大学生がクレジットカードを持つメリット

カードを持ちたいと思っている大学生の人へ

18歳~25歳で大学に通っている大学生であれば手に入れられる学生向けクレジットカード

大学生でもクレジットカードを作れるなら、ぜひ一枚は作っておきたいところですよね!
しかし、「大学生がクレジットカードを作るには何を用意しておけばいいんだろう?」「クレジットカードの審査基準はどうなっているの?」と疑問に思う人がいるはず。

ここでは、大学生が学生向けクレジットカードを手に入れる時に必要なことや、注意点などについてご紹介していきます。

大学生にクレジットカードは必要?

大学生のクレジットカード利用状況について調べていたところ、じつに大学生の半数以上がクレジットカードを所有しているという結果が。

クレジットカードを持っていれば、店頭でのキャッシュレス支払いが実現するほか、海外留学や旅行に行った際の支払い手段にもできます。

また、中には海外への渡航を想定して海外旅行傷害保険を付帯した大学生向けのクレジットカードもあり、いざという時の保険となりとても便利。

大学生とはいえ、何が起こるかわからない海外での万が一に備えて、クレジットカードの所有は必要と言えるのではないでしょうか。

社会人になってからクレジットカードを持つつもりの人も、審査の緩い大学生のうちから持てば卒業後も継続で使えるため楽です。
(この場合、卒業後に大学生用のカードから一般カードに切り替わる形になります)

大学生が持つなら、学生向けカードがおすすめ

大学生のうちからクレジットカードを持つのであれば、やはり各クレジットカード会社が大学生を対象に発行している学生用カードがおすすめです。

この学生向けクレジットカードは、高校生を除く18歳以上の大学生、大学院生、専門学校生(認可校)、短大生を対象に発行されるクレジットカードです。

収入がない学生のために発行されるカードなので、月々の利用限度額は5万~30万円と通常のクレジットカードに比べ低めに設定されていますが、学生の間に使うのであれば申し分ないスペックと言えます。

そのほか、クレジットカードの種類によっては年会費無料、旅行保険付帯などお得な条件がそろっておりメリットづくしです。

大学生は親の同意が必要なのか

大学生としてクレジットカードを持つ上で気になるのが、親の同意が必要なのかどうかという点。

この親の同意については、成人の大学生であれば必要なく、同意なしでクレジットカードの申請が行えます。

そして、18歳以上で未成年の大学生については逆に同意が必要です。
審査の際に、クレジットカード会社から親に確認の連絡が入るため、だまって申請することもできません。

未成年の場合は、事前に親の同意を得てから申し込むようにしましょう。

海外によく行く人ならなおさら必要!

一部の大学生向けクレジットカードは、年会費がかからないにも関わらず、海外旅行傷害保険を付帯している場合もあります。

海外の不祥事に助けてくれる強い保険となりますし、いざという時のライフラインになる可能性も。

特に長期の海外留学で手元にあれば、外貨がない時の突然の支払いにも対応できて安心です。

POINT
海外旅行が趣味だという人の場合、航空会社提携の大学生用クレジットカードを使えばマイルがどんどん貯まってお得。
貯まったマイルを席のアップグレードや航空券などに引き換えられるので、クレジットカードを使わずに海外旅行を繰り返すよりもお得です。

家族カードを持つという手もあり

大学生であれば、親が持っているクレジットカードの家族カードを使うという手もあります。

親のクレジットカードは既に審査を通過して得ているカードなので、家族カード発行の際に再度審査をする必要はなく簡単にクレジットカードを手に入れることができます。

ただし、家族カードは以下のように、自分の名義で発行するクレジットカードとはいくつか違う点があるので注意が必要です。

・利用額の引き落とし口座は親の銀行口座になる
・家族カードを増やしても限度額が変わらない
・親当てに引き落とし請求書が届くため、カードの利用用途がバレてしまう。

特に注意しておく必要があるのが限度額の部分。
もともと月々の利用限度額が100万円のクレジットカードを親が持っていた場合、いくつ家族カードを増やしても、カードの枚数だけ限度額があることはありません。

