法人カードのクレヒスは誰のもの?傷が付いていても申し込めるの?

法人カードとクレヒスの関係について

法人カードとクレヒスの関係

カードの利用履歴を表すクレジットカードヒストリー、通称「クレヒス」。
法人カードの場合、このクレヒスは一体誰のものなのか、いまいちわからない方も多いのではないでしょうか?

クレジットカードは個人として入会するため、誰のものであるかは明白です。
しかし、法人カードの場合は、法人(会社)として導入することになるのでわかりにくくなってしまいます。

そこで当ページでは、法人カードとクレヒスの関係について徹底解説。
また、クレヒスに傷が付いている方がどうやって法人カードに申し込めばいいのかも紹介しています。
審査に関して不安がある方は、是非見てみてください!

クレジットカードヒストリーとは?

クレジットカードヒストリーとは

冒頭でもお話しした通り、クレジットカードヒストリーは一般的に略称で「クレヒス」と呼ばれ、クレジットカードや法人カードの使用履歴のことを指します。

カードの審査において、クレヒスはクレジットカード使用の履歴書のようなもの。
クレヒスは信用情報機関に保存されており、その内容は三井住友やJCBなどの法人カード発行会社に共有されています。
その信用情報機関は以下の通りです。

  • CIC
  • JICC
  • 全国銀行個人信用情報センター

これらの信用情報機関の中で最も有名なのが「CIC(Credit Information Center)」。
唯一、国から指定信用情報機関として指定されており、法人カード発行会社は必ずCICに登録しています。

そして、クレヒスとして保存されている情報は以下になります。

  • 本人識別情報(氏名や生年月日など)
  • 契約内容情報(契約日や登録会社名など)
  • 支払い状況情報(請求額や延滞の有無など)
  • 割賦販売法の対象となる商品の支払い状況情報
  • 貸金業法の対象となる商品の支払い状況情報
  • 申込情報
  • 利用記録

例えば、クレジットカードや法人カードの支払いにおいて、何も問題がなければプラスの評価がされ、遅延が生じた場合にはマイナスの評価をされてしまいます。
信用情報機関にマイナス評価が登録されてしまうと、法人カードの申し込みに不利になってしまうので注意をしましょう。

そこで、法人カードを申し込む前に、クレヒスを確認しておくのも1つの手。
CICのWEBサイトから、インターネット上でクレヒスの開示を求めることが出来ます
CIC | 情報開示とは(自分の信用情報を確認)

クレヒスをインターネットで開示する際は、電話を使って認証を行うためセキュリティ面も万全です。

ただ、無料でクレヒス情報を開示できるわけではないので注意が必要。
パソコン、スマートフォン、郵送は1,000円、窓口は500円の手数料が開示の際にかかります。

そうしてクレヒスを開示した結果、もしかすると審査に通過できるのか不安になってしまう方もいるかもしれません。
もしそんな不安を抱いてしまったなら、審査が甘いと言われている法人カードを検討してみてはいかがでしょうか?

名義人ではなく連帯保証人に責任がある

名義人ではなく連帯保証人に責任がある

法人カードを導入する際は、「法人」そのものを保証人に、「法人代表者」を連帯保証人とすることが一般的です。
上記の場合、法人カードのクレヒスは連帯保証人(法人代表者)のものになると考えられます。

一方で、個人事業主の場合は、事業主本人(契約者)を保証人、第三者を連帯保証人とすることになります。
そのため、保証人による支払いが滞った際の債務は連帯保証人に降りかかることになるので、結果的に連帯保証人のクレヒスに傷がつくことに。
法人カードの種類によって連帯保証人の有無の違いはありますが、例えば従業員など経営代表者以外の第三者を連帯保証人とする場合は十分に注意しましょう。

また、従業員が追加カードを過度に利用してしまった場合においても保証人と連帯保証人に責任があるとみなされます。
なので、追加カードを従業員に持たせたい方は、利用者の見極めもしっかり行うようにしましょう。

クレヒスが傷付いていても法人カードは申し込めるの?

クレヒスが傷付いていても法人カードは申し込めるの?

法人カードの申し込みに際し、クレヒスに傷が付いている場合、審査はどうなるのでしょうか?

この場合、法人カードの審査に通るのは極めて困難と考えてもいいでしょう
やはり、法人カードの発行会社としても、信用情報であるクレヒスに傷が付いているとなると、審査に通すのを躊躇ってしまいます。

しかし、必ずしも法人カードを所持できない訳ではありません。
当サイトが口コミを調査したところ、クレヒスに問題を抱えながらも法人カードを発行出来たとの声が!
どうやら、審査が甘いと言われる法人カードにダメもとで申し込んでみたところ、審査を通過できたとのことです。

このように、口コミを見ることで審査が甘い可能性のある法人カードを見つけ出すことが可能!
クレヒスに傷が付いている方でも、こういった口コミがある法人カードであれば所持できるかもしれません。

※あくまでも当情報は口コミであり、審査通過について保証するものではありません。審査に通った方は、WEBや固定電話、売上や資本金などその他の要因において評価を受け審査に通った可能性があるとも考えられます。

おすすめは「三井住友カード for Owners クラシック」

三井住友For Owners クラシックの画像

クレヒスに自信がない方は、審査通過率の高い「三井住友カード for Owners クラシック」がおすすめ!

こちらは、クレヒスに傷がある方も審査に通る可能性の高い法人カード。
というのも、この法人カードの公式サイトには「スタートアップ企業」も申請できると記載しているからです。

通常、法人カードの審査では会社や事業の実績を重点的に確認すると言われています。
しかし、この法人カードはスタートアップの方でも申し込み可能であるため、会社や事業の実績をあまり重要視していない可能性が高いです。
よって「三井住友カード for Owners クラシック」は審査が甘い法人カードとして知られています。

また、申請時の必要書類が本人確認書類のみだったり初年会費が無料だったりするため、非常に申し込みやすくなっています。

その他にも、法人カードとしては珍しいキャッシング機能も付帯。
審査に通りやすいという特徴があるだけでなく、性能面もばっちりです。
なので、クレヒスに自信がなく審査に不安がある方は、この法人カードを検討してみてはいかがですか?

「三井住友 for Owners クラシック」の詳細

審査の通りやすさで比較したランキングはこちら

審査の通りやすさで比較したランキング

今回は、法人カードとクレヒスの関係について紹介しました。
また、口コミの確認により、クレヒスに不安がある方でも所持できるかもしれない法人カードを見つけられるとお話ししました。

ただ、各法人カードの口コミを1つ1つ見ていくのは時間も掛かりますし、何より面倒ですよね。
そこで見てほしいのが、当サイトが作成した審査比較ランキングです。

審査比較ランキングでは、審査が甘いと言われている法人カードをランキング形式で掲載。
何枚もの法人カードを比較し、その中から審査が甘いと言われるものばかりを厳選して紹介しています。
なので、口コミを見る時間を削減できるだけでなく、きっとクレヒスに自信がない方でも申し込める法人カードに出会えることでしょう!

審査比較ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました