JCBカードWは超お得!39歳までしか申し込めない高還元カード!

超お得なポイント還元率を持つクレジットカード「JCB CARD W」

最大30倍!ポイント還元率で選ぶなら「JCB CARD W」がおすすめ!

JCB CARD Wは、ポイント還元率が優れすぎているクレジットカード。
基本還元率は0.5%ですが、ボーナスポイントを常に0.5%分加算されるため、毎度の決済で1.0%の還元を受けられます!

またJCB CARD Wには、特定の対象店舗にてポイント還元率がアップするサービスも付帯。
Amazonやセブンイレブンでは3倍、スタバだと10倍に上がるので、とにかくポイント還元に特化しているクレジットカードなのです。

さらにJCB CARD Wは今、ド派手な新規入会キャンペーンを実施中!
「獲得ポイント最大30倍」「キャッシュバック最大20%」「新規入会者限定14,000円相当の還元サービス」を同時に行っているので、申し込むなら今が1番のチャンスです。

これを逃すと本当にもったいないうえに、JCB CARD Wは年会費無料なので、検討されている方はぜひこの機会に申し込んで見てください!

「JCB CARD W」の基本性能|年会費が永年無料のクレジットカード

JCB CARD Wは、年会費や発行手数料が全く掛からない0円のクレジットカードです。

年会費の負担がないので、大学生・新社会人・主婦といった方も安心して利用できる1枚。
また年会費が無料なので、すでにクレジットカードを持つ方には2枚目として選ぶにも最適です!

そんなJCB CARD Wは、国際ブランドにも選ばれるJCB社発行のクレジットカード。
そのため、信頼性の高さは折り紙付きで、初めてクレジットカードを作る方にもおすすめの1枚です!

そんなJCB CARD Wのスペックについて確認してみましょう!

クレジットカード名JCB CARD W
券面
年会費0円 (永久無料)
ポイント還元率1.0%
海外旅行傷害保険最高2,000万円
ETCカード無料で作成可能
家族カード無料で作成可能

女性をサポートするサービスを備えた「JCB CARD W plus W」

JCB CARD Wには、女性に嬉しいサービスを備えた「JCB CARD W plus L」というものがあります。
具体的にどのようなサービスが備わっているかというと、以下の優待がプラスされています。

サービス名概要
女性疾病保険女性特有の病気における手術や入院の費用を、低価格の保険料でサポートしてくれるサービス。
お守リンダ手頃な価格の保険プランを自由に選び加入できる、女性のための保険サービス。
LINDAリーグ
豪華賞品プレゼント
カード利用で当たる、豪華賞品のプレゼントサービス。

このような優待を受けられるJCB CARD W plus Lですが、基本性能はJCB CARD Wと遜色ありません。
年会費やポイント還元率は変わらず、それでいて嬉しい特典が付いているので、あなたが女性ならば「JCB CARD W plus L」がおすすめです!

「ポイント還元サービス」が優秀すぎるクレジットカード!

JCB CARD Wの魅力は、何といってもポイント還元サービスです!

そのポイント還元は凄まじく、他のクレジットカードと比較しても圧倒的に貯まりやすいため、JCB CARD Wを利用しないのはもったいないと思わせるほど。

ここでは、JCB CARD Wのポイント還元サービスが凄いとされる理由を3つ紹介するので、ご覧ください。

基本還元率がいつでも2倍!

JCB CARD Wにおける1番の魅力。
それは、何といってもポイント還元率がいつでも2倍も貰えることでしょう。

通常、JCBのクレジットカードは基本ポイント還元率が0.5%になります。

これについてはJCB CARD Wも同じなのですが、JCB CARD Wの場合は常に0.5%分のボーナスポイントが必ず加算されるため、実質1.0%のポイント還元率になるのです!

通常のJCBカードJCB CARD W
付与1,000円毎に1ポイント1,000円毎に2ポイント
還元率0.5%1.0%

1.0%というポイント還元率は、クレジットカード全体で見ても高還元率のライン。
他のJCBクレジットカードと違い、無条件でいつでも2倍のお金(ポイント)が還元されるのだから嬉しいですね!

高還元率なうえに年会費も無料なので、お得すぎるクレジットカードです!

