クレジットカードに付帯する旅行傷害保険の利用方法を解説!

クレジットカードに付帯する旅行傷害保険の利用方法を解説!
01

画像: クレジットカード付帯の保険の利用方法

トラベルサービスが充実していれば、旅行の際にも活躍するクレジットカード。
旅行時の万が一に備え、旅行傷害保険が付帯したクレジットカードを持っていく方は多いことでしょう。

ただ、実際にどのようにクレジットカードに付帯する旅行傷害保険を利用すれば良いのか、分からない方も居るのではないでしょうか?

クレジットカードに旅行傷害保険が付帯しているからといって、治療費が勝手に補償されるわけではありません
正しい利用方法を知らなければ、治療費が補償されず泣く泣く支払うなんてこともあり得ます。

そうならないために今回は、クレジットカードに付帯する旅行傷害保険の利用方法を解説。
どのような手順を踏めば、クレジットカードの旅行傷害保険が適用されるのか紹介します。

また、クレジットカード付帯の旅行傷害保険を利用する上で気を付けるべきことも紹介するので、ぜひ最後まで見てみてください!

クレジットカード付帯の旅行傷害保険を利用する方法!
02

画像: クレジットカード保険の利用方法について

クレジットカードに付帯する旅行傷害保険の利用方法は、以下の通りです。

  • 利用方法1: サポートセンターに連絡する
  • 利用方法2: 本人確認を行う
  • 利用方法3: 必要な物を持って病院へ向かう

それでは、各利用方法について1つずつ紹介します。

ステップ1: サポートセンターに連絡する

画像: 利用方法1 サポートセンターへの連絡

旅行中に怪我や病気にかかった際は、まず各クレジットカードのサポートセンターに連絡するようにしましょう。
そこでクレジットカード付帯の旅行傷害保険を利用したい旨を伝えれば、利用方法などを細かく教えてくれます。

ただ、サポートセンターに連絡する際は、いくつか注意点があります。

まず1つ目の注意点が、クレジットカードによってサポートセンターの呼び名が異なること。
なので、出来れば旅行に出発する前などに、自身が所持するクレジットカードのサポートセンターについて調べておくことをおすすめします。

そして2つ目が、旅行先が海外・国内かによって、連絡するサポートセンターが変わることです。
やはり上記も踏まえて、旅行傷害保険を利用する恐れがある旅行出発前に、サポートセンターについては調べておきましょう。

また、海外に旅行する場合は、渡航先によって連絡先が異なることも要注意。
特に海外旅行前の方は、渡航先の情報も加味して、サポートセンターの連絡先を確認しておいてください。

ステップ2: 本人確認を行う

画像: 利用方法2 本人確認を行う

サポートセンターに連絡すると、本当に旅行傷害保険が付帯したクレジットカードの保持者であるか確認されます。
この本人確認が、利用方法の第2ステップです。

本人確認の方法は、オペレーターからの質問に答えるだけ。
クレジットカードにもよりますが、以下のような質問をされるので、電話の前に準備しておくとスムーズに答えられるでしょう。

  • クレジットカードの16桁の番号
  • クレジットカードの有効期限
  • クレジットカードに記載された利用者の名前
  • 生年月日

上記のような質問に答えられると、本人であると認められます。
基本的に所持しているクレジットカードの情報を確認されるので、手元にカードを用意してから電話するようにしましょう。

また、本人確認の完了後、予約する病院を決めるための質問もされます。

クレジットカードの保険を利用すると、病院の予約まで行ってくれるため非常に便利。
下記の内容を聞かれることが多いので、これまた電話前に準備しておくことをおすすめします。

  • 現在地
  • 具体的な症状
  • 近くの病院名(分からなくても大丈夫です)
  • 入国日(海外旅行の場合)
  • 出国予定日(海外旅行の場合)
  • 日本語スタッフの希望(海外旅行の場合)

上記の質問に答えると、オペレーターの方が利用できる病院を探してくれます。
病院が見つかった後、折り返し電話がかかってくるため、すぐに出られるようにしておきましょう。

ステップ3: 必要な物を持って病院へ向かう

画像: 利用方法3 病院へ向かう

最後の利用方法は、予約してくれた病院へ向かうというものです。
しかし、ただ病院へ向かえばいいという訳ではなく、クレジットカードの保険を利用するために必要な物も持っていかなければいけません。

その必要な物とは、下記の通りです。

  • 保険を利用するクレジットカード
  • 利用付帯の場合、それを証明できるレシートや明細など
  • パスポート(海外旅行の場合)

当然ですが、旅行傷害保険を利用するためには、病院にクレジットカードを持参する必要があります。
忘れてしまうと、保険が利用できない可能性もあるので注意してください。

そして、クレジットカードに付帯する旅行傷害保険が「利用付帯」だった場合、条件を満たしていることを証明する書類が必要になります。

利用付帯とは、特定の条件をクリアすることにより、補償が適用される旅行傷害保険のこと。
一般的に、「航空券や新幹線代などの渡航費をクレジットカードで支払う」といった条件を設けているものが多いです。

なので、利用付帯の保険が備わったクレジットカードの場合、渡航費を支払ったことを証明できるレシート明細なども病院に持っていくようにしましょう。

利用方法以外に知っておくべき注意点!
03

画像: 利用方法以外に知っておくべき注意点

クレジットカードに付帯する旅行傷害保険の利用方法は、上記の通りです。
ただ、クレジットカードの旅行傷害保険を利用する際は、利用方法だけでなく注意点も知っておかなければいけません。

そこで、ここからはクレジットカードの旅行傷害保険を利用する上で気を付けるべき点について紹介します。

自動付帯と利用付帯の確認をする

画像: 自動付帯と利用付帯の確認

クレジットカードの保険には、自動付帯利用付帯のものがあります。
この自動付帯と利用付帯の違いは、保険を利用するための条件が設けられているかどうかです。

特に条件なく保険サービスが利用できるクレジットカードを「自動付帯」。
対して、条件を満たしていないと保険が利用できないクレジットカードを「利用付帯」と言います。

利用方法のステップ3で紹介した通り、利用付帯は「その旅行における渡航費を該当のクレジットカードで支払っているか」が条件です。
もしあなたのクレジットカードが利用付帯なら、渡航費の支払いを証明できるものを旅行に持っていきましょう!

キャッシュレス対応・事後申請について

画像: キャッシュレス対応・事後申請について

病院での診察が終わると、治療費を支払います。
この際、キャッシュレスでの対応ができない病院だと、治療費を1度立て替える必要があります。

立て替えたくない場合は、サポートセンターへの連絡時に、クレジットカード払いができる病院をお願いしましょう。

ちなみに、治療費を立て替えると返還までには以下の流れを追う必要があります。

  1. 立て替えた後、領収書を発行してもらう。
  2. 保険会社へ連絡をし、必要書類を自宅に送付してもらう。
  3. 領収書を張り付け、必要事項を記入し郵送する。
  4. 書類を基に審査が行われ、認められると返還してもらえる。

保険金について、事後申請する場合も上記と同じです!
立て替える形となったら上記の流れを取ることになるので、覚えておきましょう。
参照サイト:保険金申請手順、保険金申請に必要な書類|三井住友カード

補償が受けられないケースもある

画像: 補償が受けられないケースについて

便利なクレジットカードの旅行傷害保険ですが、利用できないケースもあります。

例えば、エポスカードは以下のようなケースにおいて、補償が受けられないと定めています。

  • 闘争行為・自殺行為・犯罪行為によるケガ
  • 被保険者による自動車、原動機付自転車、モーターボート等の競技・練習・試運転中の事故
  • 戦争・外国の武力行使、放射線照射・放射能汚染による病気
  • 妊娠、出産、早産、流産およびこれらに起因する病気
  • 旅行開始前または旅行終了後72時間以上経過後に発病した病気

参照サイト:保険金をお支払いできないおもな例|エポスカード

上記の通り、様々な状況下でクレジットカードの旅行傷害保険は利用できません。
なので、所持 or 検討しているクレジットカードの旅行傷害保険が、どのような状況で利用できないのか確認しておくことをおすすめします。

ちなみに、クレジットカードの発行会社に、補償が受けられるか問い合わせても答えてはくれません。
これは、補償の適用に関して提携している保険会社でも審査が行われるため、クレジットカードの発行会社が一存で決めているわけではないからです。

そのため、もし利用できるか不安になっても、クレジットカードの発行会社は教えてくれないので注意してください。

クレジットカードの旅行傷害保険を比較してみては?
04

画像: クレジットカードの旅行傷害保険を比較してみては

今回は、クレジットカードの旅行傷害保険を利用する方法について紹介しました。
また、利用方法以外に注意点も紹介したので、実際に利用する際はぜひ参考にしてみてください!

もしかすると注意点を知ったことにより、現在所持している or 検討しているクレジットカードに不満を覚えた方もいるのではないでしょうか?
特に、利用付帯・自動付帯で利用方法は異なるため、より自分に合ったクレジットカードを探してみたいと思った方も居ることでしょう。

そんな方は、旅行傷害保険の手厚さで比較してみることをおすすめします。
補償額の高さはもちろんのこと、補償内容や付帯条件なども比較すれば、より旅行傷害保険が優秀なクレジットカードに出会えるはずです。

もし、旅行傷害保険でクレジットカードを比較したいという方が居たら、以下のページが参考になると思います。
比較する方法なども紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

旅行傷害保険で比較してみる