メインカードと家族カード2枚の合計3枚でも、全体で使える限度額は100万円のままです。

そのため、家族カードを作る場合はカード保持者それぞれの利用枠について気を付けながら利用する必要があります。
せっかく親の許可を得て作ってもらっているのに、利用限度額のほとんどを使ってしまうようなことがあれば、親や他の家族の利用分がなくなりトラブルになりかねません。

家族カードを発行する場合は上記の点を踏まえて、クレジットカードを持っている家族に相談しましょう。

20歳以上の大学生であれば即日発行も可能

数あるクレジットカードには、申請を行った翌日か翌々日にカードを発行してもらえる、即日発行対応のものがあります。

即日発行対応の学生用カードももちろんあり、20歳以上であれば対応可能。
何故20歳以上なら即日発行できるのかというと、20歳を超えていない学生の場合はカードの発行の親の同意が必要だから。

申請してから審査通過、カード発行までの間に一度親への確認作業が行われるのです。
そのため、発行手順の関係で即日発行ができないことになります。

審査は意外と簡単に通る?

大学生の場合、そのほとんどが初めてクレジットカードを作る人だと思います。
カードの利用状況の記録情報であるクレジットヒストリー(信用情報)がまっさらであるため、学生用カードに申し込めば難なく審査に通ることが考えられます。

学生のうちから遅延なしでの支払いを繰り返すなどして、良好なクレジットヒストリ―を作っておくと、社会人になってからのカード審査で優遇されることも。

社会人になってから審査に困るよりも、より高確率に作れるうちに作っておいた方が賢い選択と言えるでしょう。

クレジットカードの申請には何が必要?

大学生の場合、学生用クレジットカードと一般のクレジットカード(社会人用)の2つを選ぶ権利があります。

それぞれのカードの申請時に必要なものは以下になります。

学生用クレジットカードの場合

必要書類
・学生証のコピー
・本人確認書類(パスポート・健康保険証・住民票写しなど)
・引き落とし口座
・引き落とし口座の銀行印
必要情報
・在学中の学校名
・学年
・卒業予定の年月日
・年収(アルバイトなど、あれば)
・カード、請求書受け取り住所
・親または親権者、実家の住所
・実家や親権者の電話番号
・親権者の同意(未成年の場合)

一般クレジットカードの場合

必要書類
・身分証明書
・引き落とし口座
・引き落とし口座の銀行印
必要情報
・電話番号
・カード、請求書受け取り住所
・親権者の同意(未成年の場合)
・収入証明書類(キャッシング枠を希望する場合)

特に銀行印など、その場にないと申し込みが成立しないものについては忘れないようにしておきましょう。

学生向けのクレジットカードはほとんどが年会費無料!

大学生が使える学生向けカードは、年会費無料であることが多いです。

アルバイトなどでしか収入を得られない大学生にとって、年会費のかからないクレジットカードはコスト削減にもなり魅力的ですよね。

さらに、年会費が無料だからといって使える機能が少ないわけではなく、年会費が発生する社会人用のクレジットカードとほぼ変わらないスペックで利用できてしまいます。

以下は、クレジットカード会社数社の一般カードと学生カードの年会費とスペックの違いをを比較したものです。

ライフカード(学生用)とライフカード

カード名 ライフカード(学生用) ライフカード
券面
ポイント還元 あり あり
年会費 永年無料 永年無料
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
国内旅行傷害保険
問い合わせ窓口 学生専用窓口あり 通常窓口

JCBカードWとJCB一般カード

カード名 JCBカードW JCB一般カード
券面
ポイント還元 あり あり
年会費 39歳までの申し込みで永年無料 1,250円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 最高3,000万円
国内旅行傷害保険 最高3,000万円
ショッピングガード 最高100万円(海外) 最高100万円(海外)
追加カード ETCカード/家族カード/QUICPay ETCカード/家族カード/QUICPay

大学生におすすめのカードを紹介しています!

ここまで読んでみて、大学生のうちにクレジットカードを発行しておけばお得だということがおわかりになっていただけたかと思います。

当サイトでは、大学生が持つのにおすすめの学生向けカードをランキング形式でご紹介しています!
興味がある方は、是非以下のページをご覧ください。

学生向けカードランキング