下位ランクのクレジットカードにダウングレードする方法を解説します

クレジットカードをダウングレードする方法を解説!

 

「ゴールドクレジットカードを作ってみたけど、年会費がやっぱ高い…」
「使ってみたけど性能が合わないなぁ…」

 

憧れのゴールドやプラチナのクレジットカードを作ってみるも、自分には合わなかったと感じることってありますよね。
クレジットカードは実際に使ってみないと分からないことも多く、持ってみて初めて合わないと感じることもあると思います。

 

そんな合わないと感じた方は、クレジットカードのダウングレードを検討してみてはいかがでしょう?

 

ダウングレードとは名前の通り、グレードを下げるという意味。
ゴールドやプラチナのクレジットカードから、一般ランクのクレジットカードにダウングレードすることで、「年会費の問題」や「性能との相性」が変わるかも知れません!

 

今回は、クレジットカードをダウングレードする方法を紹介するので、検討されている方はぜひご覧ください!

 

 

 

ダウングレードは簡単に行える!

 

クレジットカードのランクを下げる意味のダウングレードは、実は意外にも簡単にできます!

 

例えば三井住友のクレジットカードであれば、ネットや電話対応で済ませられたり、発行会社に資料を請求して手続きを踏んだりするだけでダウングレードが可能。

参照サイト:カードの種類を変更したいのですが、手続き方法を教えてください。|三井住友カード

 

電話をする際は、あなたがダウングレードを希望する理由を訊かれることがありますが、回答により何か影響があるということはありませんので素直に伝えてしまってOK。

 

また連絡先は、発行会社の公式サイトを見るか、使用するクレジットカードの券面裏に電話番号が記載されていると思うので、そちらに訊いてみることで分かることでしょう。

 

ダウングレードの希望が通ると、あなたの元に新しいクレジットカードが1〜2週間ほどで届くと思います。
届いた後は使用していたクレジットカードが御役御免となるので、破棄してしまいましょう!

 

発行会社の方から回収等は行われませんので、ダウングレード前のクレジットカードは細かく刻み、悪用されないように処理してください。

 

 

 

ランクを引き下げるときも審査は行われるの?

 

ダウングレードをする際にも、審査が行われることはあるそうです。
ただ、同会社が発行する別のクレジットカードに乗り換える訳ですから、今までの利用状況が真っ当であれば審査を通ることでしょう。

 

ダウングレードではなく、一度解約してから再度クレジットカードを申し込むという方法もありますが、これだと仮に審査が通らなかった場合、保有するクレジットカードが無いという状況になります。

 

そのため、ダウングレードを希望する場合、解約ではなく変更手続きを踏む方が効率が良いと言えるでしょう!

 

 

 

年会費は戻ってきません!

 

ダウングレードを行うタイミングはいつが良いのか迷いますよね。
1番良いのは、現在使用するクレジットカードの年会費を払う更新日前になります。

 

というのも、クレジットカードを利用するには年会費を支払いますが、この年会費は1度払うと返還されることはありません!
年会費を払った翌日にクレジットカードを乗り換えようが解約しようが、1円たりとも戻ってこないのです。

 

そのため、せっかく年会費を払ったのであれば、クレジットカードのサービスを享受できる次の更新日まで保有する方が合理的!
ダウングレードをするなら、次の更新日の2〜3ヶ月前に行うようにしましょう。

 

 

 

解約するのも手段の1つ!

 

ダウングレードを考えているということは、現状使用するクレジットカードが自身に合わないと思われているということですよね。
その場合、ダウングレードも良いですが、クレジットカードを乗り換えてしまうのはどうでしょう?

 

クレジットカードの解約方法に関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

また、解約後に別のクレジットカードに乗り換えるときは、以下の記事がおすすめです。
当サイトが自身をもっておすすめするクレジットカードをご覧になれるので、ぜひ見てみてください!

 

クレジットカードおすすめランキング