「JCB ORIGINAL SERIES PARTNER」で数倍にアップ!

ただでさえ高還元率とされるJCB CARD Wですが、「JCB ORIGINAL SERIES PARTNER (ジェーシービーオリジナルシリーズパートナー)」というサービスを活用することで、ポイント還元率をまだまだ上げられます!

JCB ORIGINAL SERIES PARTNER」とは、特定のお店を利用するときに通常より多くのポイントを貰えるサービスのこと。
加盟店は多々ある他、獲得できるポイントが2倍~20倍もアップするため、利用しない手はありません!

例えば「JCB ORIGINAL SERIES PARTNER」には、以下のようなお店が加盟しています。

  • 3倍:Amazon (アマゾン)
  • 3倍:セブン-イレブン
  • 10倍:スターバックス(※1)

(※1)スターバックスカードに「オンライン入金」または「オートチャージ」をしたときに適用。

こちらは「JCB ORIGINAL SERIES PARTNER」に加盟するお店の中でも特に注目の3店舗。
老若男女、普段から利用されている方も多いだけあって、ポイント還元率が3倍~10倍もアップするのは嬉しいですね!

一部の加盟店と倍率をチェック
加盟店倍率還元率
出光昭和シェル2倍1.5%
ビックカメラ
ニッポンレンタカー
ドミノ・ピザ
タイムズパーキング
コナカグループ
Amazon3倍2.0%
セブンイレブン
小田急百貨店
ワタミグループ
高島屋
京王百貨店
セシール
ディノス
Francfranc
Right-on
AOKI5倍3.0%
洋服の青山
THE BODY SHOP6倍3.5%
スターバックス10倍5.5%

※2019年10月19日の情報

注意しないといけないのが、倍率は基本還元率に積算する仕組みということ。

JCB CARD Wのポイント還元率は1.0%ですが、基本還元率は0.5%です(残り0.5%はボーナスポイント)。
そのため、JCB CARD Wにおいては「基本還元率×倍率+ボーナスポイント」という計算式になります。

例えば、Amazonでの買い物は倍率3倍なので、計算式は「0.5%×3倍+0.5%=2.0%」となります。
※難しければ倍率を1つ上げて「0.5%×4倍=2.0%」と計算しても良いですね。

倍率対象は0.5%ですが、それでも「最低1.0%(2倍)+0.5%」の還元率が約束されているので、非常にお得なサービスと言えるでしょう!

QUICPay(nanaco)の力でポイントの二重取り!

セブンイレブンでの買い物に「nanaco」をご利用の方も居ることでしょう。

nanacoには、QUICPay(クイックペイ)機能付きの「QUICPay(nanaco)」があります。
そして、このQUICPay(nanaco)とJCB CARD Wを連携させると、セブンイレブンにてポイントを二重取りできるようになります!

二重取りの仕組みと、そのときのポイント還元率は以下の通りです。

JCB CARD Wのボーナスポイント0.5%
JCB ORIGINAL SERIES PARTNE により基本還元率3倍1.5%
QUICPay(nanaco)決済によるポイント還元0.5%
合計2.5%

この還元率は、nanacoのボーナスポイントを活用すればまだまだアップします。
その内容によっては50倍を超す還元率の実現もできるので、なかなか侮れません!

以上のことから、JCB CARD Wはセブンイレブンでの買い物にもおすすめ。
もし日頃からセブンイレブンによる機会の多い方は、JCB CARD Wを利用してみてください!

高額補償!充実した海外旅行保険サービスまで備えている

JCB CARD Wには、嬉しいことに「海外旅行保険」が備わっています!

海外旅行保険とは、その名の通り「海外で起きたトラブルを補償する保険」のこと。
年会費無料のクレジットカードだと海外旅行保険を備えていないものも多いですが、JCB CARD Wはしっかり付帯しています。

しかもJCB CARD Wの海外旅行保険は、傷害や疾病、賠償責任なども適用。
死亡補償のみではないので、海外に旅行や出張に行かれる方から絶大な人気を誇っています!

そんな海外旅行保険の種類と補償金額は、以下の通り。

種類金額
死亡補償最高2,000万円
後遺障害
傷害治療最高100万円 (1回の事故/病気)
疾病治療
賠償責任最高2,000万円 (1事故)
携行品損害最高20万円 (自己負担:3,000円)
救援者費用最高100万円
ショッピング最高100万円 (自己負担:10,000円)

便利なJCB CARD Wの海外旅行保険ですが、適用されるには以下の条件を満たしていないといけません。

当該JCBカードで事前に、「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金をお支払いいただいた場合、海外旅行傷害保険が適用されます。

参照サイト:付帯保険内容照会|JCBカードのおすすめ保険

要は「渡航における支払いをJCB CARD Wで済ませること」が条件になります。
多少の手間は感じますが、この決済からJCB CARD Wのポイントを貯められると考えると一石二鳥ですね!

年会費無料のクレジットカードで、これほどの海外旅行保険を備えているのは凄いこと。
旅行保険に定評のあるJCBだけあって、JCB CARD Wにも海外旅行保険を備えさせたのは脱帽です!

「ETCカード」の発行手数料と年会費は無料!

ETCカードのためにクレジットカードを作りたい方も居ることでしょう。
JCB CARD Wは、そんな方におすすめのクレジットカードです!

というのも、JCB CARD Wで作れるETCカードは、発行手数料と年会費が無料。
そのうえ、ETCカードを利用すると1.0%のポイント還元を受けれらるので、かなり嬉しい仕様なのです!

ETCカードを作れるクレジットカードの中で、これほど好条件なのは実は少なめ。
例えば、還元率1.0%で年会費無料という同条件の「楽天カード」は、ETCカードの年会費に500円掛かります。

それに比べ、JCB CARD Wはカード自体だけでなく、ETCカードの発行手数料ならびに年会費が無料。
そして1.0%のポイント還元も受けられるお得な仕様となっているので、ETCカードを作りたい方におすすめの1枚です!

「JCB一般カード」と「JCB CARD EXTAGE」はどれがお得か比較!

JCBでは、JCB CARD Wと同ランクのクレジットカードを他に2枚出しています。
その2枚というのが「JCB一般カード」と「JCB CARD EXTAGE」です。

同ランクのクレジットカードが3枚もあるということで、どれを作るか迷う方も多いのですが、実際どれを選ぶべきなのでしょうか?

3枚のクレジットカードを比較したので、ご覧ください!

JCB CARD WJCB一般カードEXTAGE
券面
年会費無料1250円無料
還元率1.00%0.50%0.75%
海外保険
申請対象39歳以下特になし29歳以下
解約費用無料無料2,000円

比較表を見れば分かる通り、性能はJCB CARD Wが圧倒的に強いですね!
申請対象が39歳ということ以外は、全ての項目で良い方に傾いているクレジットカードです。

特に、JCB CARD WはEXTAGEの完全なる上位互換なので、EXTAGEを選ぶ理由はないと言えるでしょう。

JCB一般カードは海外旅行の補償額でJCB CARD Wを上回りますが、海外旅行保険は他のクレジットカードで補うことができるので、特に気にしなくても問題ないでしょう。
またJCB一般カードには、年間利用額によってポイント還元率が上がる「スターメンバーズ」というサービスがありますが、こちらを利用しても還元率は最大0.75%までなので、何もせず1.0%のJCB CARD Wの方がお得と言えます。

以上のことから、もしもこの3枚で迷っているのなら「JCB CARD W」を選ぶと良いでしょう!

「口コミ」を見てみよう!

28歳 / 男性 / 会社員
おすすめ度★★★★★
還元サービス★★★★★
付帯サービス★★★★☆
申請手続き★★★★☆
デザイン性★★★★★
ステータス性★★★☆☆
ポイント還元が美味すぎる

基本還元率が高いのもそうですが、何より入会特典でのキャンペーンが魅力的すぎて申し込みを決断しました。
他のクレジットカードと見比べてみるも、現時点でこれ以上の還元がされるクレジットカードはないのではないでしょうか。

32歳 / 男性 / 会社員
おすすめ度★★★★★
還元サービス★★★★★
付帯サービス★★★★★
申請手続き★★★★★
デザイン性★★★★★
ステータス性★★★☆☆
ステータス性以外は最高かと。

使用するクレカが改悪し、JCBカードWに乗り換え。
ステータス性より還元率を重視して選びたかったので、JCBカードWを決断。
Amazonでの還元率アップが地味に良く、頻繁に利用する自分にとっては還元率3倍は魅力的だった。
年会費無料ながら、好みのデザインなのでお気に入り。

30歳 / 女性 / 専業主婦
おすすめ度★★★★★
還元サービス★★★★★
付帯サービス★★★★★
申請手続き★★★★★
デザイン性★★★★★
ステータス性★★★★★
専業主婦でも作れました!

