海外保険はクレジットカードで!受けられる補償内容と注意点を解説!

高額医療費が請求される海外では、保険の準備は確実に!

海外保険が手厚いクレジットカードを紹介します。

みなさんは、海外ではとんでもない額の医療費が請求されることもあることをご存知ですか?
例えば日本人が大好きなハワイでは、盲腸の治療費で200万円~300万円を請求されることも(日本では約50万円以下)。

そのため、海外出発前に保険に入る方もいますが、加入金の高さから渋る方もいることでしょう。
そんな方は、クレジットカードの海外保険を利用されてみてはいかがでしょうか?

クレジットカードには、サービスの1つに海外保険が付帯しているものがあります。
その中には低年会費で保険の付いたクレジットカードもあるので、コストを抑えることができるのです!

今回は、海外保険付帯のクレジットカードの選び方、またおすすめのクレジットカードを紹介します。
クレジットカードだけで高額の保険を備えられる方法を紹介するので、海外に出発される前にぜひご覧ください!

実際の請求される医療費はどれほどか

冒頭で海外の医療費は高いとお伝えしましたが、どれぐらいの請求がされるのでしょうか?
実際に体験された方の口コミを見てみましょう。

ハワイで海水浴中、溺れて意識を失いICUに入院。
約1ヶ月入院後、看護師付添のもとプライベートジェット機にて日本まで搬送。
現地入院費用が保険金額超過のため、保険金額全額支払い。
現地治療費は約3,000万円かかったが、被保険者自己負担となる。

参照サイト:アメリカ保険金お支払い例|損保ジャパン日本興亜 海外旅行保険

日本では数百円~数万円の医療費でも、海外では数百万円~数千万円に上ることがあります。
一般的な日本人が生涯に稼ぐ額が3億円と言われるなか、数千万円も請求されたら破産は免れませんね。

海外ではこうしたこともあるので、保険の加入は必ず行うべきなのです!

クレジットカードの保険を検討する理由とは

海外保険の重要性は分かりましたが、とはいえ加入にも結構なお金がかかりますよね。

加入額は海外へ行く頻度、それから海外へ家族で行くのかといったことで大きく変わります。
また保障内容が充実している海外保険なら、より料金は高くなります。

こうした問題を少しでもサポートしてくれるが、クレジットカードの海外保険!

クレジットカードの海外保険は、保険付帯のクレジットカードを持てば利用可能。
なかには「家族特約」という、海外旅行に同行する家族への補償を備えたクレジットカードもあります!

また、海外保険付帯のクレジットカードには年会費無料のものもあるため、かかるコストを抑えることもできるのです。

そんなクレジットカードの保険の補償内容についてまとめたのでご覧ください。

補償内容の内訳はこのようになっています

クレジットカードの海外保険では、以下4つの身体的補償が受けられます。

  • 死亡傷害
  • 後遺障害
  • 傷害治療
  • 疾病治療

これらは、ランクが高いクレジットカードほど高額補償を備えている傾向にあります。

三井住友ビジネスカードの補償内容
ランク一般ゴールドプラチナ
券面
死亡傷害2,000万円5,000万円1億円
後遺障害2,000万円5,000万円1億円
傷害治療50万円300万円500万円
疾病傷害50万円300万円500万円

※各金額は最高額になります。

実際に利用する際、知っておいてほしい補償の知識

クレジットカードの海外保険を利用する際には、3つの注意点があります。

まず1つ目が、海外保険には補償期間があること。
事故発生日から○日以内にその状況と程度を連絡しないと、補償は受けられません。
大抵は30日以内としていますが、クレジットカードによって異なるので確認してみてください!

また「海外旅行を目的に、日本の住居から出発をして○日間が補償対象」といった設定のクレジットカードもあるので、保証期間については確認をしておきましょう!

2つ目は、条件を満たさないと補償が受けられないクレジットカードがあること。
クレジットカードの中には「そのクレジットカードで渡航費を払う」ことで補償を受けられるものがあり、現金ならびに別の方法での決済だと補償を受けられません。

この条件を持つクレジットカードを「利用付帯」、そして条件がないものを「自動付帯」というので覚えておきましょう!

最後の3つ目は、クレジットカード保険を利用するなら自動付帯が好ましいということ。
これは、クレジットカードを複数枚所持しているとき、保険を合算できることに繋がります。

例えば、100万円補償のクレジットカードを3枚持っていた場合、合算で300万円の補償が受けられます。

この際、利用付帯のクレジットカードは渡航費を該当のクレジットカードで支払わなければならず、2枚以上が利用付帯だと合算できません。
そのため、合算を考えるなら、発行するクレジットカードで利用付帯のものは1枚までに抑えましょう。

死亡・後遺障害の補償については合算されません。
この場合、複数枚あるクレジットカードの中から最も高い補償額を限度に、比例した割合で支払われます。

おすすすめのクレジットカード例がこちら

◆単位:万円

カード名エポスカード三井住友クラシックAセゾンブルーアメックス
券面
年会費無料1,250円無料 ※1
付帯状況自動自動自動
死亡・後遺症500300 ※23,000
傷害・疾病200・270 ※3100300
賠償責任2,0002,5003,000
携行品損害202030
救援者費用100150200
  1. 本来は3,000円の年会費がかかりますが、26歳未満は無料
  2. 自動付帯分:300万円 / 利用付帯分:1,700万円
  3. 傷害:200万円 / 疾病:270万円

海外保険を考えてクレジットカードを発行するなら、おすすめはこちらの3枚!

この3枚は低年会費ながら、どれも自動付帯のクレジットカードなので、合算時に多額の補償を期待できる海外保険となっています。

また三井住友クラシックAの海外保険は、利用付帯にすることで死亡補償を1,700万円も加算が可能!
コストを抑えて高額補償が受けられる、おすすめのクレジットカードです。

身体的補償以外にもサポートは充実!

クレジットカードの海外保険は身体的補償以外にも、様々なシチュエーションにおける補償を備えています。

例えば、携行品損害という「旅行に持っていた品が、偶発的な事故で損害が生じた場合」に補償される保険が付帯。
旅行に持っていたカメラなどが壊れた場合、この保険のおかげで補償を受けられる訳ですね!

他にも損害賠償、紛失・盗難保険、それから飛行機遅延といった保険が付いているクレジットカードもあります。

このように、クレジットカードには海外における多くの場面で活躍する補償が付帯。
出費を抑えての手厚い補償が受けられるので、海外旅行にはぜひ上記3枚のクレジットカードをご検討ください!

紛失・盗難・不正利用!海外での「もしも」はこちらもチェック!

以上、クレジットカードの海外保険の内容と、おすすめのクレジットカード紹介でした!

日本人がよく訪れる国であっても、海外には危険な場所があります。
またそうでなくても、国民保険等は通用しない訳ですから、海外に行く際は十分な備えをしておきましょう!

海外では、旅行客を狙った置き引きや盗難もあります。
そういった被害に遭われた際にどう対処すれば良いか、その方法と補償についてもまとめているので、こちらもぜひご覧ください。

紛失時の対応策を確認する

未分類
クレジットカード比較おすすめ.net|日本一やさしいクレカ情報サイト