エネオスカードS|ロードサービス付帯の年会費無料クレジットカード

ロードサービス付帯の格安クレジットカード、エネオスカードS!

画像: エネオスカードSの紹介

  • クレジットカード年会費:1,250円 (年1回の利用で次年度無料)
  • ロードサービスの年会費:年会費無料
  • 申請条件:満18歳以上の方(高校生を除く)
  • 対象車両:車両総重量3t未満の自家用4輪車
  • レッカー移動:10kmまで無料
  • 路上修理時間:30分ほどの軽修理が無料
  • ETCカード:無料で発行可能

ロードサービスを付帯し、且つ年会費が安いクレジットカードを探している方には「エネオスカードS」がおすすめです!

エネオスカードSは、車にトラブルが起きたとき、その症状を確認して直してくれる「ロードサービス」付帯のクレジットカード。
10kmのレッカー移動や、キー閉じ込めを始めとする30分程度の軽修理であれば、無料で行ってくれるサービスを備えています!

ロードサービスだけでなく、エネオスカードSは給油料金の割引サービスも付帯。
エネオスでの給油であればガソリンと軽油の料金が「2円引き/L」になり、いつでも安い価格で給油することができます!

車での移動が多い方にとって、最も大きく痛手になる出費と言えば、ガソリン代になることでしょう。
エネオスカードSを手に入れれば、そのガソリン代を抑えられるため、家計の節約に貢献してくれるはずです!

そんな利便性の高いエネオスカードSですが、年会費は初年度無料。
2年目から1,250円掛かるものの、1年に1回でもエネオスカードSを使って買い物をすれば、1,250円という年会費が無料になります!

非常に優れたコストパフォーマンスを持つエネオスカードS。
車に乗る機会が多いという方であれば、年会費の掛からないこのクレジットカードをぜひ検討してみてください!

年会費は実質無料!エネオスカードSの基本情報がこちら

カード名エネオスカードS
券面画像: エネオスカードSの券面
発行会社トヨタファイナンス
国際ブランドVISA / JCB
発行対象満18歳以上の方(高校生を除く)
年会費初年度無料/翌年度以降1,250円
(年1回以上のカード利用で無料)
利用限度額審査による
締切日/返済日毎月5日/ 翌月2日
ポイントプログラム名名称なし
ポイント還元率0.6%
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
ショッピング保険海外:最高100万円*注
国内:なし
盗難補償
ETCカード年会費:無料
家族カード年会費:無料

*注: 国際ブランドにJCBを選択した場合に限ります

エネオスカードSには、年会費が実質無料になるという魅力があります。

通常、このクレジットカードは初年度の年会費が無料ですが、2年目からは1,250円の年会費が掛かります。
しかし、年に1度でもエネオスカードSで買い物をすれば、1,250円の年会費が無料に

指定額は特になく、条件は「年に1度利用する」というだけです。
そのため、1,250円以下の買い物、それこそウォッシャー液を1個買うだけでも年会費が無料になります。

そんな実質年会費無料のクレジットカードでありながら、エネオスカードSには嬉しいサービスが備わっているので、そちらを紹介します!

車のトラブルはおまかせ!充実したロードサービス

画像: ロードサービスについて

エネオスカードSのサービスといえば、何といってもロードサービスでしょう。
なんらかのトラブルが車に見られたとき、電話を掛けるだけで駆けつけてくれるサービスが無料で付帯しています!

対象車両となるのは「車両総重量3t未満の自家用4輪車」という車。
受けられるサービスは「レッカー移動10km無料」というサービスの他に、以下のような30分程度で終わる軽修理を無料で行ってくれます。

  • バッテリー上がり
  • ガス欠時の給油
  • キーの閉じ込め開錠
  • タイヤパンク時の交換
  • 落輪引き上げ
  • その他30分以内の作業

上記の通り、プライベートで車を運転する際に遭遇する大抵のトラブルには対応してくれます。

例えば、ヘッドライトや室内灯を消し忘れて、バッテリーが上がってしまったといった事態に見舞われたことがある方も多いことでしょう。
そういった時に、JAFなどのロードサービスに依頼すると、1万円以上かかってしまいます。

しかし、エネオスカードSがあれば、上記のようなトラブルも無料で解決!
車を運転する機会が多い方にとって、非常に心強いサービスが付帯しています。

そんなエネオスカードSに付帯するロードサービスは、全国8,500カ所(2019年10月時点)に出動拠点とネットワークがあり、連絡から30分~1時間以内には駆けつけてくれます。

出動は、24時間365日いつでもOK。
もしもロードサービスが必要になったときは「0120-125-775」に掛ければ繋がるので、利用する際はこちらに掛けてくださいね。

ガソリン・軽油の給油価格がずっと割引に!

画像: ガソリン・経由代の割引について

エネオスカードSがあれば、エネオスでの給油が割引価格にて利用可能!
割引対象となる給油の種類は、以下の通りです。

  • ガソリン:2円引き/L
  • 軽油:2円引き/L
  • 灯油:1円引き/L

日本全国にエネオスのガソリンスタンドがあることから、普段エネオスにて給油をしているという方は多いことでしょう。
そんな方にとって、エネオスカードSはぴったり!

ガソリン代というのは、車での移動が多い方ならなおさら、家計に大きなダメージを与えるものです。
しかし、エネオスカードSがあれば、今までかかっていたガソリン代を節約できます。

以下にて、一般的な車をガソリン満タンで給油した際の金額と、割り引かれた際の金額を比較しています。

【50L給油時でガソリン代が120円/Lの場合】

  • 6,000円(割引なし)
  • 5,900円(割引あり)

上記の通りエネオスカードSがあれば、ガソリン満タンで給油した際に約100円の割引が適用されます。
少ない印象を受けた方も居るかもしれませんが、車での移動が多い方にとって100円の割引というのは非常に大きいはず。

年間で100回近くガソリン満タンで給油する方であれば、10,000円もの節約が可能になるので、家計の手助けになることは間違いありません。
エネオスカードSに入会して、ガソリン代の節約を図ってみてはいかがでしょうか?

ポイントが貯まりやすいクレジットカード!

画像: ポイントについて

エネオスカードSで買い物をすると、利用額に応じたポイントを貰うことができます!

ポイントの計算は「月間利用額の合計」で行われ、1,000円毎に6ポイント付与(1,000円未満は切り捨て)。
1ポイント当たりの価値は1円相当になるため、ポイント還元率は0.6%となります。

平均的なクレジットカードのポイント還元率が0.5%と言われているため、エネオスカードSの値は比較的優れていると言えるでしょう。

しかも、エネオスカードSのポイント還元率は、「カーメンテナンス」並びに「カー商品」といった決済時に上昇!
通常の買い物時とは異なり、1,000円ごとに20ポイントが付与されます。

この還元をパーセンテージに直すと、なんと2.0%
非常に高いポイント還元率を実現できることから、車関連の商品を購入する際はぜひエネオスカードSで決済してみてください。

貯めたポイントのお得な使い道!キャッシュバックがおすすめ!

画像: キャッシュバックについて

エネオスカードSで貯めたポイントには、様々な交換先が用意されています。
その中でも最もおすすめの交換先が「キャッシュバック」。
というのも、キャッシュバックとしてポイントを消費する使い方が、ポイントの価値を最大にできるからです。

例えば、貯めたポイントをANAマイル・JALマイルに交換する場合、ポイントの価値は0.4円/1ポイントになってしまいます。
400マイル÷1,000ポイント=0.4円
マイル以外に、商品などに交換する場合も、1ポイント当たりの価値が1円を下回ってしまうことが多いです。

一方で、キャッシュバックとしてポイントを消費すると、1ポイント当たり1円相当の価値を実現可能!
1,000ポイントを1,000円としてキャッシュバックに充てることができ、他の交換先よりもお得な使い道になります。

ちなみに、エネオスカードSで貯めたポイントは、1,000ポイントから交換することができます。
1,000ポイント以下の状態でポイントの交換はできないため、そこだけ注意してください。

エネオスカードSで1,000ポイントを貯めるためには、約16万円程度のクレジットカード利用が必要。
公共料金といった月極の支払いに利用すれば、簡単にクリアできると思うのでおすすめです。

申請条件は厳しくない!この機会に申し込みを!

画像: 申請条件について

エネオスカードSの申請条件は、全く厳しくありません!

公式サイトを確認すると、「満18歳以上の方(高校生を除く)」と記載されているので、高校生以上の方であれば審査に通過できる可能性があります。
また、収入面に関する記載がないことから、審査の際にアナタの収入面などを深く見る可能性は低いかもしれません。

あくまで記載がないだけで全く見ないという訳ではないと思いますが、一般ランクのクレジットカードということもあり、審査には比較的通りやすいと推測できます。

ここまで紹介した通り、年会費無料ながら充実したロードサービスを付帯するエネオスカードS。
審査に通りやすい可能性があるので、車での移動が多い方は申請を検討してみてはいかがでしょうか?

TOP

タイトルとURLをコピーしました