前科や犯罪歴はクレジットカードの審査にどのような影響があるの?

前科があってもクレジットカードは作れる!

クレジットカードを作るときは、必ず審査を受けなければいけません。
この審査では、申請者(あなた)の個人情報をチェックするのですが、もしも申請者に犯罪歴や前科がある場合、クレジットカードの審査は影響するのでしょうか?

もしも犯罪歴や前科がある方は、クレジットカードの審査に落ちてしまうのではないかと不安ですよね。

ですが、ご安心を。
実は、クレジットカードの審査で犯罪歴や前科の有無は、基本的に審査には影響しません!

そこで今回は、なぜ犯罪歴や前科の有無がクレジットカードの審査とは関係がないかを解説します。
また、最後にはおすすめのクレジットカードも紹介するので、ぜひご覧ください!

犯罪歴はなぜ審査に影響しないの?

クレジットカードを作るときは、申請者の個人情報を見る審査が必ず行われます。
その審査の可否で「前科」が不利な判断材料となることは、決してありません。

というのも、前科があるかどうかまでは、クレジットカードの審査では見られないからです。

クレジットカードの審査では、発行会社はCIC(CREDIT INFORMATION CENTER)というところに申請者の連絡をして、必ず申請者の信用情報を確認します。
このとき、CICが発行会社に開示する申請者の個人情報は以下の通りになります。

個人情報氏名・住所・生年月日・電話番号など
契約情報クレジットカードの契約日・契約の種類・支払回数など
支払情報入金履歴・延滞や破産などの有無・延滞解消日など

参照サイト:指定信用情報機関のCIC

遅延や破産などの「金融に関する事故」については共有されますが、前科については共有されません。
このことから、前科についてはクレジットカードの審査に影響がないことが分かるのです。

返済滞納をした場合は審査に落ちるかも!?

前項で、前科の有無がクレジットカードの審査に影響はしないと解説しました。
しかし、前科が原因でクレジットカードの支払いを滞納してしまった場合には、審査に影響する可能性があります。

どういうことかというと、犯罪を起こして逮捕されたことで、そのとき使っていたクレジットカードの返済ができなかったとします。
すると、クレジットカードの返済が未納となり、あなたの信用情報に傷が付いた状態になります。

この傷が原因で、クレジットカードの審査に通らないことがあるので、前科のある方はその当時どうなっていたかを確認しましょう。

クレヒスがない場合も審査に落ちるかも!?

前科のある方がクレジットカードの審査に通らない理由としてはもう1つ、クレヒス(クレジットカードヒストリー)を作れていないために審査に通らないことがあります。

クレヒスとは、クレジットカードを始めとしたお金のやり取りに関する取引履歴のこと。
発行会社は基本的に優良な利用者を求めているため、このクレヒスが良い申請者に対して、クレジットカードを発行するようにしています。

そんなクレヒスを、前科の有る方は作れていないこともありえますよね。
もしもクレヒスを作れていないと、発行会社としては「信用できるか不安」という思いが勝手しまい、その方の審査を落とすようにしています。

こういった背景があるため、前科がクレジットカードの審査に関係ないとはいえ、落ちることがあるのです。

犯罪歴や前科がある方におすすめのクレジットカードはこちら!

前科のある方におすすめのクレジットカードは、Orico Card THE POINTです。
クレジットカードの審査では前科が判断基準に影響しませんが、クレヒスの関係もあるので、できれば発行されやすいものを選ぶのがおすすめです。

その点でいえば、こちらは審査に通りやすいとの口コミを多々見かけるクレジットカードなので、前科のある方も安心して申し込めることでしょう。

そんなOrico Card THE POINTは、性能の良いクレジットカードでもあります。

ポイント還元率が1.0%もあるので、利用すればするほどお得。
そのうえ、年会費が無料なので、ノーリスクハイリターンが期待できるクレジットカードだと言えます。

今なら、入会特典として半年間は還元率が2倍という嬉しいサービスが受けられるので、前科のある方はぜひこちらのクレジットカードを検討してみてください!

このクレカの詳細はこちら!

審査
クレジットカード比較おすすめ.net|日本一やさしいクレカ情報サイト