こどもの生活用品の購入にAmazonを利用する専業主婦です。
Amazonでの買い物にJCBカードWが良いと聞いて作成しましたが、ポイントが貯まりやすいので重宝しています。
今のところ、欠点となるようなことは感じていません。

「JCB CARD W」を申し込むにあたって気をつけること

JCB CARD Wを申し込む際、注意しないといけないのが「年齢制限」です。

実はこのクレジットカードには年齢制限があり、申し込めるのは「18歳~39歳」の方となっています。
そのため、基本的に40歳以上の方は作れないので、注意しましょう。

ただし、40歳以上の方でも「家族カード」としてなら申し込むことができます。
実際、JCB CARD Wの公式サイトを見てみると、家族カードの申請条件は以下のように記述されています。

生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。
本会員が学生の場合は、お申し込みになれません。

上記の通り、家族カードであれば39歳以下という制限がなくなります。
そのため、もしも40歳以上でJCB CARD Wが欲しい方は、家族カードを検討されてみると良いでしょう!

ちなみに、この年齢制限は「申し込み」に限っての話です。
申し込みさえ39歳までに行ってしまえば、40歳以降もJCB CARD Wは使えるので、ご安心ください。

「JCB CARD W」の審査について

JCB CARD Wの審査難易度は、公式の見解がないため明らかになっていません。
そこで、当サイト「クレジットカード比較おすすめ.net」が難易度を推測するので、参考にしてみてください!

まず、JCB CARD Wの審査条件を確認してみましょう!
JCB CARD Wの審査条件は、下記の通り2つあります。

  • 18歳~39歳で学生の方(高校生不可)
  • 18歳~39歳で本人か配偶者に安定継続収入のある方

あなたが学生の場合、年齢条件さえ満たしていれば、かなりの高確率でJCB CARD Wを作れることでしょう。
条件に「収入」が入っていないことから、アルバイトをしていなくても通る確率は高いと見えます!

学生というだけで審査が優遇されている節があるので、学生の方は安心して良いと考えられますね。

学生ではない方の場合は、安定した継続収入が求められます。
要は「定職に就いているか」が審査を突破するカギとなる訳ですね!

このことから、無職の方がJCB CARD Wの審査に通るのは少々難しいことが想定されます。
また、アルバイターの方も「安定した継続収入」という枠から漏れるので、審査は通りにくいことでしょう。

ただし、あなたが結婚しており配偶者に安定した継続収入がある場合、無職やアルバイターでも審査は通ることがあります!

JCB CARD Wは一般ランクのクレジットカードなので、公式が挙げる上記の条件さえ満たしていれば、通る確率は高いことでしょう。

お得なキャンペーン情報!申し込むなら今が1番のチャンス

12月31日までにJCB CARD Wを申し込んだ方には、以下のサービスが待っています!

  • 入会後3ヶ月間は獲得ポイントが10倍に!
  • 対象店舗での買い物はポイントが10倍に!
  • スマリボ登録後3ヶ月間は利用獲得ポイントが10倍に!

これら全てを満たす場合、JCB CARD Wでの獲得できるポイントは30倍になります。

JCB CARD Wの還元キャンペーンは、これだけに留まりません。
実は12月15日まで、以下の設定をした全員に「20%のキャッシュバック」も行われます!

  • スマホに「Apple Pay」または「Google Pay」を設定。
  • 20%キャンペーンの参加登録を行う。
  • 「Apple Pay」または「Google Pay」で決済をする。

さらに、新規入会者限定で「最大合計14,000円分」のギフト券やポイントをプレゼント!

新規入会キャンペーンで、これだけの還元を受けられるのは、もはやJCB CARD Wだけ。
キャンペーン期間は残り短いので、申し込みを迷われている方はぜひ検討してみてください!