「クレジットカードが割れた!」そんなときの対処と再発行方法を紹介

クレジットカードが割れた!どうすれば良いの…?

「クレジットカードを割ってしまった!」
「クレジットカードにヒビが入っている…」

クレジットカードが割れたり壊れたりしていたのを発見したときって焦りますよね。
継続して使えるとは到底思えませんし、再発行手続きはどうすすれば良いのかなど、気になる方も居るかと思います。

そこで、この記事では下記のことをご紹介します。

  • クレジットカードが割れたときの対処法
  • 割れた際にやってはいけないことや注意点
  • クレジットカードが割れた際に使える裏技

クレジットカードが割れて心配な方のお役に立てれば幸いです。

買い物で使うのは厳禁!

クレジットカードが割れた場合、そのクレジットカードを買い物に使用するのは止めましょう。
なぜなら、使用した機械が壊れる恐れがあるからです。

コンビニやスーパーなどのレジ決済をする場面では、クレジットカードを機械に通して決済をしますよね。
そのとき、割れたクレジットカードだと機械は認識しずらく、決済を終えるのは困難です。

また、最悪の場合は機械の故障に繋がる恐れもあるため、割れたクレジットカードの使用は極力控えましょう。

実は割れても使える!?ネット決済ならOK

割れたクレジットカードは基本的に使えません。
しかし、ネットショッピングなど「クレジットカード情報を利用して買い物をする」場合であれば、割れたものでも問題なく使えます。

機械に通して決済を行うわけではないので、クレジットカードが割れていても何の不都合もないという訳ですね!

ネットショッピングでしか使わないというのであれば、この手段も有りでしょう。
というのも、クレジットカードを再発行するのは、手間も手数料も掛かるからです。

クレジットカードには有効期限があり、それを過ぎると発行会社が新しいものを勝手に無料で送ってくれます。
そのため、有効期限が切れるまで割れたクレジットカードを使い続けるのも有りなのです。

ただし、繰り返しになりますが店頭では使えませんので注意してくださいね!

再発行手続き!掛かる期間や手数料のまとめ

「割れたままで困る」という方は、クレジットカードを再発行しましょう。

再発行の手続きは意外と簡単で、クレジットカードの券面裏に記載された電話番号(サポートデスクやカスタマーセンター)に掛けるだけでOK!
本人確認のための質問や再発行理由等が訊かれるので、それを答えれ電話での手続きは終了です。

新たなクレジットカードが届くのは、だいたい1週間〜10日程度。
銀行系のクレジットカードだと1ヶ月近くかかることもあるので、連絡時にクレジットカード会社に確認してみると良いでしょう。

また、クレジットカードが割れた場合の再発行だと手数料が掛かることも。
掛かる手数料は「500円〜1,000円程度」ですが、クレジットカードによって異なるので、こちらも確認することをおすすめします。

ちなみに、再発行に手数料が掛かるのは、主に「あなたの過失」により再発行が必要なケース。
手数料を抑えたい場合は、ダメもとで「普通に使っていたら割れた…」と伝えてみては?

クレジットカードが割れたときの注意点

クレジットカードが割れた後、再発行以外にも下記のような注意点があります。

  • 割れたクレジットカードをそのまま捨てない
  • 登録していたカード情報の変更手続きを行う

そのまま捨てるのはダメ

まず、割れたクレジットカードは捨ててしまってOKです。
クレジットカード会社が回収を行うことはありませんので、ゴミとして捨てて大丈夫。

クレジットカードを捨てるときですが、普通に捨てたのでは個人情報が駄々洩れです。
そのため、割れたクレジットカードをハサミでさらに細かく刻み、数回に分けて捨てると良いでしょう。

登録情報を変更しないとダメ

割れたのが原因でクレジットカードを再発行する場合、新しいものは割れたものとカード番号が異なります。
そのため、割れたクレジットカードのカード番号で登録していたアカウント等は、全て変更しなくてはいけません。

ここで注意しないといけないのが、再発行には1週間ほどの時間が掛かること。
この期間中に月極の支払い等がある場合、当然ですがクレジットカードでの支払いは行えません。

そのため、以下のような割れたクレジットカードの代替案となる何かをしっかり用意しておきましょう。

  • 引き落としに切り替える
  • 違うクレジットカードで支払う
  • 再発行のタイミングを検討する

また、新しいクレジットカードが届いた後の変更手続きも忘れずに!

クレジットカードは2枚持っておくと安心!

クレジットカードが割れたとき、1枚しか持っていないのでは何もできずに困ってしまいます。
そのため、割れたときのことも考えると複数枚持っておくことをおすすめします!

実際、日本クレジット協会の調査では、1人あたりの保有枚数は2.6枚と発表しており、みなさん割れたときの対処をしっかりと行っています。

参照サイト:クレジットカード発行枚数調査結果の公表について|一般社団法人日本クレジットカード協会

もし1枚しか持っていないのであれば、こちらでおすすめのクレジットカードを紹介しているので、これを機会にもう1枚持ってみては?

おすすめクレジットカードを見る