そんな破棄方法で大丈夫!?クレジットカードの正しい捨て方を解説!

安全にクレジットカードを破棄する方法とは?

 

有効期限が更新されたり解約したりすることで、今まで使っていたクレジットカードが不要になることってありますよね。
このクレジットカードは、いったいどのように破棄すれば良いのでしょうか?

 

クレジットカードには個人情報が載っているのでそのまま捨てるのは怖いですし、もしかすると発行会社に送り返す?なんてことが必要かも知れません。

 

今回は、そんなクレジットカードをどのように破棄するのが正しい捨て方なのか解説します!
適当に破棄すると不正利用の恐れもあるので、捨て方を学び、しっかりクレジットカードを破棄しましょう。

 

 

 

クレジットカードの安全な捨て方!

 

有効期限が切れたり解約したりして不要になったクレジットカードを、発行会社はわざわざ回収しません。
そのため、アナタ自身でクレジットカードを破棄してしまって大丈夫!

 

ただその方法を間違えると、クレジットカードを悪用されたり、個人情報が流出することになったりするので、キチンと破棄する必要があります。

 

ではその捨て方ですが、まずはクレジットカードを細かく刻むところから始めましょう!
刻む方法はハサミを使ってもいいですし、シュレッダーにかけられるのであればそれを利用しても良いですね。

 

磁気ストライプ・ICチップ・カード番号・名前が、判別できないぐらい細かく刻みましょう。

 

細かく刻むことができたら、それをいくつかのブロックに分け、数回に分けて破棄しましょう。
これは、刻んだクレジットカードをパズルのように合わせて元通りにされるのを回避するために行います。

 

元通りにされると、名前・クレジットカード番号・署名欄といったことが他者に知られてしまいます。
有効期限が更新されたクレジットカードは名前と番号を引き継いでいるので、破棄したクレジットカードからそれを知られると悪用されることも。

 

そのため、細かく刻んだクレジットカードはゴミ袋を分けたり、捨てる日を変えたりして、パーツが揃うのを防ぎましょう。
破棄するときは、一応クレジットカードはプラスチックゴミに分類されますが、燃えるゴミとして破棄して大丈夫です。

 

クレジットカードの捨て方は、以上のことを行えばバッチリです!

 

 

ハサミの入れ方のお手本!

 

クレジットカードは、上記画像の赤い線のように切れ込みを入れることで安全に破棄できます。

 

有効期限が更新されたクレジットカードは、「カード番号」「名義人」の箇所が以前のものと一緒。
そのため、破棄するときはこの部分を細かく刻み、小分けにして捨てましょう!

 

また、ICチップと磁気ストライプに関しては、こちらも刻む必要があります。
これを怠ると不正利用に遭うこともあるので、手間は掛かりますがキチンと行いましょう!

 

 

 

利用明細書やレシートも、同じようにして捨てよう!

 

毎月送られてくる利用明細書や、買い物の度に貰うレシート。
こちらの捨て方も、クレジットカードと同じく「細かく切って分けて破棄する」ようにした方が好ましいです。

 

利用明細書には住所なども記載されているので、なるべく上記の捨て方を行いましょう。
レシートは利用明細書との差異を見比べるためにあるので、確認ができた時点で破棄してしまってOKです。

 

 

 

正しく破棄して不正利用の被害に遭わないようにしよう!

 

捨て方の手順自体は少ないものの、クレジットカードを細かく刻む工程が少し面倒と思うかも知れません。
しかし、適切な捨て方をせず不正利用にあえば、そのときの対応の方がきっと面倒だと思うことでしょう。

 

また、紹介した捨て方を行わないでクレジットカードを破棄して不正利用に遭った場合、その被害が補償されないこともあります。
そのため、クレジットカードを破棄するときは、紹介した捨て方を必ず行いましょう!

 

ちなみに、クレジットカードの不正利用による被害は意外にも報告されています。
不正利用についてはこちらの記事にまとめているので、危険性について知っておきたい方はこちらもご覧ください!

 

不正利用の手口や補償について