな中でクレジットカードがあったため、チケットを購入でき帰国ができたのです!

 

あまりピンと来ないかもしれませんが、要は所持金のみでやり繰りしないとならない場面で、クレジットカードの存在はとても大きかったです。

 

また紛失したときですが、クレジットカードを持つ方がかえって安全という意見も。
というのも、海外の危険な地域では、現金よりクレジットカードを持ち歩く方が安全だからです!

 

もし現金が必要なときは、クレジットカードのキャッシング機能を使うことで解決。
海外に行くなら、やはり1枚はクレジットカードを持って行くことをおすすめします!

 

話に出てきましたキャッシングについて。
こちらの記事にて利用方法を紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

海外キャッシングの利用方法